日記/2017-04-25 のバックアップ差分(No.5)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#author("2017-04-25T06:37:53+09:00","-","-")
#author("2017-04-25T06:38:09+09:00","-","-")
**雑記:「同行者」用ブック。 [#i5e6a151]

表記、夏にむけての検討方向に関わって過去ページをたどってたら、すでに3年も経ってる(^^;;

[[LWネタ]]ページもメンテが微妙な感じなので、ちょっとフォローしますかね。

ともあれ、表記、検討中。

参考:[[日記/2014-04-10]]、[[日記/2014-04-17]]


#region(→続きを読む。)
***大前提 [#z0653cd2]
上記2014/04/17日記に挙げたように。~
たとえ「同行者」であっても理想的には、通常と同じフルサイズ本を作るのが望ましい。~

でも、正直そこまで必要か?という話もあっての、今回のネタだとご理解ください。


***同行者本に期待される・必要なものは? [#y3d42ba0]
2014/04/17 日記にあるとおり、『具体的には8ページ・遠距離行動しかない』本です。

これに関して、もう少し具体的にしてみます。

-1ページごとの構成は、標準的LW本と同じにする。
--上側に「結果ページ」、下側に「データセクション」。
-データセクションは、8ページに対して、遠距離行動の50〜64を割り当てる。
-結果ページは、現状は以下の8ページを想定しています。
--待機
--攻撃1
--攻撃2
--攻撃3
--回避運動
--防御/受け流し(スコア-4、)
--軽微被弾(スコア -1)
--被弾(スコア2、最低1ダメージ保証あり)

得点系としてはざっくりと『ガード不能技だけが抜ける』『威力があれば抜ける』『普通抜ける』という3段階を考えている、ということになります。


***データ的に特徴的な点は? [#d07cf673]

同行者本ではページ数が少ないこともあり、いろいろとページを押さえ込んでいます。~
ここで特徴的なのは、通常のLW本にある『距離』の概念がない、というところでしょう。~
距離については、『相手』の通常LW本の結果を利用することで、対応するつもりです。

攻撃が3種類あるのは、特技的なものを想定してのことです。~
すでに攻撃番号の割り振りもだいたい決めています:~
行動60,58(下段)を特殊な行動に割り当てるイメージです。

これによって例えば、行動60の結果を「攻撃2」、行動58を「行動3」に固定。~
個々のページのコメントで「もし行動修整値がSの場合・・・」というような「汎用的特別ルール参照」を可能にすることを想定しているわけです。


***想定的に特徴的な点は? [#qcc24f97]
***装丁的に特徴的な点は? [#qcc24f97]
通常の『ろすと』本よりも小さい、B6・A6といったサイズにすることを考えています。~
8ページ、しかもデータセクションは遠距離の「8データしかないマトリクス」なので、通常のA5サイズはちょっと大げさに思うため。~

ちなみにこのサイズにすると、いわゆる『ミニ本』装丁できるという製造上のメリットがあります。~
2サイズ上の紙(B4/A4)に『片面4ページ』わりつけて、4つ折して、辺を切って整えると、できるわけです。

&ref(pagereyout.png,left,50%,ページ割り付け);

&ref(minibook.png,left,50%,こうやって製本);

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion


お名前: