日記/2010-02-24 の変更点

お名前:


**雑記:年寄りは頑固になる。 [#je9a4b42]
''とうとうネット広告費が新聞を超えた。テレビはどうなる?''~
http://japan.cnet.com/blog/wackey/2010/02/23/entry_27037630/

>これも脅威ではあるが、せっかく最新のフルスペックハイビジョン対応テレビを買っても、フルスペックハイビジョン画質の動画をリアルタイム(ストリーミング)でまともに見れるネット接続環境が整っている世帯が少ないと感じている。100Mbpsのホームタイプの光回線を引いている我が家ですら、たまに映像が途切れたりするからだ(配信側の問題かもしれませんが)。

こういうのを見ると、技術のしがらみにとらわれないということは、愚かしくもうらやましく、思う。

#region(→続きを読む。)

テレビとWebとの違いを知っていると、上記のような意見は非常にいいづらい。~
途切れるのは個々の世帯のせいではなく配信側なんだけど、技術的に限界があるのがわかってしまうから。

テレビでは、基本的にどれだけ多くの人が情報を参照していても、関係ない。~
なぜならば:テレビでの情報伝達方法は無線・電波であり、これは誰か一人に対して発行するものではないため。~
広場に集まった人に、拡声器で話しかけているようなものだ。~
声==電波が届く距離などの限界もあるにはあるけれど、こと通信の届く範囲であれば、それを聞いている人数には関係ない。

対してWebでは、人数が増えてくればさまざまにボトルネックが発生する。~
なぜならば:Webでの伝達方法はあくまでTCP/IPという通信であり、これは本質的には『一度には1人しか相手にできない』ものだ。~
もちろんシェアリングして『擬似的に』複数の相手と同時に話してはいるんだけど。~
言ってみれば、『話し手が大量の電話機を持って、つぎつぎそれを持ち替えつつ、それぞれの相手に対して話している』ようなもの。~
話し相手が増えれば増えるほど、話し手には負担がかかるし、当然聞き手には待ちが発生する。

サーバ側の対応速度を早く==サーバのパワーアップしたり。~
話し方を改善して短く語る==プロトコルやデータ構造を改善したり。~
電話の数を増やす==通信回線を強化したり。~
電話の数を増やす==通信回線や、内部的なサーバ構成による発進元の多元化などを強化したり。~
そういう、強化はしていくにせよ、本質的に『電波と同じようにするのは無理』なのだ。~
つーか、そーゆー観点からいうと、WebでフルHDの動画を流そうという発想自体狂気の沙汰に思える。~
減らそうよ。

だけど、これは『技術を知っているがゆえの、自分に課した限界』でもあるんだよね。

単純に『テレビをWebで置き換える』という命題を追求するためには、この限界はあえて取り去って語る必要がある。

・・・難しいねぇ。~
年寄りだから、どーしても『経験からくる限界』がでちゃうんだよね(^^;;;

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
お名前: