日記/2007-10-26 のバックアップ(No.1)

お名前:

山道を歩いていたと思いねぇ。
そのがけっぷちぎりぎりを歩いている人間を見て、どう思う?

友瀬は、あきれるさ。


法ってのは「それを破ってしまったらNGだよ」というラインを定義したもの。
だが現実には往々にして、それよりもだいぶ手前に「常識」「マナー」「倫理」というラインがある。

法のぎりぎりを歩くことはもちろん可能だが、 それは往々にして、別のラインをすでに乗り越えている。

まあ、常識・マナー・倫理ってものを考えたことのない、もしくは守る気のない人には、くだらない話なんでしょうがね。