日記/2015-02-09 のバックアップの現在との差分(No.1)

お名前:

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
**雑記:シュタインワンド [#we64dbae]

表記、そんな感じ。

友瀬のバイエリもやっとシュタインワンド(以降 SW と省略)覚えたので、実地検討中。


#region(→続きを読む。)

テスト環境では、すでに以下のような基本メカニズムはテスト実装済。


-ユーザ操作系
--Glenelgの『スキル置換』で、例えば『シュタルホーンLv3はSW Lv5と扱う』ような置き換えをできるように。
---SW のスキルアイコンはROクライアントから使用すると『AIに情報が入らない』系統。~
上記のような仕組みを使わないと、いろいろ不都合があるのです。
--いわゆるオートスキル対象として登録可能に。
-SW を『接近戦スキル』として扱う仕組み。
--SWの機能上、遠距離で使用しても仕方ないので。~
他の接近戦スキル同様、『隣マスまで移動してから発動』するようにしています。
---例えば上記の『シュタルホーンをSWに置き換え』に関連。~
遠距離の敵に指定しても、近距離で使うようにするわけです。
-SW発生後、『移動せずに戦闘継続』するメカニズム対応済。

ただ、上記に対していくつかの課題が残ってまして。~
それに絡んで、微調整・検討中。

本質的な課題は2つ:~
遠くの敵の扱いをどうするか、と。~
『SWが持続しているか否かがわからない』ことに起因する判断苦慮。


-1つの大きな問題は、シュタルホーンとの相性の悪さ。
--例えば1体の敵を相手にSWを展開→シュタルホーンでノックバック、となった場合、どう動くのがよいのか。~
敵を追いかけてSWを離れるのは、SP的観点では下策。
ですが戦闘のテンポを考えると SWを捨てて突撃するのは、そんなに悪くない。
--敵の射程が長いケースがあるのも問題。~
そういう敵は、ノックバックで押し出したら最後、バイエリの隣接位置には戻ってこない。

-SWの展開状況(残量)が見えないのは、行動戦略に影響する。
--端的にいえば、かけなおしの話。
--SWのコストが安ければ、どんどんかけなおせばいいのでしょうが、そうもいきません。
--SWがスキルには無力なのが結構大きい。~
『ダメージを受けた==SW消えた』と判断するには、ちょっと短絡なわけです。


今のところ明確な対応案がないので、とりあえずは以下の方針で実装しようかと検討中。
-『移動禁止』は、周囲に明確な敵がいなくなったところで自動解除。
--ユーザの各種操作では解除される。~
つまり、長射程の敵相手については、ユーザが手動でスキルand/or直接攻撃することで対処。~
--この場合、シュタルホーンでノックバック&スタンした相手は『敵と考えない』ことになるのが難点。~
スタン==タゲ移りの可能性ね。
-自動かけなおしも、考慮外。
--基本的な使い方としては、初撃専用スキルにシュタインワンドを入れておいて、最初に展開。~
で、SWが消えた後は、ユーザが必要に応じて手動で改めてSW展開。

そんな感じで。
----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion
----
**ホムAI:SP監視周りでの潜在問題。 [#rd3a5db3]

表記:Glenelg Ver0.65 で採用したSP監視。~
1点、制約事項があるので、補足。

#region(→続きを読む。)

条件を端的にいうと、以下の2つの値が合致するケースでは、うまく動かない可能性があります。
-値1:ホム自身のSP回復能力(4秒ごとに回復する量)
-値2:強化スキルのSPコスト。

例えば4秒ごとに50SP回復するホムにおいて、例えば『フリットムーブLv3』を使用するケース。

なんとなくわかりますよね:スキル使用によるSP減少と自然回復とが同時に発生すると、
見かけ上『SP残量が変化しない』のです。~
そーするとホムAIは、『スキル使ったつもりなのにSP減らない→クールタイムで失敗したかな、やり直そう。』
・・・というような判断になるわけです。

SPの回復周期から予測して対応する手もないことはないのですが、結構シビアなので・・・
現状は、妥協仕様とします。~
ご了承ください。


----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion

お名前: