日記/2008-01-24

2008-01-24 (木) 23:53:53 (4259d)
お名前:

サーバー接続が切れていました。

本日9:30ごろ〜19:30ごろまで、tomose.dynalias.net は死んでいました。

まあ、見えた今書き込んでも通知の意味にはならんのだがな〜(^^;

ちなみに死んでいた理由は、
『家族の暖房過多によるブレーカー落ち』です(笑)

サーバーPCにはUPS積んでるんだけどね〜。
ADSLルータはUPS対応させてないんだよね〜。
接続が切れちゃうので、友瀬が帰宅しないと復旧できないのですよ(^^;;;

ブレーカー落ちしたのも、単純に不注意だけみたいですが・・・ ここ最近、というか年単位で起きてなかった現象なので、ちょっと事情聴取と漏電警戒をしたほうがいいかもしれない。


アミバ〜!トキ〜〜!

子どもの名前はケンシロウ アルファルファモザイク
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51223010.html

こんな出会いがあるんだなぁ・・・
世の中って広い。

なんといっても、馴れ初め説明に便利すぎる。
普通の相手には
『痴漢にあってたのを助けたんだ/助けられたんだ』で、いい感じじゃない?
でもって、北斗世代には詳しく語れば、バカ受け間違いないわけで。


LW豆知識:スコアと装甲と敏捷度

LWにおけるダメージは、各ページに記載されたスコアによって大体の値が決まります。 当然、頑丈な鎧を着ていればダメージは受けづらく、薄ければ致命傷を受けやすい。

で、ここでも、鎧によって大体どういう結果になるのかは決まっています。
一般的な人間の場合、以下のようになります。

  1. 直撃系のページは、以下の値が基本スコアです。
    • 頭(7ページ)は、スコア8。
    • 胴(53ページ)は、スコア6。
    • 足(13ページ)は、スコア5。
    • 腕(31ページ)は、スコア4。
    • 上記に対して、その部位にある鎧の材質による補正がかかります。
      • 鎧なし、せいぜい衣服程度:±0
      • 皮鎧レベル:−1
      • 鎖かたびらレベル:−2
      • 板金鎧レベル:−4
  2. バランスを崩す(19ページ)はスコア0が基本。
    • 鎧なしだと+1、板金レベルだと−1程度の補正がつきます。
  3. ノックダウン(41ページ)はスコア0が基本。
    • ここにはキャラクターの敏捷度というか体格による補正がかかります。
      ヘビー級だと+1、軽量級だと−1。
  4. 受け流しや防御といったページは、装備による。
    • 標準的サイズの片手武器なら、−4が基本。
    • 両手もち武器や、大型の盾なら−5。
    • 小型武器なら更に小さく。ナイフで−2級

もちろんキャラクターによっては、更にいろいろな補正はかかるようですが、おおむねこんな感じ。

例えばリスティの元キャラは『ブレストプレートのみのゴブリン』。
いわゆる生体皮鎧のある手足は-1相当、胴はブレストプレートで-4となっています。
レイナ元キャラは、チェインメイル完全装備なので全体に-2相当。
イルマはの元キャラは頭にターバンで-1、残りは服のみなので生値。
とまあ、こんな感じです。

#『ろすと』キャラがスコア高いと指摘されることが多いのは、頑丈な防具を着ている人が少ないからなんです(^^;;;

よく格闘・白兵戦がらみで話題になる『当たる直前/触れたとたんに微妙にひねり・移動をして芯をずらす』なんてのは確かに反映されていて、 鎧の割りにそのページの得点が低めのキャラもいないことはないですが・・・ 基本的にはそういうキャラの場合は、そもそも直撃ページに行かないようになる、というのがLWシステムです。
よくわかる例として、24(ダウンスイング)vs20(身をかがめる)のケースがありますね。
動きが鈍いキャラがこれを食らうと7とか53とかのページに行くのに対して、素早いキャラは19ページに行くことが多いです。

まあ他の項目同様、このあたりも第二期以降ではぐだぐだなんですが。

例えば FlamingCherry/エキドナの得点ページはあきらかにおかしい。
あれだけ肌が見えるかたちで金属鎧クラスの硬さは、反則と言っていい。
メルファあたりもかなりひどい:テストプレイ用のデータを最初に見たとき、 『装備欄に鎧の記載がないですけど、Chainmailあたりですよね?』って聞いたくらい硬い。
『いいえ、全身タイツみたいな感じの予定です。』って言われたときには結構頭を抱えました(^^;;;


LWで格闘ゲー、番外編

上記の得点の話を書いたのは、この話が書きたかったから。

LWシステムで格闘ゲーをやろうとするとネックになるのが『ガード』なんです。
何が問題かというと、『ガード成功時』に開くことになるであろうページにつけるスコア。
『短剣』という武器を使っても、受け流しページはスコアは−2。
では、素手で受け流すのは、いくつにすればいい?
というか、例えば『腕でガード』ってのは、腕への得点ページじゃないのか?
・・・っていうようなところ。

まあそもそも、格ゲーのキャラたちでは、防具に相当するものを身に着けているほうが珍しい。
攻撃自体も素手ですから、その威力をそもそも小さくして、例えば
『パンチの修整値は-2、胴のスコアが防具なしで6、だから4ダメージ』
・・・くらいならおかしくない。
で、そんな攻撃なら、ガードページも−1とか±0とかでもいいかな・・・とは思います。
意図して受けている分、行動制限は少なくして。

ちなみにDragonAttack!では、ここまでに書いたことに遵守したデータになっています。
だからビリーやバルログと言った武器持ちや、ブロッケンのような機械の人を作ったってのもあるんですが・・・ほとんど裸のバルログの打たれ弱さといったら、もう(笑)

お名前: