日記/2009-09-24 のバックアップソース(No.1)

お名前:

**雑記:LW:『魔術師』らしさ、考察中。 [#f95addeb]

一週間くらい前に、現行の2ch LWスレで話題になったことに、こんなものがありました:

>(友瀬による要約)
> A氏:QBには魔術師らしいのはメルファしかいないから、もうちょっと欲しいよね。
> B氏:もう1人いるだろう。アニメ1期では出番らしい出番なかったけど。

上記に対して友瀬は、これも要約ですが、~
『二クスは火力オンリーで、buff/debuff/コントロール系の魔術はない。~
だから、重量級武器を振り回している戦士みたいなものだよね、と言われたら、否定できないように思う。』

・・・というようなコメントをしました。

これに関連して、メモ。~

魔術師っぽいキャラって、何が求められるのだろう?

現時点ではまだ自分も納得していない、ただの散文的な考察メモです。

#region(→続きを読む。)


-『魔法を使用できるのが、魔術師』という定義として。~
そもそも、何が『魔法』なのか?~
たぶん、いろんな視点で、考えることはできると思う。いろんな観点で考察する。
--前述で友瀬が挙げた『Buff/debuff/コントロールがない』というコメントの視点。~
これは多くのボードゲーム・RPGで表現されている事実からきているもの:~
魔術師は一般に打たれ弱く、戦士のように直接的な接敵・壁として戦線を維持するという任務には向いておらず。~
どちらかというと、後列から魔法によって戦闘参加することを任務にしている。~
そして同じ後列には、弓などの『物理的な直接ダメージ』手段を持つモノも存在しており。~
コマとしての観点で見れば、魔法にはそういう『物理的攻撃手段』にはできないものが求められる。~
つまり直接ダメージではない、間接的な攻撃・防御にあたる、強化・妨害==支援手段が割り当てられる。~
これ以外にも『範囲攻撃』というようなものもあるにはあるが、個人戦闘をテーマにしたLWシステムでは厳しいところ。
---こういうBuff/Debuff/コントロール、すなわち『非ダメージ』の効果を求めている、という点でいえば。~
束縛・衰弱・祝福というコントロール/Debuff/Buff術を持つメルファに比べれば。~
いちおーは『鎧によってダメージに差が出る』という特質はあるものの、原則的にダメージしか与えられない二クスは、
確かに魔法使いっぽくはないでしょう。~
二クスのイメージ的には範囲火力攻撃くらいはできそうな気もするけど、LWキャラとしては攻撃数1であり、それも行えない。
---でもそーすると。~
エキドナの『足払い』、アレインの『ボーラ』のような『複数ターン行動制限』は魔法なのか。~
もちろん、そんなわけはない:前列キャラがand/or物理的手段によって、Buff/Debuff/コントロールが行えることは、おかしくない。
--LWシステムの観点から言うと。~
魔法とはカードによって実現されているもの、というのが定義。~
魔法の内容は、Fireballのような火力もあれば、身長低下やWeekness、Strength、行動制限などの、さまざまな支援/妨害魔法もある。~
---また、LWシステム上には、魔法に対抗する能力として『魔法抵抗』というものが定義されている。~
そして少なくとも、この『魔法抵抗』能力にひっかかる能力を使えるキャラクターは、1人もいない。~
その意味でこの『LWシステム』の視点からは、QBには魔法使いは、まったくいないと言ってもよい。
---この視点において、前述の『魔術師に期待される行動』という分類は明確にはなされていない。~
確かにBuff/Debuffは実現されているが、別に火力があってもかまわない。~
--『後列的』という観点で言えば、そもそも『自分が前列で戦う』ことがわりと前提になっているQB/LWでは、魔術師の立場が弱いのは仕方ない。~
いわゆる『魔法戦士』的な、前列にもとりあえずは立てるという能力が、求められる。
--いわゆるフレーバーの観点で言えば。~
二クスの火力、メルファの束縛や呪いは、設定上は魔法そのもの。~
だから、これを魔術師というのも、決して間違ってはいない。
---魔法とは、『言葉によって、なんらかの影響力が発生するもの』と定義する?~
でもその定義から言うと、エリナの『ささやき』や、いんくの各種『教示』も、言葉だけの攻撃。~
確かにどちらも、魔法っぽいといえば魔法っぽい。
--魔法を、肉体もしくは装備による物理的な接触以外でのモノ、とする?~
---前述の定義に加えて。~
クローデットの雷撃のような『魔法武器による魔力放出』。~
メナスの各種『呪いによる継続ダメージ』や『シャウト』。~
これらも範囲に含まれてくる。

なんだか、いろいろ難しい。~
やっぱりフレーバーで扱うしか、ないのかな。

友瀬、たまたま最近『幻術師』を作ったけど。~
そこに仕込んだ『魔術師っぽい』点は、以下のような点かな。

-薄着の割に動きが鈍い、肉弾戦になれていないキャラ。
--動きが鈍く、防御運動で直撃を受けやすい。~
その上防具皆無で、各被得点ページのスコアがすごいことに。
---この観点で言えば、二クスやメルファはあまり当てはまらない。~
どちらもそれなりに機動性能は高いし、メルファに至っては装甲もそれなりにある。~
ただ、それは別に『魔法戦士っぽい』キャラならば不思議ではないし。
-武器は皆無、幻術による魔法的装備による攻撃が基本。
--ただし、これはフレーバーに近い。~
一応『幻覚による装備なので、一部の条件で消滅する』ような仕組みはあるけれど、
壊れやすい、腐った木の棒のような武器だと思えば、近いことはできる。~
行動制限のひどさも、素人剣術と言えばそう見えないこともない。
---まさに二クスの魔法と、類似している。~
彼女も多くの攻撃は魔法そのものだが、そのふるまいだけなら
『強力だが、重くて毎ターンは振り回せない巨大武器』と言っても通用する作り。


----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
お名前: