日記/2006-09-07

2006-09-08 (金) 11:53:46
お名前:

AIスレで、 「どうやらモーションキャンセルのための多重Attackで、ROクライアントが重くなるケースがあるらしい」という内容の話が進められています。

友瀬的には「そら、見たことか」「何を今頃あわててるんだか」という気持ちなんですが(^^;

当時から「理論的に説明できないんだよね」と常々言っていた項目です。 (Glenelg開発メモ:モーションキャンセルに関するメモ参照)
何が起こるかわからないから、Glenelgではカスタマイズ項目にしていたわけで。
やはり自分の感覚を信じてよかった、ということにしておきます(笑)


英語のコメントか・・・
どちらかというとマイナーなAI、英語圏から見られるのかというとかなり疑問が・・・
でもまあ、難解といわれるAIだしなぁ(笑)
気が向いたら、ちょこちょことつけますか・・・


すまん・・・らるくあんしえる、ふつーに歌を知らない(爆
しょせん中身はオジサンということをご理解ください(^^;;


万人が「AIをいじることが楽しい」「楽しいとは思わないけどいじることはできる」というわけではなりません。
ただ単にゲームとしてROを遊ぶ場合に、AIをいじれない、いじることが苦痛な人だっているはずです。
そういう人たちに対して、明らかに異常動作が起きる・対処方法がない形のものを提供することは、友瀬は正しいとは思いません。
「保証できないものを、黙って渡す」
「保証できないものを、保証できないよと言って渡す」
「保証できないものを、保証できないから心配ならこうしてといって渡す」
どれが正しいこと・・・相手から望まれることですか。

裏で研究することも、おかしな現象があるから周囲の人と相談するのも、いいことです。友瀬だってやります。
でもそれは「AIを触りたい」人たちの間だから成り立つ話で、「AIを触りたくない」人には無意味です。
そこまで気を使うかどうかは、人それぞれ、ですがね。