日記/2011-10-22

2011-10-22 (土) 09:51:30 (2889d)
お名前:

雑記:D&D4e:創造系パワーと召喚パワー

友瀬が最近 RPG仲間たちと遊んでいるのは、D&D第4版です。
D&Dでは、キャラクターが使えるパワー(魔法や格闘術)はレベルアップ時の選択式です:レベルアップ時に取得できる数が決まっており、例えば『火の玉』を選んだら同じレベルの『雷撃』は覚えられません。この結果、選んだパワーによってキャラの個性・できることが特徴付けられるようになっています。
現在のキャンペーンでは、友瀬は『『異世界から怪物を呼び出し・操って戦う』ようなタイプの『召喚型ウィザード』を使っています。

召喚型は、よくある『一発威力はあってもワンショットで効果が終わる』飛び道具魔法と違い、地味でも継続的に・柔軟に運用できる兵力が便利・・・
・・・じゃないかな〜、と友瀬が思って選んだものです。
で、D&Dにはこれと似たような継続的魔法に『創造』タイプのものがあります:持続的に場に存在する毒雲や炎の壁を作るような魔法。
これらは似てもって異なる部分があるので・・・自己分析の意図をもって、メモ。

あ〜。さすがにこれ以上詳細に D&Dの説明は手間過ぎるので。
以下、D&D4th をある程度知っている前提にて、ご容赦を。

[+]→続きを読む。
お名前: