日記/2009-11-12 のバックアップ差分(No.1)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**雑記:クイーンズブレイド2期、アニメ第8話 [#f4cddead]

8話開始時点での脱落者:
メローナ、メルファ、ニクス、ノワ、アレイン、カトレア、ユーミル、メナス、イルマ、エリナ。~
以上、作中脱落順。~
合計10名。~

エキドナもイルマを守るために自主退場したような気配もあるにはあるけど、QB上は負けてないので、残っているカウント。

そろそろ逆算もしようか。~
残っているのは:
レイナ、リスティ、トモエ、エキドナ、アイリ、ナナエル、クローデット、アルドラ。
(以上、QB本発売順)


残り4話、いい感じに詰まってきました。

#region(→続きを読む。)

そして今回は、ナナエル乱舞(笑)

-QB第9戦:アイリvsナナエル。~
戦場は再び『嘆きの間』、アルドラ御前試合。
--状況:前回も御前試合をやっているアイリ。~
アルドラが何かをたくらんでいることを知っている。
--さらに、アイリ固有の状況:最近『食事』をしていないため、『はらぺこ==初期体力が少ない』。
--戦闘開始したものの、アルドラを警戒して『戦っている場合ではない』と集中できないアイリ。~
そんな事情を知らないナナエルは、気にせず。~
念動剣を浮遊させると、つっこませる。~
突撃風に突っ込ませたあと、スイング、ダウンスイングと、つぎつぎ斬りかかる念動剣を回避するアイリ。
---『念動剣だけで攻撃』の描写は、純粋には再現不能。~
ナナエルに命中さえしていなければ、『念動剣だけしか動いてないんだぜ』みたいな主張は、通じないこともない。~
ナナエル遠距離突き(60)vsアイリ回避(52)。~
ナナエルスイング(10)vsアイリかがむ(20)。ここでナナエル背後取られるけど、妥協。~
ナナエルダウンスイング(24)vsアイリ回避(8)。~
・・・アイリ、回避しすぎだよ〜。体力減っちゃうよ〜〜。
--ナナエルの攻撃を無視できず、あきらめてアイリも戦闘モードに。~
浮遊状態でやや上空から襲いかかる。~
迎撃してきたナナエルの念動剣を弾き飛ばす。~
---アイリに『飛行』のようなことはないが、これも妥協して『ただの地上攻撃』として。~
ナナエルの迎撃が突きっぽかった&落とされていることから、アイリ武器落とし(30)vsナナエル上段突き(32)くらいだろうか。~
--そのままの勢いでスイングで斬りつけるアイリ。~
ジャンプしてかわしたナナエルだが、聖乳がこぼれてしまう。
---聖乳がこぼれている==命中しているということ。~
ジャンプしたナナエルに命中するサイドスイングは上段スイング(10)のみ。~
アイリ上段(10)vsナナエルジャンプ(18)⇒ナナエル足命中、5ダメージ。
--たたみかけようとするアイリ、再びダウンスイングでつっこむが、なぜか切っ先が鈍る。~
飛び上がってかわすナナエル。~
アイリ、『体力不足』起因だった様子。~
---ゲーム的には、飛び上がる(18)相手に対して命中しないダウンスイングは、ない。~
そういう意味では再現不能。~
『残り体力に不安のあるアイリプレイヤーが、積極的攻撃をためらった』と見るのが妥当か。
--たがいに仕切りなおそうとする二人。~
弾き飛ばされた剣を取り戻そうとしたナナエルだが、念動での浮遊が行えない。~
聖乳を失ったことで、力を発揮できないらしい。~
手で剣を拾って構えなおす。
---そもそも『念動剣』はゲーム本のイラスト演出でしかないので、できなくてもまあ問題はない。~
『聖乳がないと念動できない』『手で使ってるんだ』と主張すればすむ話。
--二人はそれぞれ、自分の状況から持久戦を無理と判断。短期決戦を選択。~
互いに正面突撃、衝突。~
ここから演出戦闘:キャラの姿は見せず、その移動軌跡だけを光の尾で表現、
2条の光帯が衝突・反発が繰りかえされる。~
激しい衝突で、闘技場の壁をぶち破って屋外、空中戦に。~
---演出バトルは、何が起きているのか見えないので、厳密には再現できない。~
両者突撃(50)⇔両者離脱(16)を繰り返せば、まあ似たような状況は起こせる。
--そしてホーリーダイブvs低級霊の正面衝突。~
『そんなの天使に効くわけないでしょ〜!』~
直撃されたアイリ、落下・元の建物の天井を突き破り、『嘆きの間』にたたきつけられる。~
---行動は、ナナエルホーリーダイブ(58)vsアイリ低級霊(54)と明確だけど。~
この衝突は『たがいに空振り、ナナエル離脱して遠距離仕切りなおし』となる。~
当然アイリがダメージをうけるようなことはない。~
また、ナナエルの遠距離の飛行行動は、いずれも低級霊に対して得点ページを開くことができない。~
つまり再現不能。~
--体力消耗し、服が消え始めるアイリ。~
しかしナナエルも消耗し、飛行することができなくなる。
---ゲーム上、ナナエルが聖乳喪失==ダメージの結果で飛行を選択できなくなる条件は、確かにある。~
17ページを2回orクリティカルで開かれた場合。~
が、アニメのこの展開では、そういう条件は満たされていないので、ありえない。~
--動揺するナナエルに、横なぎに斬りかかるアイリ。~
回避運動をとれないナナエル、勝負あった・・・かに見えたが、すでにアイリには武器を振りぬく力も残っていなかった。~
そのまま『消滅』するアイリ。
---ゲーム的には、先の『直撃くらって地面にたたきつけられた段階で戦闘不能だった』と見るのが無難だろう。~
そのあと『消滅』したということは、ホーリーダイブ命中で体力-5以下だったということ。~
前述の通り、ホーリーダイブ命中の可能性がないことを除けば、起こりうる事態。
-QB第10戦:ナナエルvsレイナ。~
戦場は、教会の庭。
--状況:レイナは、ユーミルによって鍛えなおされた剣での参戦。~
ナナエルは前回の戦いの状況を引きずっていて、聖乳が必要な『念動剣』『飛行』が封じられている。
---この時点で、LWの基本ルールではない(笑)~
一種のキャンペーンシナリオ的・勝ち抜き戦的に実施されたと見れば、不可能ではない。
--突撃で突っ込むレイナ。~
念動剣が使えないナナエル、手で剣をもって防御するも、
予想外によいレイナの動きにじりじり押されていく。~
そして、武器をはじきとばされる。
---ナナエルは防御しているので遠距離防御接近(56)といいたいところだが、
それだとレイナの突撃(50)では受けられない:翼命中を食らってしまう。~
受け止めるような条件は選べないので、ナナエル後退(62)で『バランス崩す』相当とみなすか。
---そのあと武器を落とすのも、難しい。~
バランスを崩したキャラの武器を落とすことは、ほとんど無理なため。
--たたみかけるレイナ、強打スイング。~
しゃがんだナナエルにかわされたものの、その剣閃はナナエルの背後に立っていた石像を切り倒す。
---行動自体はレイナ強打スイング(28)vsナナエルかがむ(20)で問題なし。
--なおも攻撃しようとするレイナにナナエル、半泣きで武器を拾わせてほしい旨主張。~
レイナ、あきつつ、天をあおいで譲る。~
---これは、十分可能。~
レイナ側が意識して『拾ってよい』手を打てば、いくらでもおきる。
--こそこそと拾ったナナエル、視線がそれているレイナに向かってとびかかってダウンスイング。~
レイナ、どらごんているで迎え撃つ。~
吹っ飛ぶナナエル。
---ナナエルの不意打ち的な動きは、実質的に意味がなかったので。~
ナナエルダウンスイング(24)vsレイナ下段突き(14)。~
命中場所は足になってしまうが、レイナの一方的命中。
--レイナ、ナナエルに降伏勧告。~
ナナエル、葛藤の末に降伏。
---これはまあ、その通りですね(笑)



-その他、QB対戦以外での気になるポイント。
--ナナエルの聖乳。~
どうやらアルドラに対する切り札になりそうな気配。
---戦闘中にこぼれた聖乳が、石化されていたメローナにかかる~
⇒後にメローナ復活という描写あり。~
『必殺』と思われていた石化に、リカバー方法が提示されたことになる。
---アルドラ、ナナエルを指して曰く:『あれにはうかつに手をだせない』
-試合中継の不思議。~
--『嘆きの間』==アルドラ御前試合は、いわゆるQB中継されない様子。~
前回のアイリvsカトレア戦に続いて、今回のアイリvsナナエル戦も中継なしだった。
--しかし、アイリvsナナエル戦が終わった夜には、アイリが消滅したという事実は外部にわかってた。~
アルドラが漏洩?
-レイナの剣、ユーミルが鍛えなおし。~
銘々:エヴィンデルの剣。ドワーフ語で『勝利の風』という意味らしい。

以上、今回の再現終わり。~

メローナは復活したものの、今更QBトーナメントには参加できないと思われ。~
QB参加メンバーで残っているのは以下のメンバー:~
レイナ、リスティ、トモエ、エキドナ、クローデット、アルドラ。~

次回、QB第10戦『クローデットvsリスティ』は確定。~
その次は『レイナvsトモエ』っぽい。~
更に、HJが『選択の余地はあるものの、1つの結末』として公式に出しているQBトーナメント決勝は
『レイナvsクローデット』。

・・・やっぱりエキドナは『リタイア』扱いなのかねぇ。



----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion


お名前: