日記/2008-02-23 のバックアップの現在との差分(No.2)

お名前:


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**こういうのをきちんと罰するのが正しい。 [#rae56346]
''2008/02/21-13:06 アニメ5700本流す=4年前から、「感謝されたい」−会社員ら追送検・京都府警''~
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008022100497

これが友瀬が以前にも言った、『無料で置いている人だっているよ』の具体例。~
もちろん犯罪には違いなく、これは厳しく罰するべき。

だけど、これによって『これのせいでDVDが売れなかった、もしこれがいなかったらxxx円が見込まれる』云々というのは、どう考えても成立しない。~
無料だから見た、有料だったら見ない。~
そういう人のほうが普通だと思うよ。

----
**洋の東西を問わない無茶。 [#w1d8c7da]
''「日本アニメの実写映画化」にハリウッドが興味を示す理由 (1/2)''~
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/14/news041.html

前にも[[似たような日記>日記/2007-11-26#la9dd4f6]]を書いたけどさ。

実写化自体は、いいのよ。~
問題は、その原作選択の悪さにあるわけで。

例えば実際に実写化したと書いてある MONSTER みたいな作品は、まさに実写化していい作品だと思う。~
だけど、AKIRAやドラゴンボールあたりは、どー考えても違うと思う。

ましてやハリウッドの場合、親近感を得るために原作を捻じ曲げてアメリカを舞台にするようなことを頻繁にしてしまう。~
それは原作の実写化じゃなくて、原作をヒントにした独自ストーリー。~
これも絶対に悪いとは言わないが・・・原作ファンから見れば、正直苦痛だろう。

----
**残留電子をどうこう、ってことかな。 [#xdfba7c8]
''プリンストン大学,電源を切ったPCからHDD暗号鍵の取り出しに成功''~
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080222/294465/

セキュリティ関連の機能検討なんかもしている身としては、結構嫌らしい技術。~
いろいろと条件が厳しいようなので、まだ警戒する必要はないとは思うけど、油断してると一気に成長したりするからな、この手の技術って。


----
**LW:第一世代が常に弱い? [#a60ddbf8]
LWの世代間ネタ。

この世代格差については今までにもいろいろ取り上げていますが、そこでの友瀬の意見は~
『第一世代は第二世代に理不尽に負ける組み合わせがある。~
 だから、第一世代を底上げしないとならないね。』~
・・・となっています。

でも、本当にそうなのでしょうか?

実は逆のパターン:~
『同じ条件でぶつけると第二世代のほうが理不尽に負ける』ケースも存在しています。~
例えば『48同士の相打ち』。~
同じ行動の相打ちですから本来は互角の結果になるのが適切です。~
が、『第一世代の48vs第二世代48』をぶつけると普通、第二世代のほうだけが一方的にダメージを受けてしまいます。~
他の例では『第二世代38vs第一世代32』。~
10vs2のケースと逆の形で、第一世代側がパリー、第二世代が一方的にダメージをうけてしまいます。

友瀬がこのケースに対してあまり文句を言っていないのは。~
別に『第一世代があるべき姿だから云々』なんていう理由ではなく。~
以下に示すようなゲーム的な理由があるからです。

ポイントになるのは、LWのキャラクター達のもちうる行動の種類傾向。~
LWでは近距離に24種類の行動が存在していますが、1キャラがこれらを全て兼ね備えることはあまりありません。~
例えば『行動26は普通盾用』『フェイント的攻撃はある程度軽い武器&知性のあるキャラ』・・・というように、それらしく割り当てられるのが普通だからです。~
ですが逆に『この行動は普通誰でも持っている』というモノは結構あります。~
単純なスイングや突きなど、ですね。~

で、ゲームとして考えた場合。~
普通にバランスをとるためには、どんな行動もこれらの『普通使える行動』のどれかで返せるようにしておくべきでしょう。~
なにしろそうでないと、『一部のキャラにとって、その攻撃は絶対に返せない』ものになってしまうからです。~
特定キャラの『必殺技』的なものならともかく、多くのキャラの特定行動番号を、あるキャラは絶対に返せない、というのでは、おかしい/きびしいですよね?

で、最初に戻りまして。~
第二世代vs第一世代の行動つき合わせていくと、確かに第二世代が不利になるケースはあります。~
が、それは『無理にその不利なケースを選ばなくても、汎用的手段でどうにかできる』パターンが他にあるのです。~
例えば第一世代の48は、第二世代は2で有利に返せます。~
第一世代の32は第二世代の10で同様に。

逆に言うと、第二世代パターンについて友瀬が文句を言っているのは、上記のような『汎用的な返し方』がないパターンについてのみのつもりです。

お名前: