日記/2012-11-17 のバックアップ差分(No.1)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**創作: M:tGオリジナルカード向け、ルールネタ。 [#f768bcdf]

別にすぐに何かする、ってわけじゃないんですけどね。

ちょっと思いついただけ。

#region(→続きを読む。)

いきなり、カード案。

-カード名: 波状の炎
-タイプ: ソーサリー
-コスト: 1RR
-テキスト: ~
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。~
波状の炎が呪文や能力によって打ち消されるとき、それは打ち消されない代わりに対象に1点のダメージを与える。~
そうでない場合、波状の炎は対象に3点のダメージを与える。

----
解説。

M:tG では、相手の唱えた呪文への対処方法として『打ち消し』というものがあります。~
『打ち消し』ができれば、相手の呪文は完全に無効化される、ある意味で絶対的な能力です。

で、これに対抗する方法として作られているものの1つが、『打ち消されない』呪文。~
文字通り『打ち消されない』ので、対抗策としては完璧でしょう。

・・・ただ、なんでこんなに絶対的なものだけにするかね、という気がしてまして。~
打ち消すことはできない。~
でも、打消し自体は必ずしも無駄にはならない。~
そんなことはできないかな、という考え方。

一応それに類するものも、M:tGにはいくつかあります。~
有力なのは『複製』『ストーム』といった、一度の使用で複数のコピー呪文を生み出すもの。~
相手は打ち消すことで『コピーの数』を減らすことはできるので無駄ではないが、撃ちもらした分は普通に効く、というもの。

ただ上記2種類は、コストさえ払えればコピーの数を大量に増やせるので、それはそれで有利すぎで。~
もうちょっと打ち消し有利側のネタを作りたかったわけです。~
例えば『コピーを1つだけ作る』というような。



最初にあげた例では単体火力でしたが。~
似たようなバリエーションは、いくつか考えられます。

以下考えた例。

-トークン召喚型の呪文で、出すトークンのサイズを変える。
--例:CC 4GG。~
呪文や能力によって打ち消されるとき、それは打ち消されない代わりに 緑の2/2のビースト・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。~
そうでない場合、緑の5/5のビースト・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
-影響範囲変更。~
--例: CC 2RR~
プレイヤー1人を対象とする。~
呪文や能力によって打ち消されるとき、それは打ち消されない代わりに対象に2点のダメージを与える。~
そうでない場合、対象のプレイヤーと、そのプレイヤーがコントロールするすべてのクリーチャーに2点のダメージを与える。~


----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion

お名前: