日記/2007-01-14 のバックアップの現在との差分(No.1)

お名前:

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
「適当」と「適切」とは、非常に大きな論理的な意味差があります。

「適当」は「それなりに・いいかげんに・なげやりに」。~
「適切」は「状況・目的などにぴったり当てはまること」。~
特に前者は後者の意味をもって使うこともできるので、まさに「適切に」使い分けないと誤解の元です。

そして何かを「適切に」やっているのか「適当に」やっているのかは、外からは非常に見づらいことです。~
たとえどんなに「適切に」やっていたとしても、それを相手が理解できるように見せないと、「適当に」やっていると見えてしまうケースは確実にあります。~
それは自分の責任で、相手に文句をいうのはお門違いです。~
(ここで「読解力/理解力のない相手の問題」と考えると、自分が成長できないので。)

友瀬の今日の日記の一番最初の「誤判定してもいいんじゃない?」、2つ目の「(ある程度率が低ければ)判断ミスしてもいいや」という書き方についても、これに関連した記載が舌足らずで「適当」なのが、問題ですね。~
「適切」に言うならば、「ある程度率が低い」ということも、「判断ミスしてもいいや」というのも、もちろん「適切な」検討があることが前提です。~
当たり前ですね。

で、上記に矛盾するようですが、友瀬は「適当な」ことをやっちゃいけないなんて思ってません。~
「適当な」ものでもいいんです。~
もちろん「まったく動かないようないいかげんな」ものではアレですが、「それなりに作りこんで、細かいところが未完了」のレベルなら。~
そしてその上で、単にそれを使う人に「これは適当だよ」と伝わっていればいい、と思っています。~
「適当なもの」には、人は適当なレベルのことしか期待しませんから。
逆にいうと、問題になるのは「適当なもの」を「適切なもの」だと思って使ってしまうとき。~
そういうことです。

・・・まあ、友瀬も100%できてるとはいいませんが(^^;~
Glenelgの氷割りモードは、あきらかに「適当な」もので、それを言ったのはリリースしてから数日後ですし(^^;;;

いいかげん自分でも見苦しいので、本件はこのあたりで。

----
以下「ふと気が付いたんですが」に書いたところで、可能な限りの人から[[突っ込み>http://plaza.rakuten.co.jp/horoRAG/diary/200701140001/]]があったので、追記。

まず読んでくださる皆さんの誤解がないように:下記「ふと気が付いたんですが」以下の部分は、友瀬が「感じた」ことであって、可能な限りAIが「絶対そういうポリシーで作られている」と言っているわけではないです。~
で、つっこみの要点はまさにここの部分で、~
 実際にバグとも言えるような、誤判定を容認するいい加減な考え方でAIを作っているわけではありません
 (以上「Glenelgさんに返信」から引用)
というところだと思います。~
確かにそうですね。これは完全に友瀬の書き方不良です。~
大変失礼しました。

 机上ではわからない部分って多いわけで先ずは作ってみる。
 それで実用上問題があるなら消せばいい。
 (以上「Glenelgさんに返信」から引用)
この考え方で「お試し版」公開されているものが、割と「完成した」って感じで公開しているように見えてました。~
だから「誤検知しそうだけどいいや」なんだろうな、って思えてました。

友瀬が言いたかったのは、
 100回の試行に対し誤判定が一回なら、ホムAI程度の軽いお遊びソフトなら実用的とも言えるでしょう。
 (以上「Glenelgさんに返信」から引用)
という感じの話。~
「(ある程度率が低ければ)判断ミスしてもいいや」って結構アリかな、ってまじに思った。

というわけで、以下ちと微妙・アレな内容ですが、削除するのもかえって失礼なので。
----

ふと気が付いたんですが。

いろいろと野心的な機能を組み込んでいる[[可能な限りAI>http://plaza.rakuten.co.jp/horoRAG/]]。~
今までのAIでやっていない機能をさまざまに搭載しているこのAI、なんでそんなにいろんなことをできるのかな?~
今までのAIでやっていない機能をさまざまに搭載しているこのAI、感心しながら見ています。~
で、ですね。~
なんでそんなにいろんなことをできるのかな?~
・・・そう考えていて、根底となる方針の差に気が付きました。

一言で言ってしまうと、ですね。~
「誤判定した場合、それをどう扱うか」という判断・ポリシーレベルの差、ではないかと。

どういうことかというと。~
Glenelgでの方針は、「誤判定は常に問題⇒だからやらない」。~
それに対して「可能な限りAI」では「誤判定してもいいケースもあるんじゃない?」。~
そういう差があるように感じました。

友瀬は「適切な情報がない(適切な判断ができない)モノは対処しない」という方針で設計しているが故に、他のAIでやっていてもやらない機能も多いです。~
が、現実問題として、人間だって操作ミス・判断ミスはするのですから、AIがミスしたっていいじゃないか、という考え方はアリだと思います。~
ミスをしたら、手動操作でリカバリーすればいいわけですから。
ミスをしたら、手動操作でリカバリーすればいいわけですから。~
それによってより便利な機能が作れるのなら、トレードオフする価値は十分あるでしょう。

このあたりは完全にポリシーの差だと思うので、どっちがいい、というような比較をするようなものではありません。~
ただまあ、そういう意識を持ってAIは使うべき、でしょうね。