日記/2008-01-18

2008-01-19 (土) 00:10:37 (4261d)
お名前:

目に入れるもの、2題。

目から猫。

ハローキティのコンタクトレンズ
http://www.gizmodo.jp/2008/01/post_2912.html

いやまあ、いれるのは勝手だけどさ。
これ、実際にしてる人がいたら、結構途方にくれるよな(^^;

例えば、彼女といい雰囲気になって見つめあったと思いねぇ。
彼女の瞳を見つめるあなた。
彼女もこちらをうっとりと。
・・・そして、彼女の目の中からも見つめ返すモノが(^^;;;;


スカウターはもう古い・・・らしい。

眼に入れても痛くない(らしい)コンタクトレンズ型ディスプレイ
http://japanese.engadget.com/2008/01/17/researchers-put-circuits-on-contact-lenses-freak-out-rabbits/

スカウターというか、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の将来の形、なんでしょうな。
さすがに現時点では解像度も粗そうだし、まだまだ未来の話でしょうが。

ただ・・・個人的には、使えないアイテム、かなぁ。
友瀬はやっぱり古い人間で、目に異物をねじ込むってのは生理的にダメ。
現在のただの板切れレンズですらダメなのに、中に機械が入ってるレベルになるともー。

友瀬的には、現時点でのHMDが更に進化してくれるだけで十分です。


なぜ自動車販売数が減ったか。

深刻な若者の車離れ 国内新車販売25年ぶり低水準
http://www.j-cast.com/2008/01/17015600.html

もちろん友瀬は、この分野の専門家ではない。
だけど、減って当然だよな、って思うよ。
上記記事で挙げられている分析・・・

低迷の背景について、自販連は、消費者の嗜好多様化▽賃金の伸び悩み▽人口の高齢化▽ガソリン価格の高騰――と分析している。とりわけ深刻なのは若者の車離れだ。若い世代は新車よりも携帯電話やインターネットへの出費を優先する傾向が続いている。

・・・これは真理もあるが、ぼけているところも多いと思う。
とりわけダメな分析は後半:別にインターネットとかを優先しているわけではないのだ。
考えてみよう:携帯電話契約とADSLor光を接続、両方したって一万円程度で十分いける。
でも都内で駐車場を借りようと思ったら、この額では無理なわけで。

・・・これ以外にもいろんな要素が、すべて自動車を排除する方向に向いているように思える。
都内に住んでいる友瀬の感覚だと、この近辺で自動車を使おうとするとこんな感じの問題に突き当たる。

  • 普段置いておく駐車場が高い。下手をすると、ちょっとした部屋を借りられるくらい高い。
  • 外出先での一時駐車の場所がない。本質的に場所がなかったり、あっても高額だったり。
    • 駐車場の空き待ちをしている間に、買い物ができるくらい困る。
  • 自動車を使わなくてもすむくらい、交通網が発達している。
  • 生活コストが高い。安価な公共交通を利用したほうが生活に優しい。

東京以外でも、ある程度の大都市では似たようなもんだろう。
なんだかんだ言って若者は都会を目指すわけだし。

もちろん地方ではまた事情はいろいろと違うだろう。
生活のために脚としての車は必須で、しかも土地はあって駐車場に困らない。
だけど逆に、賃金格差は効いてくるんじゃないだろうか。

お名前: