日記/2010-06-19 のバックアップの現在との差分(No.1)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**LW:QGリリ、行動不具合。 [#a066f4df]

某匿名掲示板で話題になっている、表記件。~
規制で書き込みできなかったので、こっちでローカルに書いておきます。

話題:QGリリの、フェイントおよび背後攻撃が、なんかおかしい。


#region(→続きを読む。)

掲示板での書き込み内容を整理すると、以下の通り。
掲示板での書き込み内容を、友瀬的に整理・コメントします。

-フェイントについて:
--まず、LWシステムの常識:赤は『腕が高い位置にある状態から実施される攻撃』、青は逆。~
結果、一般に『赤は上段攻撃』『青は下段攻撃』になる。
結果、一般に『赤は上段攻撃』『青は下段攻撃』になる。~
そしてLWシステムでは慣例的に、『フェイント』とは上記の裏をかく行動:『赤なのに下段』『青なのに上段』となる行動のことを指している。
--QGリリでは現状、フェイント系の行動が、『42)上段、青』『12)下段、赤』になっている。~
つまり、42は青なので『行動名が上段ではあるけれど、青で下段攻撃』ということになる。~
同様に『行動名が下段の12は、赤で上段攻撃』となっている。~
行動名は確かに逆になってはいるんだけど、『赤で上段』『青で下段』という振る舞いは、『フェイント』じゃなくね?・・・というのが指摘。~
---これは確かに、少なくとも『従来のLWシステムでいうところのフェイント』とは異なっている。~
これは、テストのときに気づくべき問題だよな・・・~
ミスと認めざるを得ない。
---あえて強引に解釈しようとするならば、そこまで極端なフェイントではない、という考え方だろうか。~
---あえて強引に解釈しようとするならば、ゲームシステム的な論理的階層が違う、という考え方だろうか。~
12/42は、標準的なスイング10/2 に比べて判定が強い。~
プレイヤーレベルでのフェイントにはなっていなくても、キャラクター同士レベルでのフェイントにはなっている、という考え方。
これは『相手のキャラが』リリのフェイントにひっかかるから、という解釈。~
---別の言い方をすると:~
QBレイナなどの、LWシステム常識的なフェイントとは『赤不可だから上段は来ないだろう』というような『プレイヤー間の駆け引きのレベル』でのフェイント。~
QGリリのフェイント攻撃はこれとはちょっと違って、『プレイヤーレベルでは駆け引きなし』『キャラクターレベルで、不意をつく』フェイント・・・という考え方は、一応可能。~
強引だけどね。
-背後攻撃について:
--LWシステムの常識:行動番号22は、しゃがんだ相手に当たる下段寄り。~
逆に行動番号38は、上段寄りの振る舞い。~
ここで『寄り』と言ったのは、22が胴==上段に当たったり、38が脚==下段に当ったりすることがあるため。~
--QGリリにおいては、『22) 赤、解説・イラストは背面上段攻撃』『38) 青、解説・イラストは背面下段攻撃』になっている。~
そして22の絵は上段キック、38は下段キックになっている。~
つまり、行動番号さえ無視すれば絵と行動名、色は妥当なのだが、判定が逆になっている。~
色と判定が逆なので『フェイント』的行動といえばゲーム的には妥当なのだが、
それだとキャラシート裏面の行動解説とつじつまが合わなくなる。
---直感的に、行動の割付ミスのように思える:~
『22) 赤、解説・イラストが背面下段攻撃』『38) 青、解説・イラストが背面上段攻撃』ならば、それなりにつじつまが合う。~
これは、テスト時の資料では気づきようがないんだよね・・・~

データをいじるレベルのエラッタは出しづらいから、行動解説で対応するしかないように思います。


----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion


お名前: