日記/2019-04-13 の変更点

お名前:


#author("2019-04-13T17:00:29+09:00","-","-")
#author("2019-04-13T17:02:14+09:00","-","-")
**雑記:THETA V 天頂補正系メモ。 [#g8907ed4]


360度を一気に撮影できるカメラ『RICOH THETA』。~
以前に使っていたモデルをうっかり落としてレンズを痛めてしまったこともあり、新モデルを入手しました 。

それを使ってうにゃうにゃやってた成果的なのが、表記、先日公開した[[プラグイン>pukiwikiプラグイン/aframe360]]。~
で、その過程で気づいた情報メモ。

|~AMAZON|[[RICOH THETA V>https://amzn.to/2X5x4sj]]|
#region(→続きを読む。)




THETA V で良くなった点の1つが、タイトルにも書いた『天頂補正用データ』の扱い。~
これどういうデータかというと、THETAでの撮影時に「THETAがどれくらい傾いているか」を示したもの。~
このデータがあると「360度全方向を映した画像のうち、天頂はどこにあるのか」を判定することができるわけです。~
だから「天頂補正」。

このデータ自体は以前のTHETAでも扱えたのですが。~
管理上「画像データとは別」に保存されていたため、画像をPC/スマートフォンにダウンロードする際に
専用アプリを利用して一手間をかけないとなりませんでした。~
そのため、友瀬はこれについてはあきらめていました:何枚も撮影したのに、いちいち再加工するような手間はかけられないですよ。

ですが、THETA V(正確にはこれの少し前のバージョンからみたいですが)では、撮影と同時に画像に埋め込まれるようになりました。~
つまり、もう専用アプリはなくてよくなったわけです。うひょ〜〜(笑)


・・・なんですが。~
なんかうまく補正がとれず傾いていることもしばしば。~
なんかカメラ側の設定とかいるのかな。~
ジャイロだから、撮影前に少し
ジャイロだから、撮影前に少し振り回したら補正されるとか。

まあ、いろいろ試してみます。















----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
お名前: