日記/2016-08-28 のバックアップ(No.1)

お名前:


雑記:共感性羞恥とか。

表記、ちょっとTwitterで話題になっていたので。
以前に、某アニメまわりで似たような話を友人としたのを思い出した。

【怒り新党】『共感性羞恥』というあの現象→分かる分からないで盛り上がる人々「ツイッター民に多い気がするのはなぜだ」
http://togetter.com/li/1016242

>「もうすぐ恥をかきそうな ドラマのシーンが見られない」についてトーク。 >専門家によるとこの心理現象は共感性羞恥といい、あたかも自分の失敗のように感じるもので例として学園ドラマの「授業中の居眠り」や「裸の大将」の主人公の失敗などが挙げられる。

上記内によると、約10%くらいの人が「理解できる」とのこと。
・・・これは、調査の仕方が悪いんじゃないかなぁ。設問の仕方という意味で。
共感の仕方の問題なので、「常にそう感じる」のはレアでも「ときどきはそう感じる」はわりとある話だと思う。

ただ、『羞恥』で『見ていられずスキップしちゃう』とかいうレベルとなると。
個人的には、ある意味で『精神的マッチョ論』的だけど、『デリケートすぎじゃなかなぁ』と思う。

[+]→続きを読む。
お名前: