日記/2015-07-20 の変更点

お名前:


**雑記:Wings of Glory 状況メモ。 [#p23821c7]
ちといろいろあって、イマイチフォローできてなかった表記件。

やっと少し購入したので、状況をちょっとメモしておきます。

|~AMAZON|&amazon(B00875JF9C,Wings Of Glory: WW2 B-25B Mitchell);|
|~AMAZON|&amazon(B00U1ZURGG,Wings Of Glory: WW2 Heinkel He.111);|
|~AMAZON|&amazon(B00TT816OS,Wings Of Glory: WW2 B-17G);|

#region(→続きを読む。)
***そもそも Wings of Glory って何? [#a1df0c68]

以前から友瀬がしばしば紹介している「Wings of War/Dawn of War」シリーズの現在の状況です。

WoW は以前はNEXUS社から出ていたのですが、NEXUSは倒産したらしく。~
ARES Games が引き取って、Wings of Glory という名前で再展開している、という状態です。

http://www.aresgames.eu/games/ww2-wings-of-glory-line

ゲームシステム的には、後述の些末な差以外は元のWoWと同じ。~
カード類も、デザインは多少変わっているものの、カードサイズも同じで互換あり。

これは個人的な直感ですが、NEXUS時代に比べるとミニチュア方向への傾きが大きいようです:
基本的に販売されているモノは常にミニチュアとセットになっています。

その結果、ちとお財布に優しくない状況になってまして(^^;;~
例えば、友瀬は今回1機の大型機を買ったのですが、それで約5000円。~
1機の機体+そのための機動デッキ1つ+ミニチュア系が、入手物。

以前は『カードだけ、10機くらいのデータ+機動デッキ2つで2000円』のオプションもあったことを考えると。
正直友瀬はミニチュア使わない派なので、かなり痛い。~

***DoW 時代と変わったこと。 [#n66292ef]

ざっくりとルールを読んでみたところ、以下のようなところが変わった、というか追加されています。~

-大型機サポート。
--友瀬的には一番大きなところ。~
B17 や He111、Bf110 といった多発機が多数リリースされており、それに関連するルールも整備されました。
--基本的には、『第一次大戦版WoWでの大型機』のルールを WW2版にも適用した、という感じ。~
以前に書いた記事があるので、そちらも参照のこと → [[日記/2010-07-21#d1f2e9ac]]
--基本的には何も変わらないんですが、自動操縦ルールで高速/低速のルールがあるところが違いかな。
-「新人」パイロットルール。
--従来はエースパイロットルールはあったのですが。その裏側ですね。~
ハンディキャップマッチ用と考えるのがよいのでは。
-急降下でのダメージ追加ルール
--急降下中は速度理由で被弾しづらい、ということを表現するルール。~
ダメージマーカーを1回だけ引き直せる。
--友瀬たちの環境では、高度は使っていないので、あまり影響なしか。
-特殊武装:斜め機銃・SCHRAGE MUSIK
--日本機だと月光とか屠龍とかで採用されていた、『斜め上空』を狙うように装備された機銃。~
--このあたりの機体を持っていないので、今のところ使えないルールです(笑)

さらさらっとルール読んだ感じでは、こんなところか。

今度友人宅に行ったときに持ち込んで、『自動操縦爆撃機1+直営機』vs『迎撃隊』みたいなシナリオプレイを提案しようかしらん。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
お名前: