日記/2006-10-25

2006-10-26 (木) 00:41:15
お名前:

ひさびさの、拍手的な。のフォロー大会。
・・・なんか「しません」連呼の内容になるので、気も引けるんですが(^^;;

GV対応への要望について

まあ友瀬もあちこちで書いてますし、書き込んだ方もご理解はいただいているようですが、念のため。
友瀬はそもそもGV・PVをやっていない・やる気のない人間です。
GVは見学ぐらいで顔をだすこともありますが、本気で取りにいくことはないです。
そんな状況ですので、ホムAIをそれ用になにかする気はまったくありません。
実際、ホムAI周りはGV中では結構特殊な状況・動作をするようなので、 対応するにはそれなりに大きな改造が必要そう。
残念ながら、興味がないものにそこまで労力を使いたくはないので、あしからず。

自動えさやり機能について

ROクライアントの機能として、それはできません。
えさやりは、クライアント画面上の人間操作でしか行えません。

また、万一それが可能だったとしても、友瀬/Glenelgはたぶんそれには対応しません。
現時点ですら「ホム==BOT」といってはばからない人がいるのに、これ以上悪い印象を持つ方向への対応はする気はないです。

SBR44対応について。

長くなりそうだったので、別の開発メモを作りました。
そちらを参照のこと。
Glenelg開発メモ:(未実装)SBR44。

放置狩りについて

無視してもよかったのですが、立場を明確にしておく意味はあると思いますので。
友瀬的には、放置狩りは冷笑の対象です。
友瀬的には、放置狩りのためのAIを作る気はまったくありません。
残念ながら「放置狩りしている」ということをAIから判断する確実な方法がないので、やりたければご自由に。

その他、いくつか応援メッセージなどをいただいています:ありがとうございます。
友瀬は非常に気ままに遊んでいる人ですし、またわりと現状のAIでかなり満足してきています。
ご意見・ご提案をいただいてもなかなか対応もしないかもしれませんが・・・決して意見を嫌がっているわけではありません。
そのあたりはご容赦くださると。
今後ともぜひ、よろしくです。