日記/2017-02-06 のバックアップ差分(No.1)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#tboff

**Pukiwiki:トラックバックの検討 [#h768cf15]

友瀬の個人サーバで運営している、この Junkyard や[[ROサイト>http://tomose.dynalias.net/RO/]]は
[[pukiwiki>https://pukiwiki.osdn.jp/?FrontPage]]で実現しています。

で、この pukiwikでは、ブログ系サービスではわりと一般的な機能である『トラックバック』がサポートされていません。~
一時期はサポートされていたのですが、その実装がいわゆる盗作に当たる形だったようで、削除されているのです。

トラックバック自体も問題のある仕組みではあるのですが。~
機能を持っていないということもアレだと思うので、ちょっと実装検討してみようかと。


#region(→続きを読む。)
とりあえず、技術仕様がこちらにありました。

http://www.nurs.or.jp/~sug/mt-static/docs/mttrackback.html#autodiscovery_of_trackback_ping_urls

これを見ると、ざっくり以下のような仕組みが必要そうです。

***トラックバックを受け取る仕組み。 [#n9306321]
+Trackback Ping を受け取る仕組み。
--個々のwikiページに対応する「トラックバックURL」を作って、外部サイトはそのURLに対して情報を入れてくる。
--上記入力された内容を解析して、記録する仕組みがいる。
+「そのページへのトラックバックのリスト」を参照する仕組み。
--各ページの表示時に、そのページに対応する、上記で記録した「外部からの入力」のリストを拾い上げて表示する。
+各ページに「そのページに対応するトラックバックURL」を埋め込む仕組み。
--rdf形式で、ソースに埋め込むだけ。
+受け取ったトラックバックping を一時保留する仕組み。
--直反映してもいいのですが、いわゆる『トラックバックスパム』への対策。~
自動的に反映するのではなく、一度受信しても『管理者承認』して初めて反映する。


***トラックバックを依頼する仕組み [#y71f2dd0]
+リンク先のトラックバックURLを獲得する仕組み。
--上記:こちらのページに「トラックバックURLを埋め込む」のと同様に、こちらから上記「Trackback pingを送る」処理の前に、
+Trackback Ping URLを送る仕組み。
--リンク先のページのトラックバックURLに、Trackback ping を送信する。
--送信するデータは、当該ページにある各種情報。
--「いつ」送信するかの検討が必要。 


もやっと考えるとこれくらい?


pukiwiki の場合、プラグインを使えば機能拡張は容易。~
受信については専用のプラグインを作って、トラックバックURLを『専用プラグインをたたく』形式にすればたぶん大丈夫。

トラックバックURLを埋め込むには、スキンに手を入れる必要があるかな。

送信がネックになりそう:URLを書き込んだら無条件に、とかしてしまうと、スパムを飛ばしまくることになりそう。~
管理者限定操作とか、pukiwiki でできるのかなぁ。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion

お名前: