日記/2013-10-26 の変更点

お名前:


**雑記:需要と供給のバランス、ってこと。 [#b103c9f0]

''SKE松村香織の「落札後キャンセル」提案で大騒動 ファンの熱意が50億円「いたずら入札」に発展''~
http://www.j-cast.com/2013/10/21186760.html?p=all

大前提として、友瀬は転売という行為について、いい印象はもっていない。~
だが、多くの場合において、提供側にも問題はある、と思っている。

#region(→続きを読む。)

ものすごく単純にいうと、さ。~
転売屋って『市場需要を不当に水増しする』存在なんだよね。~

企業規模や品物の特質による限界・思惑はあるだろうけど、それはちょっと置いておくとして。~
商売の観点からすれば、企業は需要に適した数を生産・供給したいんだよね。~
ところが、転売屋は『それ自体は欲しくもない』のに、それを押さえてしまう。

例えば実際の需要は1万しかないものに、転売屋が『5000介入』すると。~
需要は、見かけ上15000に膨れ上がる。~
需要に対して供給が不足するのだから、高額化するだろうし。~
そして結果『本当に欲しい』人5000人が、困る。

ここで企業が15000を作らないことを責めるのは、酷だろう。~
実際の需要は1万、すなわち『5000の赤字を背負え』と言っているようなものなのだから。

ついでに、友瀬の偏見も混みでいうと、さ。~
この転売をやっていると思われる人の多くが、同じ口で
『マスコミの中間マージン』にクレームつけてたりするんだよ。~
自分たちがやっていることが同じ『中間搾取』だって気づいているのか。



ともあれ、ね。~
そういう意味で、転売屋が『賢く立ち回っている』のは、気に入らないけど事実で。~
それに対して、提供側も、もうちょっと頭やればいいのにな、とは思う。

ものすごく単純に、ね。~
注文生産というかたちにするだけで、
『限定品』に匹敵する価値と、転売という購買層への不平を削除できるのよ。~
まあ、そういう仕組みをつくり・運営するコストも、問題なんだろうけど。



----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion

----
**創作:LW思考実験:バーチャロン・ドルカスのファランクス弾幕。 [#a9894964]

そろそろ1年くらい経つ昔、東方ネタで相談されて、『LWで弾幕ネタ』という検討をしかけたことがある。~
放置していたんだけど、ちょっと気が向いたので改めて考えてみる。

当時も書いたけど、正直『東方プロジェクト』への造詣はないし、
縦シューティングはLW向けじゃないので。~
その記事にも書いた『バーチャロン』的なものをベースに考えてみる。

以下、バーチャロンに詳しくない人もいると思うので補足はしますが。~
わかりづらい点があれば、ご容赦ください。

#region(→続きを読む。)

***前提。 [#f77fe639]
バーチャロンは、各プレイヤーが自分のVR(機体、ロボット)を操って戦闘を行う対戦ゲーム。~
射撃武器が多いのは事実ですが格闘戦も少なからずあり、また自機の後ろ側に視点があるFPS的な画面。~
LWとの親和性は、まああります。~
#もちろん、BattleTechのほうが、より適切だとは思います。

バーチャロンにはいろんなVRがあり、そのVRごとに武装が異なり、戦略も変化します。~
例えばテムジンやアファームドといった機体は剣やトンファーが主武器の、『白兵戦をしてなんぼ』の機体。~
もちろんこれらの機体でも、白兵戦に持ち込むための戦略の一部として、
弾幕的な要素はあるのですが。~
今回話題にするのは、友瀬が愛用していたドルカスという機体です。

人によっていろいろな戦法・観点があると思いますが、
友瀬的にはドルカスは『中距離での弾幕トラップキャラ』です。~
だからこそ、弾幕ネタの検討対象なので。

***ドルカスの攻撃手段。 [#keed8a79]

バーチャロンでは、個々の機体に大きく3つの武装が搭載されています。~
低威力・手数で押す右手武器。~
主にけん制に利用される、打ち消し性能に優れた左手武器。~
その機体の必殺技とも言える、中央武器。

で、ドルカスの場合、以下のようになっています。

-ファイアボール。~
右手武器。威力は微妙だが、ほぼ弾切れにならず、高速・連射できる。~
弾道的にはマシンガン的なモノを想像すればいい、直射武器。
-ハンマー。~
左手武器。連射はできないが高い誘導性能と威力を持つ、ドルカスの主力ダメージ源。~
巨大な鉄球がホーミング飛行するようなもの。
-ファランクス。~
胴体装備。直接敵を狙わず、本体から決まった方向・位置に攻撃する、広域武器。~
10発近い砲弾を、放物線軌道で射出。~

誘導性能の高いハンマーを、単発でぶっぱなすこともありますが。~
ハンマーを相手にぶつけるために、ファランクスとファイアボールの弾幕をばらまく、というのが基本戦略。

ファイアボール主力で、相手との位置を調整しつつ戦う
→地形や相手の移動方向などを見て、ファランクスをばら撒く~
→弾速遅いそれを、相手は見て回避しようとする~
→こちらの予想方向に逃げてくれれば、ハンマーで狙い撃ち。


***弾幕==ファランクス。 [#s6f953df]
友瀬的には、ファランクスをどう使うかが、ドルカスの肝。~
ということで、まずはファランクスを整理します。~
つーか、これがまさに『弾幕』要素なので。

あんまり細かい話をしても仕方がないので、あっさりと。~
ファランクスの攻撃イメージは、以下のようなものです。
-基本的攻撃範囲は、帯状の攻撃エリアが2本。
--停止状態から使用すると、自分の正面に対してやや左・右にずれた方向:1時方向と11時方向。~
--言い換えると、正面==12時方向には一切着弾しない。
-弾速は遅く、帯状範囲を『順に前進』していく感じ。~
下記図を見てもらうとわかりやすいかな?丸部分が着弾点==攻撃発生位置。

&attachref(,left,nolink);
&attachref(tmp131026.gif,left,nolink);

上記には、敵の位置関係を何も書いていないことに注意。~
もちろんこの丸部分を直接敵に向けてもいいんですが、弾速が遅いため、相手は余裕で回避できます。~
ではどうするかというと、基本的には上記の『2つの帯』の間に相手を挟み込むように使用します。~
なまじ着弾が遅いため、相手は『着弾点に入りたくないので横移動しづらい』状況になります。~
つまりこれ、以前の分析でいうところの『直接狙わない』・『避けようとしたらそっちに飛んできた』的な
使い方をする『弾幕武器』なのです。~


以上の特性を背景に、以下、実戦で狙ったand/orよくあった状況。

-うまくいったケース。
--相手の横ダッシュにあわせた。~
相手は着弾点に突っ込むことに。
--移動しようとした相手の出鼻を押さえる。~
直接ダメージはないものの、相手の移動方向を制限できる。
-ダメだったケース。
--相手に突撃された。~
『正面に攻撃範囲がない』ゆえの危険。~
白兵戦型相手で気をつけないければならないパターン。

このあたりを考慮すると、ファランクスには以下の2つの要素があるといえるだろう。

+横方向への移動に対する、直接的な攻撃力。
--『今横移動した相手』に命中し、ダメージを与えるというもの。
+横方向への移動に対する、遅延的攻撃力。
--今回は命中しない。だが、次に横移動すると、相手は『弾幕に突っ込んで自爆』というもの。

この後者の遅延効果が、LWシステム的には特徴的か。~
コメントを利用すれば、近いことの再現は可能。

例えば、『行動番号64、修正値S』という感じで。~
-相手がサイドステップ(52)すると、攻撃成功ページ&相手は得点ページでダメージ。~
修正値Sだが、コメントで『修正値xxとして計算する』指定すればよい。
-相手が突撃(50)すると、こちらは被弾。
相手本も得点ページになるが、こちらは修正値Sなので得点できず事実上一方的な負け。
-相手が上記以外なら、普通に成功ページ。~
得点ページではないので今回は相手にダメージを与えることはできないが。~
コメントで『次回xxxを実施したらnダメージ』というようなことはできる。

ただ 64は突きなどにも打撃を与えうるんで、これは完璧ではないかな。



----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
お名前: