日記/2017-04-05 のバックアップ差分(No.1)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
#author("2017-04-05T21:13:35+09:00","-","-")
**雑記:後列&コンビネーション技の検討中。 [#f60adf1a]

表記、
多人数戦向けキャラの検討をじわじわやっているのですが。~
そのあり方について模索しています。

LWシステムの『行動はすべて番号に割り当てられている』ということに絡んで、
どう実現しようかと迷っている、というところです。

#region(→続きを読む。)
例えば、[[先日の日記>日記/2017-03-05]]で挙げた『味方を踏み台に使うような』攻撃。~
これを実現するためには、後列のキャラクターにこんな行動を作ることが必要になります。

|>|行動名|ページ|修整値|
|コンビネーション|ハイジャンプダウンスイング|36|+5|

後列が交代して前列に出るときに、この行動で入ってこれる、ということですね。

ただこうすると、二律背反的な問題を生むんです。

+『交代攻撃』時の選択肢の狭さ。
--交代時にこれしか使えないと、読まれてしまって当たらない。
+通常行動時の、選択肢の狭さ。
--もし上記を『交代時専用』にしてしまうと、自分が前列のときにできる行動が減ってしまう。

わかりますかね?

上記の前者を解決するには、少なくとも交代攻撃に2つのバリエーションが必要になります。~
ある行動への対策行動に対して『当たる』、裏の選択肢がいるわけです。

ですが、そのように2枠以上をコンビネーションに割り当てると、その分通常時の幅が減ってしまう。~
LWシステムの『行動番号』方式ゆえに、1キャラには36個しか行動がないのです。

コンビネーション攻撃を得手とするキャラ(たち)が、それを封じられるとその分弱くなる、というのもある意味リアルで悪くない選択肢ではあるのですが。~
安易にそれをおとしどころにしたくない、というところ。~
LWシステムの仕組み上、『じゃんけんで勝ってもメリットが少ない』のと、『じゃんけんの手が出せない』のとでは、雲泥の差があるので。


ともあれ、行動番号の数の話となると、本質的には
『コンボ時/通常時の両方で使用してよい行動』にして行動番号を稼ぐしか手はなさそう。~
とはいえ単純に同じにしてしまうと『コンボ行動』らしくない&コンボゆえの味がないので、コンボ時には何か有利にする仕組みはいる。
あとは、その具体的な手段とか条件とかの話。


例えば、こんな例。
-以前の日記でいうところの「静的」コンボに関連。~
『かがんだ前列の背中に飛び乗って、高い位置から攻撃』というような行動。
--通常状態でも、ジャンプ(18)後には実施してよい、というつくりにする。~
-立花兄弟スカイラブハリケーン的コンボでも、似たようなことは不可能ではない。
--普通の『突撃』よりも、『スカイラブ突撃』のほうが強ければいいわけで。~
単純に修整値を大きくするとか、『スカイラブ時はxxに行く』的コメントで判定変更するとか、手はある。




なんとなく、『後列キャラは、後列でどこまで・なにをやっていいのか』の話にもつながりそう・・・


----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion


お名前: