日記/2015-09-25 のバックアップの現在との差分(No.1)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**雑記:友瀬の思う『うつ病』の話。 [#f2364a9c]

ちと思い立って。
ちと思い立って。~
デリケートな話なので、もしかすると削除するかも。

もちろん友瀬は決して専門家ではないです。~
ただ、さすがに日本の現代病といわれるだけあって、自身の友人・知人、親の友人・知人と、周囲にも何人かがいます。~
その付き合いの中で思ったことの、個人的な見解メモです。

おそらくは、あちこちで似たような話を見聞きすることもあるかと思いますが。~
端的に思うのは、以下のようなこと、かな。

-うつ病って、『精神の疲労骨折』だと思う。
-でも骨折の原因を取り除くのが、難しそう。

#region(→続きを読む。)

人間誰でも、ストレス源という名の『荷物』を担いで生きているわけです。~
どれだけの荷物を持てるかは、人によって異なるけれど。~
担ぐ重さx時間がある程度大きくなると、いつかは限界が来て『折れて』しまう。

これが『うつ病』の基本的な事象だと思います。

ある意味で当たり前の話ですし。~
また物理的に『重い荷物を担いでand/or長く運動をしていたら骨が折れる』のに似ていますよね。~
だから友瀬は『精神の疲労骨折』と表現しました。

で、以下、いろいろ思うことを。

-荷物を持ちすぎて負担がかかるのだから、まずは荷物を降ろさなければならない。~
だけどこれが、ものすごく難しい。~
--なぜならば、往々にして『その人間の人格に基づいて』発生している荷物だから。
--また、仕事に起因する『荷物』は、非常に断りづらい。~
自らの職・首をかけることになるから。
-気をつけなくてはならないこと、その1:自分自身の体重もまた荷物である、ということ。~
--重い体重を支えていては、足の骨が折れるという形で再発するだけです。~
物理的骨折であれば『ダイエット』『体質・生活改善』に当たることを、精神的にもやらないとならないのです。
--休んでいた故の『貯まってしまった仕事・遅れに対する義務感』なんてのが、休んだ間についた『無駄肉』であり。~
当然『ダイエット』対象にすべきです。
---『好きで体調崩した』わけじゃないのですから、仕方ないじゃないですか。~
謝罪と感謝は示して、それで手打ちにすべきです。お互いに。~
--うつ病になりやすい人の『責任感が強すぎる』なんてのは、『体質・生活改善』すべき点でしょう。~
---往々にして『再発させないために』と言って『自分の荷物を増やす』努力をするんですよ。責任感強いから。~
そうじゃなくて。やるべきは『他者に荷物を分散する』ことなんだと思うよ。
--『劣等感』『被害妄想』『すぎたことを悔やみすぎる』なんてのも、無駄肉でありまた改善対象。
-気をつけなくてはならないこと、その2:好きでやっても荷物は荷物。
--骨折後に筋力がおちたら、それを元に戻すために『体を動かしなさい』ということは指示されるはず。~
だけどそのために例えば『登山』を選ぶのはダメ、という話。~
確かに体は動かすでしょうが、おそらく医者の言う『体を動かす』の想定範疇には含まれていない。
--うつの場合でいえば。単純な人付き合いってのはそれだけで結構なストレス源だということを認識すべきです。~
『相手の話を聞いて、考えて、自分なりの考えを返す』という行為自体はもちろんですが。~
『それが相手の目にどう映るか』というのを考える『気遣い』もまた、大きなもの。
--これは、好きでやっているか否かに関係ない、ということにも注意すべきです。~
『楽しいから疲れない』なんてことはなくて、むしろ『楽しくて気づかないだけで、ものすごく疲れてる』ことだってある。~
ドーパミンは麻酔であり麻薬なのです。


まあ、難しいんですけどね。

うつ病になりやすい性格の1つである『責任感が強い』ってのは、美徳の1つです。~
美徳である以上、基本正しいし、故に周囲がそれをやめろとも言いづらい。~
やっている側も自分の人格を構成する『正しい』一部となっているので、変えづらい。

これがうつ病治療の難しさなのかな、と思います。

友瀬の上記理論的には、ことうつ病にとってはこれは悪徳です。前述の通り。~
『出された食事は残さず食べる』ってポリシーに近いかな。~
そのポリシー自体は正しい。正しいけど、毎回『腹12分目』の完食で太っていくのは適切ではないでしょう。~
何もいわなければ、毎回同じ量の食事が出てきます。~
『多すぎる』という主張をすることは、必要なのです。



----
ついでに言うと、さ。自縛的ではあるのですが。~
友瀬たちの趣味である『非電源系ゲーム』って、うつ病にはやさしくないモノかな、と思う。


-端的に言うと、遊んでいる最中は楽しくて『上がる』んだけど着実に『荷物』は増えて、反動がくるタイプの趣味だと思う。~
--例えばボードゲームは、戦術・戦略の観点でものすごく頭を使う。~
これは典型的な『荷物』なんだよ。
---繰り返すが、ゲーム中は楽しいから荷物==負担がたまっていくことに気づけないのが問題。~
ちょっと息を抜いたとたんに、どっしりと重い負担がくる。
-TRPGもボードゲーム同様に、戦術・戦略観点での負担は発生する。~
そしてそれに加えて異なる勝利条件ゆえの負担がある:『味方との役割分担・協調、そしてそれに基づく全体の勝利』。
--ボードゲームが往々にして『自分の勝利のために自分の考えを主体にして動く』のに対して。~
TRPGでは『全体のために個を殺す』部分がある。戦闘シーンでも、調査・会話シーンでも。
---言ってみれば『会話と妥協点探し』というストレスね。

もちろん人によって程度の差はあるとは思う。~
『わが道を行く』人にとっては、TRPGはより負担になることが多いだろうし。~
コミュニケーション好き・得意な人は、どちらかというとボードゲームのほうが苦手ではないだろうか。~
ただいずれにしても、ストレスなしでプレイできるかというとかなり違うと思う。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion


お名前: