日記/2008-08-11

2008-08-11 (月) 21:50:42 (4140d)
お名前:

主張:同じエピソードを見ても、人によってとり方がちがうんだね。

チャーチル「日本にこれほどの力があったのならもっと早くいってほしかった。日本人は外交を知らない」
http://www.asks.jp/users/mechag/187345.html

チャーチルの時代だから、第二次大戦前〜初期ころのエピソード関連。
上記文章内にある下記エピソードと、それに対する上記文章の著者のコメントを読んで思ったことが、この節のタイトル。

日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。しかし、これでは困る。反論する相手を捩じ伏せてこそ政治家としての点数があがるのに、それができない。それでもう一度無理難題を要求すると、またこれも呑んでくれる。すると議会は、いままで以上の要求をしろという。無理を承知で要求してみると、今度は、笑みを浮かべていた日本人はまったく別の顔になって、「これほどこちらが譲歩しているのに、そんなことをいうとは、あなたは話の分からない人だ。ことここにいたっては、刺し違えるしかない」といって突っかかってくる。

(以上、上記リンク先より抜粋)

これを読んで、あなたはどう思うか。

友瀬は少なくとも、この記事の著者の意見とは、合わなかった。

[+]→続きを読む。
お名前: