日記/2007-04-13

2007-04-13 (金) 14:06:18 (4596d)
お名前:

夏に向けて、「ろすと」新作の忍者、データ構築中。
で、関連した情報メモ。

LWでの忍者というと、日本でも邦訳のあった『忍者/Ninja with ninzya-to』。
ですがこれ、現在のLWシステムからみるとかなり鬼っ子になっています。
なにが、というと、このキャラクターの最大の特質であるギミックカード。
これ、現時点のLWではかなり立場が怪しいのです。

現在のLWでは、こういったカードはすべてファンタジーカードとして作られており、 昔のカードも多くはその体裁に作り直されています。
例えば昔の魔術師/Fighter-mage with Magic Swordの持っていた魔剣・Aeyavolaineも、 FantasyCard #4 としてリメイクされています。
で・・・友瀬自身が持っている情報ではないのですが。
海外コレクターの情報を見ると、忍者のギミック系カードと同名のファンタジーカードがいくつか存在しています。
しかしそれらはギミックではなく「Tactics」にカテゴリされており、しかも例えば「身をかわして、ダメージを受けなかったら使用可能」というようなものになっています。
別の言い方をすると、これらの新ギミックカードを使用するのに「ギミック」行動は必要ありません。
そう、いまや忍者のギミックは、ポイントさえ足りれば、剣士などでも使えるものになっているのです。

公式のFAQを見ると、
『同じ名前の2つのカードがあった場合、新しいカードのほうを優先して使ってください。
ただし同時に、特に明示的に抹消されていない限り、あなたが望むならば昔の使い方で続けていてもかまいません。』
とあります。
ですから、昔の忍者は新しいファンタジーカードを「昔のギミックと同じように」使う古いギミックカードを「新しいファンタジーカードと同じように」使うことは不可能ではありません ・・・が、正直いろんな意味で使いづらいところがあると思います。

というわけで。
今回の「ろすと」ではこれらをどう扱うか、微調整中。
一応新しい仕組み(ファンタジーカード)に準じたいですが、 そのままではあまりに味がないので・・・

お名前: