日記/2009-06-18 の変更点

お名前:


**雑記:クイーンズブレイド、アニメ第12話。 [#la5c4689]

というわけで、約3か月続いた再現の日々も、これで一時お休み。~
最終回だけあって、一部の例外を除いた全キャラ大集合のお話。~
なんか3人くらい、いなかった気もするけど(^^;

ともあれ、登場人物も多く、戦闘ももりだくさん。~
今回の『再現』も、量だけはすごいことに。

個人戦闘メインのLWシステム的には、この時点でかなり暗雲がアレですが(笑)

#region(→続きを読む。)

話的には前回の続き。~
女王の街にたどりついた一行に、沼地組3人を筆頭にした不死の軍団が襲いかかるの図。


-まず前提:今回新規登場のモノ達の扱い。~
スケルトンは、『がいこつ男』で問題ないとして。~
ゴーストと、エリナの側近騎士たちの扱いに困りますね。~
仮にそれぞれ、Wraith と Sir Percival相当、か。
-第一戦:大群での突破線。~
街に入ろうとするレイナ他の一行と、それを阻止しようとする不死軍団の図。~
戦況はおおむね、沼地側圧勝。~
名もない側近騎士達は、Wraithにまとわりつかれて次々と白骨化。
--正直、映像表現的すぎてLWシステム的には無理。~
見た目的には『Wraithに巻きつかれて』精気を吸い尽くされて死亡というところだが、
Wraithにはそんな攻撃はない。~
そもそもWraithに割り当てたのが仮定であるにせよ、じゃあ他に『巻きつかれて死亡』となるキャラがいるかというと、いないですし。
--表現的にはアレだが、ゲーム的には仕方ないところ。~
LWシステムでは3vs1くらいの人数差がつくと、少ない側はかなり厳しくなる。~
嬲り殺されるのもむべなるかな。
--名のあるキャラたちは、スケルトンを次々と屠りつつ、じりじりと前進していく。~
『がいこつ男』は、体力が7しかない&装甲も1点レベルとやわらかめの、非常に打たれ弱いキャラ。~
1、2撃で倒されるのはまったく不思議ではない。~
とはいえ、QBチームが無傷で突破できるのは、かなり映像作品補正。~
スケルトンの攻撃力はレイナに比べればむしろ強い部分も多いし、前述の通り数が多いと少数側はかなり不利なので。
--参考までにQBチームが使っていた技を見ると。~
---エリナ、槍でのスイング。~
槍のスイングは威力が低めなので、一撃で倒すにはちょっと無理がある。
---リスティ。~
ダウンスイングで1体。これは何の問題も無し。~
盾防御で跳ね飛ばして、そのままサイドスイング:防御サイド(48)でもう1体。~
後者だとちょっと厳しいが、これが防御(26)+サイド(10)の2連撃なら十分いける。
---クローデット、雷撃で数体を一気になぎ払い。~
ゲーム的には、クローデットは一度に1体にしか攻撃できないので、ちょっと無理。~
威力だけなら、何の問題もないんだけどね。
---レイナ。スイングで一体。返すスイングでもう一体。~
盾ではじいてもう一スイング。~
・・・なんとなく、威力+2くらい欲しい感じのアクション(笑)
---トモエ、無双状態(笑)~
ぶんぶん振りまわし、一刀一殺でずんずんと。~
通常火力の高いトモエでは、文句なし。
--レイナ以外のメンバーは、なんとか不死者の群れを突破し、街の門をくぐる。~
結界があるのか、不死の軍団は追ってこない。~
そして、一人突破に失敗するレイナ(^^;;;
-第二戦:レイナ救出増援隊の巻。~
--レイナvsメローナ・メナス・アイリの沼地3人組の図。~
・・・なんつーか、アングルがアップ過ぎで、一度に2人以上画面に映らないのは、なんとかして欲しい(^^;;
---メローナとレイナ、剣でつばぜり合い状態。~
レイナがそれを押しのけると、メナスが割り込んで『包帯縛り』。~
包帯を食らって転倒するレイナ。~
・・・メローナの剣は12か42なんですが、実はメローナがそれを使って『Parry』することはありえない。~
なんとか妥協ラインを探すと・・・~
レイナフェイント下段(12)、メローナ剣上段(12)、メナス包帯縛り(22)か。
--倒れたレイナに向かってアイリがダウンスイング。~
しかしそれは、なにかによってはじかれる。~
レイナの首に巻きつく、ノワのペット猿・ルー。そしてノワも現れる。~
・・・とりあえず、ノワのペットが他の人を守るなんてことは、ない。~
またダウン状態のレイナにダウンスイングがヒットする場合、それは『頭』もしくは『胴』命中。~
設定上『チェインメイル並みの硬さ』のルーでは、2ダメージ程度しか軽減できない。~
アイリの攻撃を無傷で耐えることは、ちょっと無理そう。
--なし崩しにノワvsアイリの戦いに。~
アイリ上段スイング(10)vsノワかがむ(20)→本来ノワがバックを取る組み合わせだがそこは変化無しだった。~
アイリダウンスイング(24)vsノワバック(26)→本来アイリがバランスを崩すはずだが、変化無し。~
数撃、サイドスイング同士のParry。~
離れたところに、アイリの低級霊(54)、ノワは後退(62)か。~
スタンしたノワに、アイリ、接触(6)。~
・・・ざ〜っと流したけど、少々突っ込みどころは多い感じはする(^^;
--ノワを『吸って』いるアイリの上から、アレイン登場。~
アイリを押しのけてノワ救出。~
アイリを踏みつけたまま、再会会話を繰り広げる2人。~
・・・映ってない攻撃についてはとやかくいいませんが。~
アイリを『踏みつけたまま』ってのは、まずいですぜ、アレインさん(^^;;
--同時期、レイナ救出のために再び不死の群れに身を投じたエリナ&クローデット。~
レイナ戦の負傷を引きずり苦戦するクローデットたちに、カトレア&ユーミルが援軍に。~
・・・この2人は、パワー馬鹿があるので、スケルトンが一撃で吹き飛ぶのは何の不思議もない。
---とまあこんな感じで、今回の登場人物、同じシーンに集合成功。~
さあ、クライマックスシーンだ(笑)~
ナナエル、QB結界展開&仕切りメッセージ。
---メルファ、聖なるポーズで、不死の軍団を一掃。~
・・・なんというマップ兵器(^^;;;~
聖なるポーズ・破邪は、『最大体力を2点減らす』効果なので、最大体力が2の敵ならば確かに一撃で倒せる。~
しかしそもそも『対単体兵器』である以上、『軍団』を一撃で一掃することは、無理。
-第三戦:乱戦。~
LWシステム的にはかなり無理があるんですが〜。
--レイナvsメローナ。~
次々と姿を変えながら、攻撃を繰り出すメローナ。~
リスティになってダウンスイング(24)。~
エリナになって鉄の爪(24)。~
クローデットになってダウンスイング(24)。~
・・・なんでダウンスイングばっかりかな(笑)~
そして、なんでレイナの挙動を写さないかな(^^;;;~
--トモエ状態のメローナと何度か切り結ぶが、キックでレイナ、弾き飛ばされる。~
・・・映像上、上段受け流しばかりだったことから見て、レイナはまたも上段スイング(10)ばかりしていた可能性が高い。~
これはキックには弱い。
--ここで選手交代、レイナに入れ替わってトモエ。~
『妖魔退散!』の叫びに伴い、メローナ上空に陰陽図。~
衝撃がメローナを襲う。
・・・だから、そんな攻撃は、トモエにはない(^^;;
--そのままトモエ、かぶと割り。メローナに直撃、真っ二つ・・・になったと思いきや、
切断面が即戻り、そのままキックを放つメローナ。~
それを食らって倒れるトモエ。~
・・・ゲーム的には、『ダメージを受けたようには見えない真っ二つ』ってのは、かわした演出、なのかなぁ。~
トモエのダウンスイング(24)vsメローナ(8)。~
続くターン、メローナキック(34)vsトモエがなんか油断してしゃがみ(20)とか、か。
--とどめとばかり振り下ろしたダウンスイングを、横から割り込んだシズカが防御。~
さらに横から割り込むレイナのサイドスイングがメローナの胴を切る。~
崩れるメローナ。~
・・・なんかいつの間にか、1vs多になってるよ(^^;;~
とりあえず何度かいったように、『割り込んで他者の攻撃を受ける』ようなことは、LWシステム上はできない。~
1vs3でこれに近い状況となると、メローナダウンスイング(24)、レイナ強打サイド(28)、トモエ回避(8)、シズカ上段スイング(10)、ってとこかなぁ。~
これなら『得点のあるページはシズカのParryのみ』『メローナ胴ダメージ』だから、かなり近い。
--メローナが消えて、次の戦闘。~
トモエvsメナス。~
なんだけど・・・ふつ〜に、互いに上段攻撃ばかり&受け流しばかりなんだよな(^^;~
割愛(^^;;;
--場面変わって、アイリvsノワ&アルドラ連合。~
ノワダウンスイング(24)をなんとか受け流すアイリ。~
続くアルドラのスイング(10あたり?)も、なんとかさばく。~
・・・なんといういじめ(^^;~
がんばれアイリ(笑)
--メローナ復活。レイナの姿になって、レイナと一騎打ち。~
攻撃→受け流しor盾受けの演出。~
・・・特記事項なし。
--メローナ、溶解液噴出。~
命中し、吹き飛ばされるレイナ。~
・・・QBアニメでは、メローナの溶解液は硝酸並みのモノなんだろう。~
あんなに『爆発』するのは、どーみてもただの『溶解液』じゃないよな。~
溶解液(38)では、レイナはなにをしても、ダウンすることはない。
--メローナの挑発に、レイナ挑発返し。~
『お前のドラゴンテイルは偽物!』~
・・・あの〜。~
どーみても、メローナはここまでに『ドラゴンテイル(14)』に相当するような下段突きは一度も使ってないし、
ドラゴンテイルなんて技名も言ってない。~
そもそもドラゴンテイルっていう技名すら、メローナは初耳だと思うのですが(^^;~
--ともあれ、決戦。~
『ボクの技は完璧さ!』といいつつ『ダウンスイング(24)』をだすメローナに、ドラゴンテイルと名づけた『下段突き(14)』を放つレイナ。~
突きが足ヒット、溶け落ちるメローナ。~
・・・判定的にはほぼ文句のない図。~
・・・やっぱりメローナ、『ドラゴンテイル』なんて技、知らなかったとしか思えないけどね(笑)
-第4戦:邪悪なるものとの対戦。
--倒されたと思われたメローナ、復活。~
街の堀から『地の底に眠る邪悪なるもの』に接触&憑依。~
よみがえった『邪悪なるモノ』を操って、敵味方見境無く攻撃開始。
--こんな『邪悪なるモノ』なんていうキャラは、QB/LWにはいない。~
ただ、その体型は『上半身は人間女性・下半身は蛇』の、いわゆる『ラミア・メデューサ』の形。~
おそらくは、『現女王・アルドラ』のLW原本元ネタを利用したオマージュと判断した。~
武装も剣+盾で合致しているし、後述の能力的にも妥当。~
そこで以後、これは『Medusa相当』としてみる。~
ただ体格的に大きさが違うので、ColdDrake相当の身長6・体力60くらいで。
--邪悪なるモノ、剣ダウンスイングで、アイリ&メナス組へ攻撃。~
アイリは避けると同時に姿を消して逃亡。~
メナスもそのまま逃亡。~
・・・ルール通りなら、メナスの逃亡は難しい状態だが、まあ演出か。~
アイリはもともと、サイドステップ(8)成功ページでは常に『体力1点を払うか、逃げるか』という選択肢がある。~
ダウンスイングをサイドステップで避けたと見れば、何の問題もない。
--続けて、レイナご一行に矛先を変える邪悪なるもの。~
逃げ惑うキャラについては割愛して。~
トモエ、4枚のお札を投げつける。邪悪なるモノの胸元で爆発する札。~
・・・だから、そんな攻撃はないと、何度言えば(^^;;~
--爆発をものともせず、トモエに盾を向ける邪悪なるモノ。~
盾に浮かんだメローナの顔、その瞳が輝くと、トモエは金縛りに。~
・・・Medusa の盾には幻惑の術が込められていて、移動制限を与えることができる。~
爆札の様子を見守ったトモエ(20)にMedusaのBlind(26)と考えれば、それなりに妥当マッチした内容。
--麻痺しているトモエに振り下ろされるダウンスイング。~
しかし、クローデットの電撃が、その軌道をそらす。~
・・・これは、再現不能。
--ナナエルに運ばれたレイナ、上空から邪悪なるモノに切りかかり、片目を潰すことに成功する。~
そしてそこに、アルドラの『石化』。~
邪悪なるモノは石化して、崩れ落ちる。~
・・・ナナエルによる『レイナの運搬』は少々無理があるが。~
レイナのダウンスイング(24)は、十分Medusaの頭ヒットを狙える。~
そして、Medusaの頭直撃得点は6。~
アルドラの『石化前提条件』を満たすだけのダメージは、与えられている。





というわけで、改めて。~

次の第二期まで、この再現ネタもお休み、ということで。~
#『まだやるんかい?!』と問われたら、『もちろん。』と答えます(笑)

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)
-実際にやると、なかなかピタリとははまらないんですけどね、LW変換(^^;&br;2期は、とりあえずニクスの人に出番を(笑) -- [[ともせ%管理人。]] &new{2009-07-12 21:52:55 (日)};
-お疲れ様でした。脳内変換は自分もやってました(^^;実際に番号を考えながらアニメを見るのも楽しかったですよ〜。2期はきちんとトーナメントとかになるのかなぁ・・・。 -- [[eiji]] &new{2009-07-12 10:17:22 (日)};
-どもです。&br;つーか、需要あったのか(笑) -- [[ともせ%管理人。]] &new{2009-07-12 08:23:18 (日)};
-お疲れ様でした。第二期も、よろしくお願いしますw -- [[KNT]] &new{2009-07-12 01:05:17 (日)};
 
#endregion
お名前: