日記/2008-09-22 のバックアップの現在との差分(No.1)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**雑感:やっぱりそろばんは偉大? [#m10a25a7]
''「小2の算数が複雑すぎる」という噂''~
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1221751302538.html

上記記事にもあるけれど、人間、自然にできるものは不思議に思わないわけで。~
52-8を小学生に教えるとき、どう教えたらいいのか?~
考えてしまう。~
で、表記『複雑すぎる』という例が、以下。

 「52-8」という問題、「くふうしてけいさん」すると……。
 <12から8をひいて4→40と4で44>
 <52から2をひいて50→50から6をひいて44>

・・・確かに、なんか、びみょ〜 (^^;;

#region(→続きを読む。)

友瀬には、いろいろと慕ってくれるかわいい妹がいまして。~
最近その妹が子供を産んだので、その育て方が話題に上がったりするわけです。~
で、その選択肢の中に~
『勉強は、おにーちゃん(==友瀬)に教えてもらう』~
なんてのがありまして。~
妹的には、子供時代に友瀬に勉強を教えてもらったのが、結構うれしい記憶みたいです(^^;;;~
半分はお世辞なんでしょうが、本当に嫌だったらそんなこと言わないでしょうしね。~
で、頼られた%%おじさま%%おにーちゃん(笑)としては、やっぱり期待にはこたえたいわけで。~
#『シスコン』と言われるならば、甘んじて受け入れます(笑)

さすがに今さら高校・大学レベルの理数系計算とかいわれるとビビっちゃいますけど、義務教育の範囲、それも小学生の国語理科算数くらいならば、まず間違えずにできるだろうな〜、なんて自信もありますし。~
だけど、自分でできるかどうかと、教えるってこととは、別ですよね。~
だから、表記みたいなことを考えちゃうわけです。~
・・・当たり前にわかっていることを教えるのって、すごく難しい。~

52-8・・・友瀬はこれをどう暗算・計算するか。~
『2<8だから、10の位から1つもってくる。~
 10の位から1つもってきたから、それから8を引いて、10-8は2。
 一の位は、上記の2と元の値とを足して、4。
 で、10の位は、1つ持っていかれているから、4。』・・・かなぁ。~
ある意味そろばん・筆算の基本通り:10の位から1もってきて、1の位を計算、ってやつね。~
数式的に書くならば、
 52-8 = (42+10)-8 == 42+(10-8) == 42+2 == 44
・・・って感じか。~

で、これを元に考えると、上記記事の~
『12から8を引くと4、40と4を足して4』っていうのはわかる:近い考え方だよね。~
・・・だけど、前提がない人間には~
『なんで52を40と12に分けるの?』っていう疑問になるはずで。~
こんな考え方をいきなり言っても、伝わらんよな。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
----
**雑感:確かに、言葉的には、ごもっともな。 [#u35cf9c9]

上記の引き算の話を書いていて、思い出した話。~
とある友人の子供の、算数に関する話。

ちょうどいいから、前述の式を使いましょう。~
 Q. 52-8 はいくつ?
 そのコの回答. 54。

一見、なんでこうなるのかがわからないと思います。~
ですが、その人の解説を聞いて。~
小学生時代の遠い記憶がよみがえるとともに、すごく納得させられました。

#region(→続きを読む。)

ポイントは、繰り下がりが起きる引き算。~
こういうとき、小学生のときにこんな感じの教わり方をしませんでしたか?

 引き算は、一の位から順に計算していくんだよ。
 まず一の位、2-8を考える。
 でも2のほうが少ないから、引けないよね?
 こういうときは、1つ上の十の位から『1借りて』くるんだ。
 10-8で2あまり。これに元からある2に足して、一の位の答えは4.
 次に十の位の計算。
 さっき1つ貸しちゃったから、今は4しかありません。
 だから、答えは44.

・・・気が付きましたか?~
重要なのは『借りる』と言う言葉。

件のコ、この言葉を受けて、こう考えたそうです。~
『借りたものは返さないとならない。~
 だから、十の位にはきちんと返してもらって、54が答え。』

・・・言葉って、きちんと選ばないといけないですね。


----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion

お名前: