日記/2015-02-14 のバックアップ差分(No.1)

お名前:

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**ホムAI:Glenelg Ver0.66 [#lc7ef167]

というわけで、おっさん友瀬からのバレンタイン(笑)~
いろいろやっていたシュタインワンド対応の公開、というのがメインです。

ただ、シュタインワンドについてはここまでにもいろいろ書いたので。~
それ以外の点について、簡単に補足を。

#region(→続きを読む。)


-地味に大きめの改造が、『SP回復待ち』処理です。
--ホムのSPは『移動しない状態で4秒』ごとに自動回復します。~
で、例えば3.5秒立ち止まっている状態で、歩かせてしまうのはもったいないと思いませんか?~
というわけで、そういう状態においてはSP回復するまでちょっと待つ、という処理を追加しました。~
---待ち時間は、GlenelgWatchから編集できます。
---ちなみにSP回復の条件は単に移動だけ。~
別の言い方をすると、攻撃やスキル使用をしていても問題ありません:戦闘中でも回復できます。~
そのため、この「時間待ちメカニズム」は戦闘中にも実施しています。~
敵との位置取りで、多少鈍くなるリスクはあります。
---上記も含めて、大きくても1000msec程度にすること推奨。~
待ち時間4000mseccに設定すると、理論的にはSP完全回復するまで移動しなくなります。
-今回のこっそりテーマは、GlenelgWatchで未サポートだった ini項目の対応です。
--具体的には、以前からあった以下の2項目を GlenelgWatchから編集できるようにしました。
---VALUE_SP_RECOVER。ホムのSP自然回復量。
---LIMITSP_USE_BOOST。強化系スキルを使用するためのSP制限。
--というわけで、以下もう少し細かく
-ホムのSP自然回復量の計測。
--前述のようにこの項目自体は、以前から ai_option_xx.ini 内にありました。
--用途としては『休息中、SPがあふれそうならカオシックベネディクションを使う』という判定のため。~
--今回、「4秒ごとのSP自然回復」をチェックするメカニズムができたので。~
回復量についてもついでに自動計測するようにしました。~
ただ誤検出の可能性を完全に払拭できないので、あくまで計測のみ。~
検出量と現在のiniファイルの記述が異なると、Watch内SP管理タブに出力するようになっています。
---将来的には、先日話題にした『自然回復量==強化スキルコスト』のときの誤判定軽減用に使うかも。
-強化系スキルを使用するためのSP制限。
--用途はまあ、いいですかね。~
一定以上SPがなければ、強化スキルを使わない、というための設定です。
--ただ、以前から結構制限が厳しかったのと、Watch対応をするのを兼ねて、仕様変更しました。~
以前は『xx%以上残っているときのみ使用、デフォルト90%以上』としていました。~
今回からは『直値でxx以上残っているときのみ』となります。~