日記/2016-08-09 のバックアップの現在との差分(No.2)

お名前:

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**雑記:どきどき冒険3まわり、1stインプレッション。 [#g0b7ebc1]

表記、いろいろどたばたしたイベントですが。~
とりあえず稼動状態になったので、この土日に少し実施しました。

というわけで、今回は 1st インプレッション。


#region(→続きを読む。)

***いんとろだくしょん。 [#zcc7f654]
イベント概要は、ここ2年ほどの恒例の『Wizardryオマージュ』もの。~
友瀬の日記上だと、[[2年前の記録>日記/2014-08-04]]はありました。

去年は記事を書いていないですが、おととしのときの問題点
(宝まわりの操作性・レスポンス)は向上していて、こなれていた感じ。~
そういう意味で、今年は『軌道に乗ったいつもの』・・・のはずだったのに、
いきなり1週間延期だったのはご愛嬌かな(笑)


***今年の特徴:アイテムまわり。 [#sdb78c4c]

去年もそうだったのですが、宝箱にいわゆる『期間限定の当たり』があるのが特徴。

去年は『ユニコーンの兜』でした。~
そして今年は『バレルヘルム』と『一碧シリーズの武器』が限定品。

一碧シリーズは、これも最近恒例的になっている『特定属性・種族への特化』装備。~
今回のダンジョンは『火属性、無形/悪魔』となっており、それに対抗する水武器、ということですね。

友瀬的には、バレルヘルムだけでいいかな。~
それも高精練は不要:『装備解除時に金剛も解除』という能力だけのため。

***今年の特徴:敵の姿。 [#ic215968]

ダンジョンを攻略していろいろ稼ぐ、というメカニズムには変化がないのですが。~
そこにいるモンスターの姿が『変則』なのが、今回の大きな特徴です。

どういうことかというと・・・

去年までだと、モンスターは『既存マップにいる既存の姿』なんですね。~
だから例えば『ラタトスク』だったら、その姿を見たとたんに『魔法反射がある』と予測して行動ができる。~

ですが、今年は『見た目はホムS』『中身がラタトスク』というような形になっています。~
しかも、マップによってそれが多少変わる:『見た目は同じホムS』でも、『中身はラタトスクではない』こともある。

結果、対処に多少差がおきる。~
同じ見た目でも魔法反射の有無はやってみないとわからない。

ある程度のなれで対応されてしまうことではありますが、
ある意味で『お決まりの対応』ができない、新鮮さはあります。


・・・個人的には、ね。~
Wizardryオマージュなんだからさ。~
最初の見た目はホムS、何か、例えばルアフ当てたら元の姿になる、とかでもよかったかな、と思ってます。~
ええ、贅沢ですとも(笑)

とりあえずこんなところかな。




----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion

----
**雑記:ROCALFO 困ったメモ。 [#k67170b4]


自分メモというか、記録的な。

ROCALFO Ver1.03 でおきていた問題がいろいろ腑に落ちないので、友瀬的な覚書を残す目的です。

一般の方は読む必要はありません:最新版の 1.04 以降を使えば問題ないので。

#region(→続きを読む。)

***Ver1.03 では、どういう問題がおきていたのか。 [#zcc6420d]

実行ファイル自体は動作しており、かつ、内部的な動作も妥当。~
ただ、アプリ画面上のオブジェクト表示が異常になっており、調査結果などが一切画面から確認できない状況でした。

***すごく基本的な話に見えるけど、なんでそんなことに? [#qb753a08]

このバージョン、「友瀬の開発環境」では完全に正常動作していました。~
実際、この現象が発覚したのは『友人とのPTプレイ中での動作確認である程度安定したので、友人に配付した』後、
『その友人からバグ報告を受けた』という状況です。~
その際も、まさか画面がおかしくなっているなどとは思わず、状況再現に苦慮したくらいです。

# 内部動作をチェックするデバッグ版を渡しても、『正常』に見えた。
# 表示系をチェックするなんて仕組み、ないからねぇ。

***原因はなんだったの? [#hde1d5f8]

開発環境 VisualStudio が自動生成する resource.resx が破損していました。

これには、当該アプリの画面上にどういうコントロール(ボタンとかテキストボックスといったパーツ)が、どういうサイズ・レイアウトで置かれているか、というような情報が記載されています。~
これが破損していたため、友瀬の想定していない画面表示になっており。~
例えば調査結果を表示するテキストボックスが、利用者には見えない状況でした。

不思議なことに、繰り返しますが、友瀬の開発環境PC上ではこの現象は再現していませんでした。~
いわゆる「開発環境上のデバッグ版」だけでなく、普通のリリース版オブジェクトでも。~
友瀬の別PC上で動かしてみて「なんじゃこりゃ」と気づいた、という状況でした。

***さらに根本的には [#e813a19f]

上記ファイルは「自動生成」、すなわち VisualStudioで普通に操作している限りは、こんな破損は想定しないんですね。~
なので、そもそも破損した原因も不明。

ただ1点だけ、ちょっと気になることがありまして;

''ローカライズ切替えでデザイナが破損してしまう''~
https://social.msdn.microsoft.com/Forums/vstudio/ja-JP/9b53b1cd-cd2a-4cb5-a518-e5f86a32e33f?forum=csharpgeneralja

今回、操作しててうっかり「言語設定:フィンランド」とかにしたタイミングがあったのです。~
もちろん日本語に戻してはあるのですが、これがひっかかったのかも、と。~
・・・なんですが、上記リンク先も、たいした情報が無い(^^;;

とりあえず、言語設定だけは二度と触るまい、と心に誓いました(笑)
当面海外向けリリースなんて予定ないし。









----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion