日記/2008-05-08 のバックアップの現在との差分(No.2)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**主張:ゲームバランスと普及レベルの関係は? [#ifdc7edf]

第三者が言っても仕方ないところではありますが。

某2chスレあたりでよく論争になっているのが、~
『ゲームとしてのQBの人気が伸びないことに、バランスが悪いのは影響があるか否か』~
という話。

当然Yes/Noそれぞれの意見が出ていますが、友瀬的には。~
視点が一致していないところで議論しても、違う答えがでるし意見がすれ違って当たり前。~
そして、バランスを期待する層は必ずいる。

・・・そんな感じですかね。

#region(→続きを読む。)
例えば。

数年前、『表面にサメの肌状の加工をする』ことで、タイムを大幅に上昇させることができる水着というものが水泳界の一世を風靡したことがある。~
実際これによってさまざまな水泳の記録が塗り替えられ、オリンピックでもこれを使った選手たちが大活躍した。~
ただこれを万人が選んだわけではない。~
着たくても金銭的・契約的な理由で着られない選手もいた。~
こだわりで着なかった人もいた。

こういう『魔法の水着』であっても。~
海水浴やプールで遊ぶ程度にしか泳がない『娯楽泳者』にとっては、それをほしがる理由は、あまりない。~
それを着たからと言って、娯楽泳者ではオリンピックどころか、ちょっとした競技泳者にも勝てないだろう。~
そもそも娯楽なのだから、そこまで必死になって水泳をやることもないのだから。~

そして結局、この水着、規約違反として競技での使用禁止となった。~
なぜ、これは規約違反と判定されたのか。~
それは要は『普通の水着を想定している規約を、上回る性能だった』からだ。


さて。~
サメ肌水着と普通の水着、格差があるのは是か非か?~
この格差を埋めようとする努力は、是か非か?~
こういう格差は、水泳の人気に影響するか否か?

答える人によって違うだろう。~
娯楽泳者。競技選手。水着開発者。水泳連盟。~
立場だけでなく、単に個人の信念による差だってでてくるだろう。~
そして故に、誰の答えが正しいってわけじゃない。~
ただ水泳の場合、総監督たる水泳連盟の判断・意見が通っただけだろう。


◇◇◇

・・・言わなくてもわかってもらえると思うけど、伝わらない人がいるとアレだから。~
『さて、LW/QBの現状に当てはめてみよう。』~
・・・これで十分だよね?(^^;;;


そういう意味では、さ。~
いかんせん一人では泳げないっていう問題もあるんだけど。~
そもそも泳いでいる人が少ないというのが、問題なんだよね。

水着だけ買って、眺めるだけで満足している人とか。~
泳いでみたいけど、一緒に泳いでくれる人がいないとか。~
一度泳いでみたけどうまく泳げなくて、やめちゃった人とか。~
そういう人たちに、
まず泳ぎ方・泳ぐことの楽しさを知ってもらわないとダメかな、と思う。

そこから競技に移るのか、遊びだけで満足するのかは、その人次第。

泳ぎ方の教室でも開いたほうが、いいのかもしれないね。~

以上、やろうと思えばそれなりに競技もできるけど、基本的には海底散歩をしているような、友瀬の意見。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)
-あ、なるほど。まくりはガード崩しの1手法に過ぎないのですね。確かに、右にガードしているところを左から攻撃するために飛び越えているってことで、一連のまくり動作として特別視する必要はなかったんですね。納得です。 -- [[小花幸多]] &new{2008-05-10 14:26:56 (土)};
-『レバー後ろガード』vs『Gボタンガード』の格差問題については・・・友瀬の立場は『そこに格差が生まれてはよくない』というところ、ですね。&br;これらはあくまで『操作方法』でしかなく、そしてそれはLWシステムの操作方法とはもちろん異なるもの。プレイヤーの『防御をしたい』という意識は全システムで同じなわけですから、それはLWシステム上でもそのように再現するのが適切だと思います。&br;また、ゲームキャラの再現についても、友瀬は『LWシステム上で完全に同じようにする必要はない』という立場です。特に2D系/3D系といったシステムの仕組み起因のルールなんていうのは、真似しなくていいと思っています。めくりあたりはまさにその範疇:無理に再現する必要はない要素です。どうしても再現したいのであれば『ガード方法を混乱させる』という要素を重視して、フェイント系の行動を割り当てれば十分でしょう。 -- [[友瀬%管理人。]] &new{2008-05-10 09:10:04 (土)};
-・『流通』は、影響度としてはそれほど問題ではないのかな、と思っています。確かに地域による格差は生まれるのは否定できませんが、書店注文はもちろん、今の世の中手に入れる気になればWebだって使えるわけですし。&br;・『価格』は、明らかに苦しい点だと思っています。この値段は社会人&LW愛好家の友瀬ですら、正直痛いと思いつつ買っています。このあたりは、HJも悩んで作ったという話がちらほら。&br;・『おねーちゃん』問題も苦しいところですね。仰るとおり明らかに『エロいから』『女しかいないから』買っていない人もいるのは間違いなく。某ゲームスペースでは女性プレイヤーを考慮して『性的なニュアンスの強いゲームはNG』というような運営をしていて、QBはよってNG、とされています。女王トーナメントの設定はつかみとしてはよかったけれど、縛りすぎてしまってるかんじはあります。QGやQB第二シリーズで改善されないかな、と思っているところです。 -- [[友瀬%管理人。]] &new{2008-05-10 08:59:24 (土)};
-QBの普及を妨げているものに、流通(あるいはマーケティング)の悪さがあるのではないでしょうか? 僕の場合、QBを置いてあるお店まで、引っ越す前でも1時間ちょっと、今では2時間を要します。運賃にいたっては、片道運賃で、QB1冊買えてしまいます。 幸いににして、QBは書籍扱いのため、書店で注文することが可能ですが、ゲームだと思っている人の中にはそれを知らない人も多いでしょう。 また、僕は画集的な書籍(語弊がありますが、そういう需要もありますよね)に対して、この値段で冒険することに抵抗はありませんが、実物を見ずに買うことに二の足を踏む価格設定でもあります。 印刷も、手触りからして、オフセット印刷ですが、これは1万部未満の出版物に適した印刷方法であり、大量に配本していない証拠にもなります。1万部を越える大量印刷であれば、グラビア印刷により、もっと安価な価格設定も出来るでしょうし、全国の書店に配本することも夢ではなくなります。 まぁ、そこまで売れるかというと、例えば、Kings Brade ”PRIDE” や、プロレスなど、TVで放映されているような格闘技のファンを掘り起こして商売しないといけないような気もします。肖像権も絡むので難しいですが、実際にはありえないプロレスの男女対戦などを実現できて面白いと思いますがいかがでしょうか。お姉ちゃん対戦のファンだけを相手にしていては、市場のパイが広がらないでしょう。 話は変わって、この一連の論文の中で気になった点を・・・。 僕は、ガードに”レバー後ろ”を使う格闘ゲームは苦手で、”G”ボタンのある、少数派のゲーム(要するにバーチャファイターとか)のみ、まともに戦えました。 で、LWにおいて、レバー後ろのキャラとGボタンキャラが対戦するとどうなるでしょう? ”まくり”攻撃に影響が出ると思うんです。後ろガードキャラだと思ってまくってみたらガードされたとか。  -- [[小花幸多]] &new{2008-05-09 21:02:04 (金)};

#endregion

----
**雑記:ホログラムは無理でも、十分。 [#h3958ed9]
''R2-D2 DVDプロジェクター''~
http://www.nikko-group.com/japan/nhe/r2-d2/projector/index.html

すげぇ・・・~
ちと本気で、夏のボーナスを突っ込みたくなった。

#region(→続きを読む。)

いや、現実問題として、置き場所があるかとか実用品かといわれると、苦しいけどさ。~
サイレント・ランニングからこっち、友瀬は2+1脚系ドローン萌えなのだ。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion

お名前: