日記/2008-01-09

2008-01-09 (水) 17:23:10 (4272d)
お名前:

年が明けたら、みょ〜に忙しい。なんでだろ。

危険運転とはなんなのか。

業過致死傷で懲役7年6月=元市職員の危険運転認めず−3児死亡事故・福岡地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080108-00000038-jij-soci

一応「量刑上限」だったみたいだけどさ。
いいかえると、3人殺してひき逃げして、たかだか7年なんだよね。

でもね。

追突直前に衝突回避措置を取った点を挙げ、現実の道路や交通の状況に応じた運転操作をしていたとして、「正常な運転が困難な状態にはなかったことを強く推認させる事情」と断じ、危険運転致死傷罪の成立を否定した。 

(上記リンク先記事より抜粋)

これ、おかしいでしょ?
「正常な」運転ができる人間が、なんで「ひき逃げ」をするのか。

人間はミスをする生き物。
「人をひいてしまう」こと自体は、飲酒の有無・注意の有無にかかわらず、ミスから起こりうる事象だと思う。
だから、決して無条件に許されることではないけれど、そのミス自体に対して重罪を問うのは間違っていると思う。
だけど、人をひいてしまった後、そこから逃げ出すっていうのは意味が違う。
そこには確実な「悪意」があるはず。
なにしろその人は「ひいてしまった相手の状況」を見ることもなく、「ひいてしまった相手の受けている、もしかしたら死に至るかもしれない痛み」よりも「自分が受けるべき罰==痛み」を重視している。
つまりひき逃げというのは、実は「ひいた相手に対する、これ以上ない危険行為」として判断するのが正しいんじゃないだろうか?

もしひいたことを知らずに逃げたとしたら、それはそれで「正常な運転」はできてないわけで。
何が原因だかはわからないが、彼の運転は「危険行為」ではないのだろうか?

そうあわせて考えると、今回の判定には大きな疑問を感じる。


広い広いデスクトップ。

Alienwareからゲーマー向け超ワイド曲面ディスプレイ、解像度2880 x 900
http://japanese.engadget.com/2008/01/07/alienware-2880-x-900-dlp/

ゲーマー向けとか言ってるけど、デスクトップは広くて困ることはあんまりない。
ゲーム以外でも

  • 複数のソースを同時に眺める
  • 設計ドキュメントとソースの並列
  • 開発ドキュメントと評価文書との比較
  • 資料と作成中文書の並列
  • お絵かき中、パレット・サムネイル画面と実際の作業窓

・・・などなど、広い画面が欲しいケースは山ほどある。

まあ、あんまりお値段くうようだとマルチディスプレイのほうがいいんだろうけどな(笑)

ちなみに同様の意味で、友瀬はここ数年流行の「タブブラウザ」っては、相性が悪いようです。
タブブラウザは、複数の窓を同時に見ることが「副次的」使い方になっているのですが、これが友瀬には、あまり使い勝手がよくない。
友瀬は逆に、複数の窓を比較オープンすることがかなり多いので、標準的に複数窓を開く前提のモノのほうが、使い方にあっている。


こういうセンスは見習いたい。

何か、特別なものを感じる「Amadana」の取扱説明書
http://www.gizmodo.jp/2008/01/amadana.html

馬鹿すぎる(笑)<ほめ言葉


でかい国は、やることもでかい。

もはや本物といってもいいラジコン戦闘機
http://www.gizmodo.jp/2008/01/post_2890.html

6.5分の1スケールっていう時点でそもそも何かおかしいと思いますが、その動力を見て、なんかちびりそう(笑)

2機のジェットエンジン

・・・2機のジェットエンジン。

・・・そりゃあまあ、サイズがサイズだからそうなるんだろうけどさぁ・・・

お名前: