日記/2012-05-13 の変更点

お名前:


**雑記:プレイ雑感:Dominion [#o1dc73e1]

というわけで、積みゲー棚卸起因のゲームレビュー。

この記事では:~
カードゲームの Dominion。~
大元は Rio Grande Games作成。ただし、後述の理由でさまざまなバリエーションが作成されており、今回プレイしたのは:~
ホビージャパン作成の『ニトロプラス カードマスターズ』というセット。

Dominion自体はここ数年の大きなヒット作で興味はあったのですが、なかなか機会がなくてプレイできていなかったのです。

|~AMAZON|&htmlinsert(dominion_nitro.htm);|

#region(→続きを読む。)
***ゲーム概要: [#l126408d]

-得点レース型のカードゲーム。
--Dominion/支配という言葉どおり、その世界での権力争いをテーマにしている。~
お金というリソースを用いて勝利得点のカードを購入していき、最終的にもっとも得点の高いプレイヤーの勝ち。
--大元ゲームでは『中世ヨーロッパ』風の世界観だが、今回プレイしたセットでは『日本のゲームメーカー・ニトロプラス』が提供する世界観に準じている。
-プレイ環境について
--2〜4人。カード枚数をうまく調整すれば、もっと多人数でもプレイできそうだが、おそらくは4人がベスト。
--プレイ時間は条件によってばらつく。~
今回3回ほどプレイしたが、30分〜1.5時間くらい。


***システム概要 [#nf064d70]

M:tG などでのTCGでのデッキ構築型ゲームとはまた違った形での、
『デッキ構築型』というジャンルを作ったゲーム。

-それぞれのプレイヤーは『自分専用のカードデッキ』を1つもち、そのデッキを用いてゲームを進めていく。~
ただし、そのデッキの内容はゲーム中にどんどん変化していく:自分でより使いやすい・得点取得しやすいデッキを作り上げていくのがポイントとなる。
--カードには、大きく3種類がある。
++アクションカード。使用することでそのカードに書かれた特殊な効果を実施できる。~
例えば:直ちに自分のデッキからカードを3枚引き、3枚捨てる。
++リソースカード。要はお金。
++勝利点カード。点数がかかれており、より多くの点数を取得したプレイヤーが勝利する。
---これらを兼ね備えたカードも存在する。~
『勝利点カードでありながら、リソースカードとしても使える』など。
-ゲーム開始時、すべてのプレイヤーは全員が同じ内容の『カード10枚』からなるデッキが配られる。~
そのデッキから5枚を引き、手札5枚・山札5枚の状態からスタートすることになる。
-自分のターンには、以下の3ステップを順に実施。
++手札のアクションカードを1枚使って、アクションを1回実施。
++手札のリソースカードを任意数使って、カードを1枚購入。
++使用しなかった手札を捨て山に全て捨て、直ちに手札を5枚補充。~
山札がなくなったならば、自分の捨て山のカードすべてを切りなおし。
--基本的に、各プレイヤーは自分のターンにしか行動:アクションやカード購入を行えない。
-『デッキ構築型』といわれる所以:~
『購入』したカードは、直ちに自分の捨て山に置かれる。~
--すなわち、ターンが進むとだんだんデッキが『厚く』なっていく。~
そして、購入したカードによってできること(アクション/購入力)が変わっていくことになる。
--購入できるカードは、全員共通・中央の『市場』に置かれている。~
---公開状態であり、シャフルなどの運的要素もない:『市場』にあるカードは、在庫と予算、1ターンに購入できる枚数(通常1枚)が許す限り、好きに買える。
---誰がどのカードを買ったのかということも、すべて公開。
--ゲームは、これらの購入できるカードがある程度はけた時点で終了。

基本的なルールは、これだけ。~
次に、カードの特徴をもう少し深堀りする。

-勝利点カードは勝利のために必要。~
--だがゲームの最中には『プレイできないくずカード』なので、デッキ内の枚数が増えるとデッキが回らなくなる。
--つまり基本的には、より高得点のモノを少量だけ、ゲームの終盤に入手したいカード。~
だが買い渋っていると、より低い==安価なモノを買って電撃的終了、という戦略をとられる可能性もある。
-リソースカードはカードを購入するために必要。
--購入できるカードは当然、より高いカード==より強いカード。
--カード購入は手札にあるリソースカードを用いて実施するので、手札にある程度の枚数がなければ高いカードが買えない。~
だがリソースが多すぎるとデッキが回らなくなる。
-アクションカードにはいくつかの種類があるが、基本的には『デッキをまわす』ためのカード。
--いわゆるルール破壊カードのカテゴリ。~
『カードを追加で引く』『アクションを追加する』『カード購入枚数を増やす』など。~
--例えば『カードを3枚引いて3枚捨てる』というような手札交換のカード。~
手札にある勝利点カード==くずカードを処分・有用なカードを入手できる。
--だが、これをいくらもっていたとしても、それだけでは勝利点カードは購入できない。~

勝利条件だけを考えれば、毎ターンほとんどの手札がリソースカード→買える最大の勝利条件カードを買う、というサイクルだけを実施できるのが理想。~
だが、購入したカードがデッキに追加されていく以上、それだけでは手札がだんだん購入済み勝利点カードに侵食されてしまい、次の得点を得られなくなる。~
そこでターンごとの基本プレイスタイルは:~
『アクションカードを使用して、手札の不要カードを除去and/orカード購入に必要なリソースをかき集める』~
というものになる。~

で、このゲームの非常に大きな特質は、上記のうちの『購入できるカード』にある。~
このセットには全部で25種類の『購入できるカード』が同梱されているが、1回のゲームに使うのはそのうちの10種類のみ。~
どの10種を使うかはゲーム開始前に協議and/orランダムに選択し、ゲーム中は変化しない。~
カードにはそれぞれ個性があるため、選ばれたカードの組み合わせによってゲームの展開は大きく変わってくることになる。

-例えば:『アクションを増加』させるようなカード。
--これが市場にない場合、プレイヤーは1ターンには原則1アクションしか実施できない。~
そのため、手札にアクションカードが2枚以上あると余剰分は『カード購入に役立たない無駄カード』になってしまう。
--裏返せば:これが多いと、デッキがすごい勢いで『まわる』ことが多い。
-例えば:『カード購入枚数増加』できるカードが市場にない場合。
--これが市場にない場合、プレイヤーは1ターンには原則1枚しかカードを購入できない。~
カードの値段は最大でも8程度なので、それ以上のリソースをかき集める必要はないし、それができるような構成は無駄。
--裏返すと:これがあると、デッキが回って多量のリソースをかき集めることができれば一気に大得点できるため、逆転性があがることになる。
-他にも『カード除外==デッキ圧縮』カードがなければ、呪い(マイナスの勝利得点カード)を提供できるカードが相対的に強くなり。~
ドローカードが少なければ、相対的に高額リソースカードが有利になる。





***その他、話題になったこと。 [#ieb99d77]

-個人的に思ったこと:
--このゲームが長期的にヒットしている理由には~
『購入できるカード』を差し替えるだけで、まったく異なるゲームになる~
という側面が大きいと思われる。
--ついでに言えば、新しい『購入できるカード』を作るだけで、それが新しいエキスパンションになる。
---ある意味で、これもデッキ構築ゲーである『M:tG などのTCG』に近い土壌。~
-ごく一部のカードを除いて、基本的に他プレイヤーのデッキに干渉できるカードはない。~
ある程度デッキが『完成』して活発に動き始めたプレイヤーを、直接阻害することは難しい。~
--その意味で、『ソリテア』的でもあり。~
また『先手有利』が否めないところがある。
-一応4人用だが、仕組み的にはもう少し大人数でもできそう。
--市場のカード種類を増やし、終了条件をいじる必要はある。
--たぶんGoogleれば、その手の情報はありそう。
---実際ありました(笑)



***まとめ [#v95915e1]


-ゲームとして:8点(10点満点)。
--ゲーム自体はよくできている。~
いろんな賞を獲得しているのも納得できる。
--いろんな意味で、M:tG のコンボデッキ的な楽しみが味わえるゲーム。~
うまく回ったときの爽快感は確かに大きい。
--前述の通り、該当ゲームで使うカード選択次第でかなり展開が変わる。~
いわば『そのゲームで使えるコンボを考える』部分が多い。
---これはプレイ時間にも影響。~
カード次第ではあっというまに勝負がつく。
-マイナスポイント:いかんせん、ソリテアの傾向が強い。
--よくも悪くもデッキを如何に『まわす』がポイントになる上に、他者を阻害する手段が少ないので、
中盤〜終盤、他プレイヤーのプレイを待つ時間が増える。
---その意味でも、コンボデッキ的部分が強い。~
もちろん使える環境次第ではあるが、ドロー/アクション追加が多い環境では、M:tG での MoMA や プロスブルームといったコンボデッキを相手にしている気分。~
全員同じことができるといえば、そうなのですが。

そういう意味で、特に M:tGのコンボデッキ好きに進めるゲーム、かな。
そういう意味で、特に M:tGのコンボデッキ好きに薦めるゲーム、かな。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
お名前: