日記/2008-03-16

2008-03-16 (日) 18:44:08 (4267d)
お名前:

アンケートの不思議。

「腐女子」まだまだ認められず--女性の部屋にあると引くもの1位は「萌え系グッズ」
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20369406,00.htm

友瀬的には、ここに挙がっているもののどれがあっても『引く』なんてことはないだろうな。
友瀬はいわゆる『オタク』に分類される人間だし、それゆえに他の人の趣味には寛容だと思う。
つーか、友瀬の部屋もすごいことになってるしな(笑)

結局アンケートなんてのは、どこで集めるか・入力者のサンプリングが大きな要素なわけだ。
同じ質問であっても、例えば『渋谷109前』と『新宿アルタ前』、違ってくるだろう。
東京ビッグサイト入り口で取ったとしても、『ビジネスショウ』と『夏冬のマンガ祭り』、どちらが開催されているかで大きく変わるに違いない。

このアンケート自体は、事実であり間違いではないだろう。
ただ『gooアンケート』によるこの結果は、goo利用者というフィルターがかかっているわけで。
もちろんオタク自体の人口比率というのもある。
そしてまったくの私見だが、いわゆる『オタク寄り』の人がgooをどれだけ使っているかというと、かなり疑問。
さらにそういうジャンルにいる人の多くは友瀬のように『他者の趣味に寛容』である可能性があり、こういうアンケートをまったく無視する可能性もある。

そういう意味では、アンケート回答者の趣味との組み合わせを含んだ分析が欲しいかな、と思った。


これも『近頃の若い奴は。』の世界。

いわゆる2chコピペブログへのリンク。
今の小学生は異常。いくらなんでも進みすぎている。後DQNが多い:VIPPERな俺
http://news23vip.blog109.fc2.com/blog-entry-829.html

上記より抜粋。

・普通にヲタ漫画やヲタゲームを知っている。
・ネットでアニメ・映画などをただで見まくり。普通に小学一年生がいる某動画サイト
・エミュやりまくり。小学生が親子そろってエミュ三昧。
・秋葉原に行きまくり。エロゲや同人を買う。
・2ちゃんねるやりまくり。今小6の奴は小学生3年の頃から見てたんだと
・なぜか女の子なのに少女漫画を読まずに少年漫画とかヲタ漫画を読む中川しょうこ的な奴。
婦女子でも良いが、せめて18からにしてくれ。
・なんで小5や小6がが携帯持ってるんだよ。俺でも持ってないのに。
・学校に漫画やゲーム持ってくるなよ。常識を考えろ。親いったい何してんだ?
注意したら苦情がくるし・・。後携帯も持ってくるな

なぜこうなったのでしょう。少なくとも2~3年前の小学生はこんなんではなかった

これも結局サンプリングの世界。
『Webを見て、Web上の情報を拾う』ことが普通になっている人間からみれば、サンプリング対象として拾うのはどうしても『Webを見ている』小学生であって。
こういう子供が増えている、というように思ってしまうのは仕方がないところはある。
ただどうあれ、友瀬個人的にも、確かに小学生くらいから2chあたりに染まってしまうのはどうかな、とは思う。
Web世界は結局『善悪の境界』が非常にあいまいで。
何が悪いのか正しいのか、そういうモラルの基礎ができないうちに近づいてしまうと、あまりよろしくないことになると思う。

また、可能性として。
なんとなく上述抜粋記事は小学校教師のコメントのようにも見えるので、もしかしたら、ある程度一般的な事実なのかもしれない。
そういう意味で、多少は警戒・考察が必要な事実ではあるだろう。
特に、これも上述から読み取れるが、どうも親側に依存するところもあるように見える。
『親子でエミュ三昧』とか『携帯』『ゲーム機』あたりね。
もしかしたら、いわゆる『2chの感覚が当たり前』となっている人が親となって、子供をそういう風に育ててしまっているのかもしれないね。

Webでは、実際にリアルの要素が危険にさらされることがまずない、というのも大きな問題だろう。
リアルだったら、危ない情報に近づこうとしている人を見たら『あの街/区画は危ないから近寄らないほうがいい』と警告することもできるし、近づく側にしても本当に身の危険を感じて逃げるだろう。 だがWebでは少々近づいたとしてもそれに伴うリスクは極めて低い。
またそもそも、それに近づいているということを他の人が察することも難しい。
いわゆる『チャイルドフィルタ』も、結局設定するのは親であり。
前述のような『2ch世代の親』が、どこまでそれを行うのかは、かなり疑問。

なかなかに難しいものだ。

参考までに。
友瀬の小学生時代、学校にマンガを持ち込むこと自体は怒られる行為ではなかった。
実際少年ジャンプあたりは人気があったし、結構年配の先生でもその話題に付き合ってくれた。
結局はただ『それを授業中に見ない』ことが重要であって。
携帯電話、ゲーム機にしたって同じことだろう。


振り返って、小学生が読むべき作品があるか?

直前の話題に連なって。

今の少年ジャンプで、小学生が本当に楽しく読める作品がどれだけあるかは、疑問に思っている。
ギャグにしてもバトルにしても単純な作品はほとんどなく、どの作品もドロドロ・陰湿なものを内包していると思うのは、友瀬だけだろうか?
もっと素直な、バトルであれば素直な爽快感を持てるような、ギャグであればもっと素直に笑えるような、そういう作品は要らないだろうか?

まあ、連載が長くなるとどうしてもシガラミがでてくるので、難しいのはわかる。
今連載している作品であれば、ナルトだとかワンピースなどは、初期はスマートな快作だと思っていた。
だけどこの二作、今は正直小学生にはどうか、と思う。
特にナルトはドロドロしすぎの状態。
同じような傾向は、BREACHやRE-Born、D.Graymanなどにもある。
まあ、Dグレは最初からどろどろだったともいえるけど(笑)

ともあれ。
時代だなんだと言うのは勝手だが、それは『成長した大人から見た時代』であって、それを学んでいる最中の子供には適切な『階段』を置いてあげなければならないと思う。

お名前: