日記/2006-09-17

2006-09-17 (日) 19:28:22
お名前:

掲示板で書き込まれていた、「ホムが状態異常の敵をわざわざ選んで攻撃しているように見える」件。
ちと思うことがあるので、コメントしておきます。

まず前提として、キャラ(敵味方とも)の状態異常は検出できません。つまり、それを見て動きを変えることはできませんので、それを見て攻撃優先度を変えることはできません。
ただ、現状の「睡眠している敵から殴っているように見える」というのも偶然の産物だけではない、と友瀬は思います。
これ、おそらく、ROクライアントでの敵優先度がかかわっています。

どういうことかというと・・・ROクライアントでは、近くに複数のオブジェクトがあると、それに対するカーソルスナップ順がある程度クライアントで決められています:例えばアイテムの上にいるホムがいると、アイテムにカーソルがあってしまってPPしづらい、とかありますよね?

これと同じことが、実は敵同士でも起きています。
複数の敵が(同じセルもしくは隣接しているセルなどにいて)クリックしづらい状態ってありますよね?
あれがまさにそうで・・・マウスカーソルの近くに複数のオブジェクトがある場合、ROクライアントが決まった順(おそらくはID順)で対象を選んでいます。
つまり人間は、意図せずして「ROクライアントが選びやすい」敵から攻撃していることが多いのです。

で、実はこの順、現状の(公式およびGlenelgを含めた多くのユーザー製の)AIでの敵優先度とも合致しているようです。
例えば実際に、複数の敵が1セルに重なっていてそのうちの1体をホムが攻撃しているとき、ケミがその群れに(普通にカーソルを合わせて)白兵戦をしかけてみてください。
まず間違いなく、ホムと同じ敵を殴ることができるはずです。

敵が睡眠しているということは、おそらくはそれをケミが攻撃していたということ。
そして前述の理論どおり、それはおそらく「ケミ==人間がクリックしやすい、ROクライアントが優先しやすい敵」。
それはホムも選びやすい、という推察は的外れではないと思います。

ということで。
実はホムの索敵ルールをちょっといじると、「同じ敵を殴らない」可能性をあげることは不可能ではないと思っています。
今まで索敵して「先に見つかった」ものを対象に選んでいるところ、後続がいるならちょっと後回しにして「後があるならそれを対象に」というようにするだけで、だいぶ変わると思います。

ただし、ここまで読めば判るように、あくまでクリック順を見ているだけで、本来やりたい「状態異常を見分ける」のとはまったく別の話。
理論的にも確実性がなく、労力の割に報われないような気がするので・・・多分対応しません (^^;;
あしからず。