日記/2007-09-22 のバックアップ(No.1)

お名前:

微妙に遠くとのキャッチボール中(笑)。

先日こちらで話していた「代購/代売」がらみの件で、 冬物語さんとこの日記「代売と「中の人がいない」人。」にコメントあり。

アイテム名とOC価格を格納したテーブルを用意できれば、
「!計算開始」コマンドはすぐ実装出来るでしょう。

問題は、ROアイテムの種類が半端ないことです。

確かにその通りですね。
昔は結構「計算機」を謳ったモノがいろいろ転がっていたので、そこから流用ってのも簡単でしたが、今はちょっと面倒そう。
でも、やるとなったら、Glenelg的にはあんまり気にしていません。

Vice : !価格学習 ブルージェムストーン 600

とかで地道に教えていくのが Glenelgの今までの姿。
人間がモノの価格を全て覚えていないように、敵のステータスを全て覚えていないように、ホムだって教えられて初めて知る世界でもいいはず。
「店の前だから値段がわかる代購」ではともかく、 「何を持ち込まれるかわからない代売」には向かないやり方ですがですが、現実問題として代売は「実際に売って返金」する取引なので、計算機はなくてもいいという考え方もできます。
代理購入の場合は事前に「いくらになるけどどうする?」というのがあるから、計算機の価値が大きいわけで。

ああ、そういう意味では、代購の場合はコマンドにしないとだめでしょうね。

Vice : では、購入確認!
Vice : アイテム 青ジェム 10
Vice : ・・・以上でよろしい?
Anyone : はい、それでOKです。
Vice : では、購入確定!

・・・もちろん「購入確認!」「アイテム xxx nnn」「購入確定!」あたりがコマンドという扱いで。

OC/DCスキルレベルの問題もありますが、 どうせボスケミ認証もしているので、事前にOC/DCスキルレベルを登録させておいてもいいでしょう。

・・・ただまあ、やっぱり労力に効果が見合わない気はします(笑)