日記/2018-03-01 の変更点

お名前:


#author("2018-03-21T08:02:35+09:00","-","-")
#author("2018-03-21T16:51:51+09:00","-","-")
**雑記:pukiwiki:tweetcard と「一覧」的ページ。 [#t66f05fb]

pukiwikiプラグイン関連の、自分メモ。

友瀬作の [[tweetcard プラグイン>pukiwikiプラグイン/tweetcard]]に関する、現状気になっている点についてのメモ。

気が向いたら改訂しようかと思っている、状況とか方法案とか。


#region(→続きを読む。)
tweetcard プラグインは、Twitterが提供している「当該ページURLをTweetすると、カード状になる」機能を実現するもの。

例えば友瀬の[[2/6の日記>日記/2018-02-06]]にはこのカードが設定されている。~
なので2/6のページを表示して、そこで「Tweetボタン」を押してつぶやくと、こんな感じになる。
#tweet_inc(https://twitter.com/Tomose/status/961160920314466304,width=300)
#tweet_inc(https://twitter.com/Tomose/status/961160920314466304,width=500)

ここまでは問題ない。

問題なのは、友瀬の「過去日記」のような「複数のページをまとめて表示」するケース。~
例えば「2018/02」分の日記を表示すると、「2月分」のページURLに対して「2/6のカード」が追加されてしまう。~
これが美しくない。

スジから言えば、こういう「複数記事を一覧」する際には、カードは「一覧ページのカードだけ」が設定されるべきなんだよね。~
別の言い方をすると、「まとめている親」のカードが設定され、「まとめられている子たち」のカードは設定されるべきではない。~
でも、個々の日記ページは「自分が親なのか子なのか」を知る術がないんだよね・・・~
そのため、子ページに書かれたプラグインはカード情報を吐き出してしまう。

逆に言えば、「自分が子だ」ということがわかればいいのだから。~
回避手段としては、例えば、こんな実装はできる。
-tweetcardプラグインに、自分自身が「何回呼び出されたか」を数えるようにする。~
これは多くのプラグインで実施している内容なので、技術的課題なし。
-そのうえで、tweetcard自身が「最初の1回以外はカードを作成しない」ようにする。
-上記を前提に、「複数のページをまとめる親ページでは、まず tweetcardを呼ぶ」運用にする。
--これによって「親が1回目」を呼び出すので、子はカードを作らなくなる。
-「親」にカードを置きたくないケースもあるので、「NULLのカード」を指定する仕組みを作る必要はある。
-pageinfo プラグインにも修正必要かな。~
上記方式だと親ページの先頭のほうにtweetcardがおかれるので、
pageinfoの「先頭xx文字をdescriptionにする」仕組みから、親ページのdescription に
「#tweetcard」とか書かれてしまう。


・・・運用任せだけど、このあたりが無難かなぁ。~
もうちょっと抜け道がないか、考えなきゃだめっぽいけど。


 
----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
お名前: