日記/2008-07-14 のバックアップ差分(No.1)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**主張:日本的調整法の暗黒面。 [#zed96f64]

''5分で人を育てる技術(53)「他人と対立しやすい人」向けのカード''~
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20080703/310114/

プロジェクトマネジメントの手法の話で。

Q. 相手から難しい(==対応できない)要求を受けた。~
 「相手と対立しないように」断るにはどうするべきか。~
A. 『自分以外を「悪者」にする』断り話法を使う。

敵の敵は味方って論理だから、わかるっていえばわかるし。~
実際にそういうケースもあるにはあるから、そういうときはつい、
愚痴的に使っちゃいそうな話だけどさ。~
・・・本質的には、友瀬は、やりたくないねぇ。

#region(→続きを読む。)

文面として『責任回避ではない』ということは謳っているけど、
そういう問題じゃなく。~

これって要は、他者を悪者にしろってことだよね。~
それで自分は相手とよい関係を確保・維持しようってことだよね。

あんた、それって人として間違ってないかい?

『法律』『政治』レベルの話にできるのならまだいい。~
実際、本当に個人レベルではどうしようもないわけだし、相手だって仕方ないなで済む。~
けど、上司や会社を悪者にするのは、ちとまずかろうて。~
その上司や会社そのものが、その相手と敵対するってことだぜ?

目先の和を取りたければ、それでもいいかもしれんけどね。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion


お名前: