pukiwikiプラグイン/calendar_viewer

2019-01-19 (土) 17:32:17 (247d)
お名前:

表記、そんな感じのものを作ったので、一応公開しておきます。

プラグイン概要

友瀬の日記系ページで使用している、改造版の calendar_viewer です。
ざっくりというと「記事一覧の前後に追加表示する」改造で、おおよそ以下のようになっています。

  • 記事の一覧の前に1行カレンダーを表示できるようにしてあります。
    • これは、calendarlong プラグイン を利用しています:calendarlong プラグイン導入していることが必須条件です。
    • calendarlong プラグインだけを導入するだけで、「カレンダー」が表示され、かつ「前/先」で再び「新しい月でカレンダー+記事一覧」という表示になります。
  • 記事の一覧の後ろにフッターを指定できます。

インストール方法

  1. 本ページに添付されている下記ファイルをダウンロードし、「calendar_viewer.inc.php」の名前で pukiwiki の pluginフォルダにおいてください。 (既存・公式のプラグインを上書き。不安ならバックアップを取っておくとよいでしょう。)
  2. フッターを使用するか否かを決めてください。
    • フッターを使いたい場合、別途「日記footer」というページを作成してください。
    • フッターを使いたくない場合、calendar_viewer.inc.phpを編集してください。
      • 「日記footer」で検索して、そこを "" にすればよいです。

使い方

標準の calendar_viewer とほぼ同じです。
標準calendar_viewer での「区切り文字指定」は指定できなくなっています:calendarlong 前提(calendar2同等)なので[-]固定です。

#calendar_viewer( ページ名, yyyy-mm| n| x*y| this [,[past|future|view] [,カレンダー表示]] )
  • 第2パラメータで「yyyy-mm」か「this」(すなわち「1か月分表示」)をした場合、カレンダーが表示されます。
  • 第4パラメータ「カレンダー表示」に値(任意)を設定すると、第2パラメータの指定に関係なくカレンダーが表示されます。
    • どちらの場合も、calendarlong プラグイン を導入していることが必須条件です。
      導入していない場合カレンダー表示はしません(エラーにもなりません)

技術的な話。

コメント

ご意見などがあれば。


お名前:

お名前: