日記/2010-05-18 の変更点

お名前:


**LW私的FAQ:エイリン本でのユーミル。 [#uccb4a54]

先日の記事でも書いたとおり、エイリン本は "Amara" を元ネタとしています。~
ですが、そのコンバートはかなり特異なので、Amaraとはちょっと変わった特性を持っています。

ある意味で『エイリン本見た目通り』ではあるのですが、直感的に起きていることとは合致しないこともあります。~
そういう独特な影響がある部分をFAQとして起こします。

#region(→続きを読む。)

Q. エイリンで『ユーミル火炎壷』を実施したところ、相手の攻撃をうけてエイリンへのダメージページを開かれました。~
火炎壷には3回の回数制限がありますが、この場合1回使用したカウントになるのでしょうか?

A. 直感的には、エイリンが被弾したとしてもユーミルが火炎壷を投げられなくなる理由はないのですが、ゲームの便宜上、火炎壷行動には、LWシステムでの『投擲』に関する共通処理を適用します。すなわち:~
-エイリン本が9ページ==『火炎壷成功』ページならば、そのページのコメントに従います。~
この場合、相手の得点ページを開けたか否か・実際に相手にダメージを与えられたか否かに関わらず、火炎壷は『投げられた』とみなします。
-エイリン本が被得点ページで、かつエイリンプレイヤーが相手の得点ページを開くことが出来なかった場合、
『火炎壷を投げる前に、被弾した』とみなします。~
火炎壷の使用回数は減少しませんし、ユーミルの『準備』状態は維持されたままです。
-エイリン本が被得点ページで、かつエイリンプレイヤーが相手の得点ページを開いている場合、
相打ちです:『火炎壷は投げられて相手に命中した』とみなします。~
この場合コメントはありませんが、『火炎壷ページ』と同様に、ユーミルの準備状態は解除されます。


----
Q. エイリンで『ユーミル行動』を実施したところ、相手から『武器落とし』相当の結果をコメントされました。~
この場合、何がおきるのでしょうか?

A. エイリン自身が武器である斧を落としてしまいます。27ページのコメント通りです。~
ユーミルは、相手の武器落し攻撃の影響を受けることはありません:ユーミルが武器を落とされることはありませんし、そういった行動を受けても『準備済み』の状態も維持されています。~
例外:『火炎壷』を実施してかつ『相打ち』状態であれば、前述のQ&Aの内容通り、ユーミルの火炎壷回数消費&ユーミル準備解除が発生します。



----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
----
**LW私的FAQ:魔法カードによるダメージとクリティカル。 [#r1a2a0a5]

ファンタジーカード魔法を使用しないHJ版では、あまり重要ではないのですが・・・
一応、そういう話。

#region(→続きを読む。)

Q. 旧邦訳魔術師 vs QBリスティの戦闘をしていました。~
魔術師が近距離メジャー魔法(36)を使用したところ、魔術師本は魔法成功ページ&QBリスティは53ページとなり、魔法が成功しました。~
そこで魔術師は、メジャー強度で使用できる『10ダメージ Fireball』を使用しました。~
リスティの53ページは『スコア2、クリティカル6』です:
Fireball はクリティカルの基準値を越えるダメージをたたき出しています。~
この場合、クリティカルは発生するのでしょうか?

A. いいえ、発生しません。~
魔術師の魔法行動の結果開かれる得点ページは、
『得点の有無によって、魔法が成功したか否かを判定する』ために用いられるものであり、
その得点の量は無視されます。~
そしてそれゆえ、そのページに記述されているクリティカル値も無視されます。

ファンタジーカードを用いない、本に『組み込まれた』魔法については、それぞれの処理方法を参照してください。~
一般に、修正値が S でない行動は、他に特別な記述がないかぎり普通の攻撃と同じようにクリティカルを引き起こします。~
例えば『QBニクスの各種魔法』が該当します:これは『相手の装甲によってボーナスがある』などの特性を持つ『炎を放つ魔法』ですが、ゲーム処理としては一般的な武器攻撃と同じように『ページのスコア+行動修正値』を基準にしてダメージを判定するものであり、ゆえにクリティカルを引き起こします。



----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
----
**雑記:なんでもWebにすればいいわけでもない。 [#x616080f]

ちょっと遅い話だけど。

''トイレに紙がなくTwitterで助けを求めたら届いた→フォロワーまで増加''~
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20100510_366052.html

『紙がない、助けて』とつぶやく~
→ReTweet の繰り返しで広まる~
→たまたま近くにいた Twitter利用者が読んで、救出

つまり、見ず知らずの人による、善意の救出美談。

美談ではあるけれど。~
友瀬的には、手放しに『すげー』と言っていてはいけない話だと思う。

#region(→続きを読む。)

散文的に。

-誤解して欲しくないので、まず、褒めるべきところは褒める。~
助けた側の、『善意での救出行為』自体は、素晴らしいことだと思う。~
例えば『出先で飛び込んだ、街外れにある小さな公園の公衆トイレ』で同じ事態に陥ったとき、これで助けれたなら、こんなにうれしいことは無いだろう。
-問題は、助けを求めた・助けられた側。~
こと今回の件に関して言えば、もっとスマートな対処方法があるのにわざわざ Twitter を使う愚か者、だと感じた。
--Twitterで助けを求めた『機転』を評価する声もあるみたいだけど。~
後述する『もっと自然で有効な機転』があるんだよ。
---焦ってた、ってのも判らんじゃないけどね。
--もっとも自然なのは、『近くの人に声をかける』という方法。~
秋葉原のヨドバシで、20分もの間『他の人が誰も来ない』状況があるとは思えない。~
人の気配がしたときに『すみません』と声をかける手は、なかったのかな?
--『自分が誰の家のトイレで困っているのか』くらい知ってるよね。~
『秋葉原 ヨドバシ 電話番号』で Googleれば、電話番号を得ることはできるはず。~
もし買い物をした直後なら、持っているレシートにだって電話番号はあるはず。~
雲をつかむようにつぶやくくらいなら、『その場所を管理している人』に直接連絡するのがスマートじゃない?
---最初に書いたような:~
『街外れで人が来ない』『頑丈に囲まれていて他の人が近くにいてもわからない』
『出先だから土地勘がなく、管理している人が誰かも予想できない』~
・・・そんな状態で、連絡の術が何も無くて仕方なくTwitter、っていうならわからんじゃないけど。~
今回のケースでは、Twitterは『次善以降の策』だよっていう話。
-で、要請者・救出者両方に言えることなんだけど。~
これって、いわゆる『チェーンメール』と同じ問題をはらんでいるよ。~
チェーンメールが問題視されるのは、なんでだっけ?

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
お名前: