日記/2009-04-21 の変更点

お名前:


**雑記:QBミリム、メモ。 [#z9a59db3]

ミリムについては、友瀬はノータッチ。~
一ユーザーとして、ちょっとした補足の話。

ミリムは、おおむね旧邦訳『騎士』と同じキャラです。~
ただ、完全に同じと言うわけではなく、ちょっとした手が入っているようです。

#region(→続きを読む。)

違うのはこんな感じ。

-クリティカル対応。~
他の『旧NOVA作品→QBコンバート』同様。~
旧NOVA時代にはなかったクリティカルが、追加されました。
-パートナー戦闘用の(P)系コメント。~
これも他の『旧NOVA作品→QBコンバート』同様。~
-テキスト、一部変更。~
55『盾破壊』において、『防御しながら接近(56)』も恒久禁止されています。~
これは旧騎士では禁止されていません。~
--旧騎士では、盾破壊&武器紛失の両方が重なって初めて、防御接近が禁止されました。~
盾破壊のみ、武器落下のみでは、56は実施可能でした。


参考:~
http://www.flyingbuffalo.com/lwfaq.htm 内 "Man in Plate"~
拙訳:~
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tomose/lw/lw_EaA.htm 内 "Man in Plate"

いちおーは、バランス取りってところでしょうかね。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
----
**雑記:FBI内、LW FAQ改訂速報メモ。 [#yac43311]

追って表ページにも追記しますが。~
FBIのFAQに修正が入っています。

どっちかというと、QBで指摘されたことがフィードバックされたのかな、という感じの内容です。

#region(→続きを読む。)

挿入場所:Man w/short Sword & Dagger のFAQ。

"Man w/short Sword & Dagger"~
==旧邦訳『短剣戦士』~


>Q. What happens with the Man w/short Sword & Dagger throws his dagger at a character that does not have an extended range leg wound on p47?
>A. Add this line under the page heading:"If redirected to this page from P35, return to P35. "

翻訳すると:~
Q. 47ページが『遠距離足負傷』になっていないキャラクターに対して、
旧邦訳『短剣戦士』が短剣を投げた場合、どう処理すればいいですか?~
A. 次の文を、そのページ(訳注:47ページ)上部に加えてください。~
『もし35ページから移動させられてきた場合、35ページに戻ること。』

なお、このキャラはQBイルマの元データのキャラ。~
素直にやれば、イルマにも同様の処理が入りそうなところですが・・・
実はこの件については、すでにHJのQB用FAQに対応記事があります:~
『イルマが対戦相手に47ページに飛ぶよう指示された時、そこが得点のあるページで無かった場合、47ページに飛ぶ指示を無視して、本来のページの得点を適用する』となっています。~
最終的に本来のページに戻ってきているのは事実なんですが、ちょっと書き方が違うようです。

そういう意味では、Alfred氏直轄のはずのFBIのFAQのほうが、LW式のコメント・テキスト処理の本来の姿、というところでしょうか。~
・・・正直、あんまり美しくはないように感じてしまいます(^^;~
たった1キャラの特殊能力のために、
『47ページが遠距離足ダメージではないキャラの本すべてに』この行を書き込むわけで。~

まあ、言いたいのはたぶん、
『条件付きで戻る指示が、そのページ上部にあるとみなして処理して。』~
・・・ってことなんでしょうね。


----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
----
**雑記:幹と枝と。 [#t607eaa3]

先のFAQの話を書いて、ちょっと悩んだこと。~
FBIのFAQと、HJの記述との間のギャップについて。

#region(→続きを読む。)
QB/QG翻訳にあたって、HJの出した本誌内容・FAQ内容と、FBIのFAQ回答との間に差があるときがあります。~
例えば今のイルマの件がまさにそうで。

『無視する』というHJの回答に対して。~
『35から来たなら、35へ戻れ』というFBIの回答は、言い換えると、
『47へ行けというコメントは無視せず実施』なんですね。

今回の場合はたまたま同じ結果になっているけれど、一概にそうならないケースだって十分ありえる。~
現状一般的なLWキャラの遠距離被ダメージページは35か47なので、上記の結果は基本的に同じ結果になるけれど。~
もし特殊なキャラで、遠距離に更なる被るダメージがあった場合は、また微妙な状況になるわけで。


QBキャラ固有の話であれば、QB/QGはあくまで『元キャラの翻訳ではない』別キャラになっているので、違う性能であると解釈するのが正しいと思います。~
ただ、一般的な話がでてきたら、怖いな、というところ。

・・・まあ、ここで悩んでもしかたなくはあるんですけどね。~
困ったら、最終的にはFBI/HJに相談するしかないですね。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
----
**雑記:QB非公式オプションルールネタ検討メモ、2009春版。 [#s7758209]

そういえば、すっかりフォローを忘れていた件があるなぁ・・・~
備忘録的にメモ。

本館ページで公開している、
[[QB非公式バランス調整ルール>http://www2s.biglobe.ne.jp/~tomose/lw/queen/qbbooster.htm]]。~
QBユーミル&QGいんくまで枠を切ったあと、すっかり止まってます。~
その後それなりに本が出ているし、あきらかにひどいキャラもいるので、
改訂しないと。

せっかく思い出したので、おおざっぱにやることと方向性をメモっておく。

#region(→続きを読む。)

当然ここにあるのは、まだただの『検討中案』のレベルです。~
調整確認したわけではないので、誤解なきよう。

-メナス。~
--『弱め』位置にいるので、底上げネタを作る必要あり。
--弱めとなっている理由は、装甲の薄さと判定の弱さ。~
行動種類は割と豊富なのだが、装甲の薄さ故に
『相討ち→硬さの分、分が悪い』という状況になりやすいのがネック。~
特に呪いはコメント依存なので、相討ち==事実上一方的に負けになるのが苦しい。
--呪いは、きちんと当たれば硬さに関係なく数ダメージを与えられるので悪くはないのだが、持続時間の関係上、往々にして『元修正値が高い普通の攻撃』とそれほど変わらなかったりする。
--呪いは、きちんと当たれば硬さに関係なく数ダメージを与えられるので悪くはないのだが、持続時間の関係上、往々にして『元修正値が高い普通の攻撃』とそれほど変わらなかったりする。~
追い討ち用としてはいい性能なんですが・・・普通〜強いキャラは、その追い討ちできる状況にもっていく時点で、同等のダメージを与えられることが多いわけです。
---というように弱点はある程度わかっているのですが。~
それをスマートに直すことができないので、苦労しているというところ。
-アレイン。
--ぶっ壊れた強さ。引き下げを行わないとダメ。
--最低ライン:格闘術の修正値を、全体に2つ引き下げ。~
もともと判定有利気味な44/48/6が、無条件に使用できかつ『当たればクリティカル』という威力を持っているのが、バランスブレーカー。~
これでも44,48の成功ページには『格闘術+2』というコメントが存在しているので、まだクリティカルになる威力は残る。
--ボーラの威力削減。修正値ゼロに。~
これも同様:『回収』する必要があるために連射不能ではあるけれど、
これでも強い行動。~
2ターンの行動制限に加えて、その行動自体が高い攻撃力を持っており、わりとひどい。~
・・・ただ、これは妥協の余地はありか。
-アルドラ。
--強烈すぎる『石化』が怖いキャラ。~
これのせいで、ほとんどのキャラにとって『最大体力==5』のような状況になっている。
--ただこれは、これ以上はないキャラ特性ともいえる部分。~
これがなくなってしまったら、アルドラではない。~
これを『ひどくないけどそれらしい』性格に、弱体化させたい。~
・・・例えば『一撃死』ではなく『二撃死』にするとか。
-アンネロッテ。
--普通なキャラ。~
攻撃は多彩であり、中には強力なものもいくつかある。~
だが、モードの都合上それを自由には使えない。~
そういう意味で、バランスはとれている。
--というわけで、特に変更なしで。
-ミリム。
--旧世代の強キャラ。~
初期NOVA作品共通の、突きが弱く遠距離が苦手、という性格を持ってはいる。~
ただし、突撃と防御接近がそれなりに高い修正値を持つため、遠距離がまったく無理というわけでもない。
--対遠距離についてひとひねり欲しい気もするが、現状で妥協する。
--というわけで、特に変更なしで。
-いろは。
--実はあんまり使ってないので、どれくらいの位置にいるのか把握してない(^^;~
--数少ない回数での操作感覚では、案外普通なキャラ、か。~
微妙に重い動作もあり、無難な性能と考える。
--ともあれ、これは今後要検討。
-舞。
--これも案外普通なキャラ。~
--緊急回避が強いといえば強いが、これがあって初めて、まともな攻撃力を得られるというところもある。~
超必殺系も強いは強いが、これも『Max発動』という一手間がいるため、
それほど完璧ではない。
--というわけで、特に変更なしで。

こんな感じかな。~
ディズィーについては・・・発売後に、また。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
お名前: