日記/2009-09-02 のバックアップソース(No.1)

お名前:

**雑記:創作:『ろすと』1006 2nd検討。 [#eebdad59]

そろそろやらなきゃならない、2009冬用リメイク関連での、検討メモ。

この冬のリメイク対象は、1006『ラミア』の予定。

#region(→続きを読む。)

今回のリメイクでの最大ポイントは、魔法に関する状況変更です。

ラミアの持つ魔法は、設計・開発当時に存在していたNOVA時代の魔法ルールに従った内容になっています。~
しかし現代版のLW魔法は、当時のものと比べるとこまごまと変更が入っています。~
今回のラミア2ndでは、これらの間の差異をうまく吸収し、現代版に則した形にすることを考えています。

-魔法系統。~
ラミアは『幻術』『魅了』系の魔法を使う生物として、デザインされていました。~
これはリメイクにおいても守る予定のポリシーです。
--旧版のラミアでは、魔法は『赤魔法』が割り当てられていました。~
そして同時に『幻覚・魅了に関係ない魔法については、コスト+3』==割高で使いづらい、というスペシャルルールをつけていました。
---これは、当時公式に存在していた魔法が『赤魔法』と『黄魔法』しかなく、かつ赤魔法に幻術系の魔法が含まれていたことに起因しています。~
--現代では、幻覚を扱う系統として『紫魔法』が公式に存在しています。~
--以上を鑑みてラミア2ndでは、紫魔法用のマジックポイントを多く、赤魔法用を少なめに、所持させるつもりです。~
2009年新作の『ろすと』、1019幻術師とちょっとかぶってしまいますが、まあ仕方ないところ。
-魔法行動と強度。~
旧魔法と新魔法との間の、システム的な差異に起因する話・その1。
--旧版のラミアは、旧タイプの魔法ルールに準じていたため、魔法行動に『メジャー』『マイナー』というようなグレード分けがありました。~
マイナー行動ではメジャー行動に比べて、魔法が比較的命中しやすい代わりに使用できる魔法カードの強さに限界が設定されている・・・というような仕組みです。
--現代LWの魔法システムでは、こういった分類はなくなっています:魔法行動は単純に『魔法』となり、『易い分弱い』『難しい分強い』というような差はありません。~
---リアリティ的には古いシステムのほうがより『らしい』のですが、新システムのほうは簡単な分、とっつきは良いものです。~
昨今の『QBから入って、魔法を使ったことがない』人を考慮すれば、これは悪くありません。
--以上を鑑みて、ラミア2ndでも、魔法行動を単純化します。~
-魔力回復。~
旧魔法と新魔法との間の、システム的な差異に起因する話・その2。~
呪文の扱い・マジックポイントの消費タイミングに関連して発生している話です。
--旧魔法システムでは、マジックポイントは『魔法成功時』に消費するようになっていました。~
昨今の電源有RPGでの一般的な仕組みを想像すれば、だいたいそういう感じです。~
そして、バックステップなどの特定のページで、マジックポイントはわずかながら回復するようになっていました。~
つまり、一度マジックポイントを使いきっても、特定の行動を行えば多少ながらも継続して魔法が使えるようになっていました。
--現代版の魔法システムでは、こういうことはありません:マジックポイントは『使い捨ての魔法カードを購入』するために『ゲーム開始前に全部消費』されてしまいます。~
ゲーム中にマジックポイントが回復することはありません。それにもし回復したとしても、『魔法カードを購入する』タイミングがないので、一度魔法を使いきったら、その戦闘中では魔法は使えなくなります。~
D&D/AD&Dの呪文システムに類似した感じですね。
---これもプレイアビリティの問題です:これによって現代版の魔法使いは、ゲーム中にマジックポイントの『数値』を意識する必要がない:『未使用の魔法カード』だけを管理すればよいので、単純化されています。~
また実際、回復できるマジックポイントは1行動に1点程度:
大きな魔法を再使用するほどに回復させるのは難しいという現実がありました。~
手間の割に効果が薄いものを省略するのは、ゲームデザイン的には適切でしょう。
--これについては、少し考慮します。~
個人的には魔法の『回復』自体は悪いことではないと思っています。~
特に第二世代では『マジックポイントを使わずに強力な魔法を放つ』ようなキャラが増えているので、ある程度の回復能力がないと『消耗品を使っているのに不利』な感じがあり、割があわないと考えています。~
---回復させず、最初から多めのマジックポイントを与えるという『単純化』が、ある意味一番楽なのですが・・・~
旧魔法の Fireball の存在がそれをやりづらくしています。~
一撃で15ダメージとか撃たれては、ゲームになりません。

以上、いろいろ書きましたが、多くの部分はキャラシートだけで済んでしまう内容です。~
ページ構成には影響なし。~
魔法行動が一部変更になるため、マトリクスには若干の影響あり。~
とりあえず、近距離の『魔法:メジャー(36)』は廃止することは確定ですが、
行動を減らしてしまうと魔法が使いづらくなりそう。~
これも第二世代本に多い、『マジックポイントは使わないけど魔法的効果』の行動を、少し追加するかもしれません。

後は・・・しっぽ攻撃系に、ちょっと手をいれるかも。~

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion

お名前: