日記/2018-07-01 のバックアップ差分(No.4)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#author("2018-07-01T17:15:06+09:00","-","-")
#author("2018-07-01T17:16:06+09:00","-","-")
**雑記:抑えるべきは場外乱闘。 [#a0719fa4]

ワールドカップまわりで、ちょっと話題になっている件。~
友瀬はサッカーにはまったくと言っていいほど興味はないんですが。~
今回の件は『ルール開発者』としては見過ごせない部分があったので、記事にします。

ポイントとしては。~
『ゲームのルール・システムは、そのゲーム内でバランスをとっている』~
『ゲーム内外の事情を、そのゲームの外に持ち出す/取り入れることは、許されざる行為』~
・・・っていう感じですかね。




#region(→続きを読む。)
まず、何があったのかを端的に書く。
-試合開始時点での状況
--予選リーグでの日本の最終戦。
--日本は決勝進出のボーダーにいる状態だった。
---ただし、リーグ戦の通算成績的にはやや有利な状態で。~
他チームの状況によっては『この最終戦で負けても、決勝進出できる』状態だった。
-試合中、その『他チーム』の状況が、日本有利の状況になってきた。
--その時点で日本は 0対1で負けていたが。~
現状のままであれば、『日本がこれ以上点をとられなければ、負けても決勝進出できる』状態になった。
---もちろんその『他チーム』も試合中なので、状況がかわる恐れはあるが。~
--そこで日本の監督がとった作戦は~
『その試合での勝利は捨てて、消極的に守りに入る』ことだった。


この行為自体は、賛否両論になっています。~
それは当然です:これ、『戦術と戦略の差』と『エンターテイメントかセメントか』という視点・立場の差で、評価は変わるのですから。

-戦術と戦略。
--『1つの試合』という単位で見た場合、それに勝ちに行かないというのは、ほめられた話ではないです。~
ゲームに勝つことはゲームの基本的な目的ですから、それをないがしろにするのはよくない。
--でも、今回は『リーグ戦での勝利』という単位の観点があります。~
それを確保するために無理をしないというのは、十分に選択すべき案件です。~
別の言い方をすると『リーグ戦というゲーム』に勝つこともまた、ゲームの基本的目的なので、それをないがしろにするのは良くないのです。
-エンターテイメントかセメントか
--エンターテイメントとしてみた場合、これはダメ、でしょう。~
どう見たって、面白くない試合です。
--でも『勝ちにこだわる』ために、ルールの中でえげつない作戦をとることは、真剣勝負としてとって当たり前の手です。

こういうことって、他の競技やゲームなどでも、よくあることです。例えば・・・

-短距離走競技で、予選突破確実なとき、流して走る。
-野球、クライマックスリーグを見越して、消化試合でエース級ピッチャーをローテーションから外す。
-麻雀で通算成績で勝っているとき、積極的に上がらずべた降りする
-LWシステムで『16連打』する

とかね。~
そういう意味で、今回の監督が責められるのは、理不尽に思ってます。

また、エンターテイメントとして面白くない部分がのは確かですが。~
それを許さないルール・システムがある競技だってあります。

-柔道の『指導』とか。
-ボクシング等の『採点方式』:積極的に攻めないと負けるような。

そういう意味で、今回の行為は直接的にも間接的にも、禁止されていない行為ですよね。


----
で。実は友瀬は、最初上記したようなことしか考えてなかったのですが。~
ちょっと知人と話をしていて、サッカー界独特の話が背景にあるようで。~
それが、この記事のタイトル:『場外乱闘』なので、そりゃダメだよなあ、と思ったのです。

どういうことかというと・・・『トトカルチョ』などの賭け事と、それにかかわる八百長の話。

ゲームの勝敗を賭け対象にして『そちらで儲けるために試合でインチキする』、いわゆる八百長。~
『ゲームにわざと負ける』行為は、この八百長につながる。~
だから、たとえ『リーグ戦で勝つ』ことを目的としていても、わざと負けることは許されない。~
そういう視点の意見です。

なるほど、とは思いました。~
ゲームデザインをしている身からすれば、『負けてくれたらリアルでお金あげるよ』みたいなことをやられたら、ルールを考えるのがばかばかしくなります。
ゲームデザインをしている身からすれば、『負けてくれたらリアルでお金あげるよ』みたいなことをやられたら、ルールを考えるのがばかばかしくなります。~

でも、これはあきらかに『場外乱闘』です。~
今回日本の監督の行為は、確かに『ある観点においては』非難されても仕方ないでしょう。~
ですが、それは『ルール上許された、ゲームの中での正当な行為』です。~
八百長という『ルールの外での場外乱闘』について話題にも挙げられず。~
あまつさえ、そのルール外の場外乱闘を理由に、『ルール上許された行為が非難される』というのは、ちょっとひどい。
あまつさえ、そのルール外の場外乱闘を理由に、『ルール上許された行為が非難される』というのは、ちょっとひどい。~
許されないのは八百長であって、ゲーム内での正当な行為ではない。

まあ、サッカー賭博では、マフィアなど『命に係わるレベル』での厳しい世界がありますし。~
そういう意味で、そちらを掘るようなことは、難しいのもわかりますが、ね。












----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion

お名前: