日記/2008-08-17 の変更点

お名前:


**雑記:2008夏イベント結果メモ。 [#x5cdd4ff]

簡単に。~
おおむね、備忘録。~
サークル参加の土曜日分だけになっちゃいますが。

#region(→続きを読む。)

-夏にしてはすごしやすかった。
--暑いは暑かったけど、死ぬほどではなかった。
--いろんな理由で渋滞はすごかったらしい。~
だけど基本的にサークル席から動かない&電源不要ジャンルでは、あまり関係のない話。
---昨年に続き、東方の大爆発が主原因か。
---例の『荷物検査』に関わる話も多かった。
---うわさでは、TypeMoonがサークル側として参加していたっぽく。


KASU残党というか、ゲームとしてのLostWorldsとしては。~
『クイーンズブレイドの神通力がちょっと翳った?』という感じか。

-ゲーム系でのLW参加は、KASU残党だけ。
--カタログにはもう1サークルいたんだけど、結局違うものをだしていた。
-KASU残党訪問者にも、QBベースで入ってきた新しい人はほとんどおらず。
--別の言い方をすると、今回うちに来てくれた方のほとんどは、ある意味での常連の方。~
友瀬が顔を覚えている人。~
友瀬は覚えていないけど、挙動から『あきらかにろすとを買いなれている感じ』を受ける人。
---バックナンバーが多いので、初見の人はまず間違いなくそっちにも興味を支示す。~
逆説的に、そうでなく新刊だけを手にする人は『いつもの』でまず間違いない。
--その意味で、今回は画期的にバックナンバーの出が悪かった。~
なにしろバックナンバーを利用した人は、2組だけだった。~
そのうち一人は以前から『ろすと』を利用していた方。~
つまりKASU残党的な新規な方は、今回は1組だけってこと。~
・・・今までは結構でてたんだけどね。
--新刊を持っていく人==『いつもの』の人は例年よりも多いくらいだった。~
これはおそらく、お盆&土曜日という開催日程上のメリットか。


新規ユーザが現れないのは、ある意味でQBが始まる以前からの話ではあるんだけどね。


----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion

----

**創作:メモ:LWシステムにおける魔法の考察、仮1。 [#ac5b86e8]

昔どこかのビジネス系のサイトで読んだ記事で~
『説得メモと納得メモ』っていうのがあった。

-説得メモ==他人に説明・説得させることができるようなメモ。
--完全にできればすばらしいが、手間がかかる。
-納得メモ==自分が考えを整理・納得するためにつくるメモ。
--あくまで自分しかわからないレベルだが、作るのは簡単。

・・・以上の前振りをもって、今回の内容は『納得メモ』を作っている最中のレベル。~
当然まだ『自分でも納得できる形』にすらなっていないのだけど。

#region(→続きを読む。)

-LWシステムでは、いわゆる第二世代以降、魔法の位置づけが多少変わっている。
--具体的には:いわゆる単純火力・攻撃系の魔法が、割に合わなくなっている。~
昔の魔法は『命中部位に関係なく、消費したMPと同じだけダメージ』という Fireball の存在が脅威だった。~
MP10を持っている魔法使い相手では、少しでも傷を負ったら即死圏内だったわけだ。
---魔法行動には、遠距離54、近距離36と言った『当てづらい』行動が割り当てられている。~
『強いけど当てづらい』という、ある意味妥当な仕組みだった。
---だたし、そういう行動はもともと頭や胴に当たりやすい。~
つまり通常打撃技でも修正値+5もあれば実現できる。~
そして昨今のLW本では、使いやすい行動番号で修正値が+4以上、というものもそう珍しくなくなった。~
相対的に、直接火力という点においての魔法の価値は下がっている。
---また、Tactics・Luckといった『特定の行動を必要としない』,~
そして魔法が使えないキャラでも使える強力な『おまじない』も増えている。~
相対的に、魔法の価値も下がってきてしまっている。
--もちろん、魔法でしかできない、強力な効果はいくつかある。~
特に長期的な強化・妨害・防御といったことは、かなり豊富。
---まあ考えようによっては、それらしくはある。~
いわゆるRPGの場合魔法使いには
『範囲攻撃』『特殊な損害』など、通常の打撃では実現できないことが期待されている。~
『対単体戦闘』が基本となるLWでは、特殊効果に注目するのが基本になるだろう。

-ともあれ、こと単純攻撃魔法を考えた場合、現状のFireballの効率はかなり悪い。~
--ゲームバランスを考えると、ほとんどMPを使わない魔法もあってしかるべきだろう。~
極端な話、ほとんどのキャラは『MP消費ゼロで修正値プラス』の行動をもっている。~
そういうレベルの魔法が使えたっていいだろう。
---個人的には、これ自体にはあまり不満はない:~
なにしろ大昔作ったオリジナルRPGでは、~
『盗賊がMP類を使わずに鍵を開ける』ことができるように、~
『剣士がMP類を使わずに普通に剣を振り回す』ことができるように、~
『魔法使いはMP類を使わずに基礎魔法は使える』ようなものを作っていた。~
--逆にいうと、MPを使う魔法は、それ相応に強力にするべきだろう。
--QBでいうところのメルファあたりも困りどころ。~
『MPを使わない魔法』というのは、やはりいろいろと気持ちが悪い。
-1つの行動でいろんな結果を選べるという柔軟性が魔法の武器、という考え方もできる。~
柔軟性に対するデメリットとして、MP&事前選択準備という『使用制限』がかかっていると考えれば、ある意味で妥当。~
だけどその事前選択ゆえに、そこまで融通が利く必要はあまりないんだよね。~
柔軟性に対するデメリットとして、MP&事前選択準備という『使用制限』がかかっていると考えれば、ある意味で妥当。
--行動数が限られているLWシステムとしては、ある意味で便利な仕組みではある。
--だけど事前選択の仕組みゆえに、かえって融通が利くメリットはなくなってしまっていると思う。




----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
お名前: