ChatAnalyzer

2017-09-15 (金) 21:21:10 (6d)
お名前:

このページの目的は?

RO を「ちょっと便利に遊ぶ」ことができるようにするアプリケーション ChatAnalyzer を提供するものです。

Ragnarok Online では、さまざまな『有志のウェブサイト』があり、それによって便利に遊ぶことができています。

例えば、Roweenというアイテム情報サイトでは、無数にあるROのアイテムについて情報が検索できます。
例えば、しばしば行われる『Wizardry的』なイベント:ヒントの文字から罠の名前を推察するようなサイトがあります。

これらのサイトは便利なのですが、1つの難点があります。
ROのクライアント上に表示された様々な文字情報をプレイヤーが読み取り、その結果の文字列をブラウザ経由で当該サイトにキーボード入力する、という『手間』です。

ChatAnalyzerは、その『手間』を面倒くさいと思った友瀬が考えた、サポートプログラムです。 プレイヤーが ROクライアント上で『/savechat』とタイプすることで、それによって作られたチャットテキストから『アプリが必要な情報を読みだして調べる』ことを実現できます。

なにができるのか

  • ゲーム内で獲得したアイテムの名称を取り出し、外部サイト(Roween、Unitrix)の当該アイテムのページを開くことができます。
  • しばしば実施されるWizardry的イベントで、ヒント文字列から罠の名前を導出できます。
▼アプリの扱いについての主張

Special Thanks.

Roween http://roween.lies.jp

アイテムの価格・重量情報はこちらから収集いたしました。

ダウンロード

導入手順

▼導入手順(クリックして開く)

機能設定:アイテム価格

タスクトレイアイコンを右クリックして「アイテム価格」を選ぶことで、この機能の有効・無効を変更できます。
機能を有効にすると、アイテム価格の管理ウィンドウが開きます。

RO クライアントで /savechat とすると、それによって生成されたチャットテキストファイルに含まれる
『xxxxx 1個 獲得』
というようなメッセージを解析し、アイテムのリストを表示します。

アイテム価格

  • 「集計」には、表示されている全アイテムをNPC売却したときの価格が表示されます。
  • 「選択」には、選択されている「小計」列の合計が表示されます。
    • 全ての行の小計列を選択すれば、「集計」と同じ値になります。
  • 表示後、「折り畳み」で価格のない行の表示を取りやめます。
  • アイテム名をクリックすると、ブラウザを起動して対応する Roween サイトを表示します。
  • アイテム「OC10価格」欄をクリックすると、ブラウザを起動して対応する Unitrix サイトを表示します。
    • Unitrix連携のためには、サーバ登録が必要です。
      基本画面の「個人設定」画面で対象サーバを設定してください。
      右クリックメニュー
  • 任意にセルを選択したうえで右クリックで「履歴保存」が行えます。
    • 選択された行のチャット履歴を保存する機能です。
      exeファイルを入れたフォルダの下に history フォルダを作って保存します。

切り取り線設定

このタスクトレイのアイコンをダブルクリックすると、再度「初期画面」が表示されます。
ここの「切り取り線」タブで、「特定条件よりも古い」チャットデータを無視する設定ができます。

右クリックメニュー

  • 「衣装の装備」
    • チャットウィンドウに出力される
      『[衣装]xxxを装備しました』という文字列をトリガーに、それよりも古い行を無視します。
    • これを利用するためには、ROクライアント側で「装備の装着/解除メッセージ」を対象にする必要があります。
  • 「チャットで同文字4つ」
    • チャットウィンドウに表示される、キャラクターの発言テキストを対象にします。
      そこで例えば
      Vice.Chaos : aaaa
      というように、「同じ文字を4文字以上連続発言」した内容があるとき、それよりも古い行を無視します。
    • これを利用するためには、ROクライアント側で「会話メッセージ」を対象にする必要があります。
    • さらに、後述の「キャラクター名」登録が必要です。
  • 「対象アイテムの獲得」
    • 指定した特定アイテムの獲得をトリガーにします。
    • 対象アイテムは、そのまま文字列で指定すること。
  • 「以前の savechat」
    • savechat したときに発生する「C:\Gravity\Ragnarok\Chat\Chat_一般.txt is Saved.」というような行を切り取り線として利用します。
    • これを利用するためには、ROクライアント側で「一般メッセージ」を対象にする必要があります。

キャラクター登録

上記「切り取り線」での「同じ文字4回」のような、「特定キャラの発言」をチェックするタイプの機能を利用する場合、 ChatAnalyzerが「あなたのキャラクターの発言」だけを拾うようにするために、この設定が必要です。

このタスクトレイのアイコンをダブルクリックすると、再度「初期画面」が表示されます。
ここの「個人設定」タブの右側で登録できます。

右クリックメニュー

  • テキストボックスにキャラクター名を入れ、[入力]ボタンを押してください。
  • リストにあるキャラを選択して[削除]ボタンで、選んだ枠の名前を削除できます。
  • [chat]ボタンは、条件付きでキャラ名「らしい」ものを自動登録する機能です。
    • 前提操作:「アイテム確認」や「罠確認」画面を開いている状態で一度 /savechat してください。
      その解析対象となったチャットファイルを対象にして、そこから読み取れる名前らしきモノを登録します。
    • 登録は「キャラ名に見える」ものを自動的に登録します。
      そのため「他ユーザのキャラクター」や「ペット」、その他一部のシステム発言なども登録されてしまいます。
      必要に応じて [削除] を利用してください。

機能設定:罠判定

タスクトレイアイコンを右クリックして「罠判定」を選ぶことで、この機能の有効・無効を変更できます。
機能を有効にすると、罠判定のウィンドウが開きます。 連携用のウィンドウ作成

RO クライアントで /savechat とすると、その時点でROクライアントのテキスト欄に出力されている以下のような「ヒント文字列」を探し・解析して、その状態から予想される罠の名前を右側に表示します(特定できない場合は複数の候補が表示されます)。

モンスターを全滅させた。宝箱が出現した
……[ん]……?
……[のゆ]……?

機能設定:地図情報

こちらを参照してください。→地図情報詳細