日記/2014-03-03 の変更点

お名前:

**ホムAI:Sホム向けのGlenelg暫定バージョンアップ。 [#x19c2c66]

何年越しで保留されていた「Sホム」が、3月に実装決定した様子。~
というわけで、とりあえず上記の通り、改訂版:Ver0.51 をリリースしました。~
実に7年ぶりのバージョンアップ(笑)

今回のバージョンアップは、~
『Sホム対応した』というよりは、『Sホムが来てもAIが止まらない』という内容のものです。~
ついでに言えば、Sホムではない通常ホムを使い続ける限り、
あえてバージョンアップする必要はありません。

以下、詳細。

#region(→続きを読む。)

まず、散文的にダイジェスト。

-前述の通り、基本的な対応は『Sホムが来てもAIが止まらない』というものです。
-もちろん、現状実際に来ていないので、当日以降多少の追加変更が発生する可能性はあります。
-Sホムに進化させる場合、ユーザーによる ini ファイルの編集が必須です。
--編集しなくてもとりあえず動作はしますが、いわゆるオートスペル的なスキル使用はしません。

ちょっと踏み込んだ、具体的な作業。

-Sホム対応の1つの課題が、Sホムが持っているスキルがわからない、ということ。~
[[参考記事>日記/2012-10-05#yb50b333]]
--例えばバニル経由版なら、どのSホムであってもカプリスを使用できる。
--Sホムのスキルばかり使うという選択肢もあるにはあるが。~
例えば「基本白兵戦限定のエレノアが、
タゲ取り・対高DEF用途でバニルのカプリスを使う」など、
特徴的なことはできるはず。
-この課題に対する Glenelgの現状の対応については、以下の方針とした。
--とりあえず、Glenelgの中でホム種別に基づいて動作を切り替えている部分は、
別途 iniファイルで指定する情報に基づいて動くようにした。
---例えば『バニルだから、カプリスを使う』と判断していた部分は。~
『iniファイルで攻撃スキルにカプリスを指定されているから、カプリスを使う』という形に。
--Glenelg ではホムの種類ごとの振る舞いは ai_option_xx.ini ファイルで定義している
(xx 部分はホムの見た目に対応するID)。~
これにSホム用のファイルも作る。
--上記Sホム用の ini ファイルは、実際には『空白』の内容とする。~
Sホムを作ったプレイヤーは、その元となったホムのiniファイルの内容をコピーペーストする。
---例えば、進化バニル(id 16) をエイラ(id 48)に進化させた場合、
ai_option_16.ini の内容を  ai_option_48.ini に貼り付ける。
--ai_option_xx.ini には、用途別に3種類のスキルを登録できる。~
『攻撃スキル』『強化スキル』『治療スキル』。~
もしSホムのスキルを使いたい場合、当該スキルのIDを ini ファイル上で編集することで対応する。
---例えば上記『バニル→エイラ』の場合。~
単純にiniファイルをコピーペーストするとその時点では『バニル動作』する設定なので、~
攻撃スキル:カプリス~
強化スキル:なし~
治療スキル:カオシックベネディクション~
・・・となっている。
---望むならば、上記の攻撃スキルを書き換えて、『攻撃スキル:イレイサーカッター』に書き換えればよい。


とまあ、かなり手動設定することになるんですが、現時点ではわかっていないことも多いため、ご容赦を。


ついでに補足。~
実はSホムのスキルの多くは、『条件を選ぶと強い』傾向が強いと考えています。~
以前・・・といってもかなり昔ですが、ともあれ[[検討した>日記/2012-10-23#q83b4016]]にもあるとおり。~
そのため、オートスペルで使用するのに向いていない、と思ってます。~
よって、先々そのあたりに追加をしていくかどうかは、微妙。

例えば、エレノアのコンボ。~
『決まった順番・タイミングで順にスキルを使っていく』という特質は、一見プログラム向きに見えます。~
ですが、そのコンボスキルには『エレノアが特定数の気弾を持っている』という前提が必要で。~
おそらくはAIから、それを判断することはできません。~
なんとなく、コンボをうとうとして攻撃が止まる未来がみえてきちゃいます。~
それなりに回避手段もあるにはありますが、ともあれ試せない現状では机上の空論ですし。

----
ともあれ、友瀬は以前にも書いたとおり、当面は
『バニル→エイラ』のSホムです。~
よって、Sホムスキルに何か対応するとしても、
まずはエイラ系がメインになると思います。

あしからず。




----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion