日記/2020-02-11 の変更点

お名前:

#author("2020-02-11T16:14:18+09:00","default:editor","editor")

**雑記:175への旅。 [#h82968b8]

1月頭から表記:「175レベルになれるチケットをもらえる」イベントが開催されています。~
2月末ころまでが期限なので「遅刻」ではないけれど。~
期間の半ばを過ぎて、友瀬も攻略終わってからの、事後メモ的な。

#region(→続きを読む。)




***どんなイベントか? [#ofab0141]
端的にいうと、「175種類のモンスターを5体ずつ討伐しろ」という、討伐系イベントです。~
これを達成すると、「1キャラを175レベルにレベルアップするチケット1枚」を入手できます。

また副賞として、「1種類の討伐ごとに、いつもの3%回復剤1セット」を入手できます。

イベント報酬がすごいのもさることながら。~
友瀬的には、クエスト形態自体が独特だったところが評価高いです。~
というわけで、以下説明していきます。

***イベントの形態の特徴 [#r0563584]

今回のイベントでは、以下のような特徴がありました。

+「討伐登録・報告NPC」が、召喚形式。
--従来、この手の「討伐クエスト」は、討伐の登録・報告を行うためのNPCが存在しており。~
それは普通マップ固定の存在でした。~
---ですから例えば「イベント会場で受注」→「対象のいるマップに移動&討伐」→「終了後会場に戻って報告」という、
一連の動きが必要でした。
--今回はイベント開始時に専用アイテムが配られ、それを使うと「討伐登録・報告用カプラさん」が召喚される体裁になっていました。
---そのため、狩場で「カプラさん召喚」→「討伐受注」→「討伐」→「カプラさん召喚」→「報告」というかたちで、マップ移動が不要になっています。
---「召喚」には「同一マップでの短時間での連続召喚ができない」制約があるため、多少のリログや隣マップへの移動は必要です。
+討伐対象のリストについて
--リストは、イベント期間中に少しづつ拡張されて「4週間で全部公開」となっていました。
--1週ごとには「人間」「悪魔」「魚介類」といった、RO固有のカテゴライズを元に、
「2分類で合計約60種」くらいの対象が公開されていました。
--討伐対象のモンスターには、ポリンやファブルといった「新人でも倒せる」ものから、生体2-2職系や高レベルMDなど「廃レベルでないと厳しい」ものまで様々。
---とはいえ、クエスト達成条件は「175種類討伐」なので、リスト上70種以上は「無理に討伐しなくてもよい」。~
ものすごく強い敵は避けられる、ということで、そこそこのレベルでも達成できそうな感じでした。
---つまり、イベント最初の週ではコンプリートしても60種類くらいの討伐しかできません。~
「一度に消化されると盛り上がらない」感じも理解はできますが、同じマップを何度も行くことになってややへきえき、か。
+イベント恒例の『3%回復剤』。
--上記の討伐「1種類」を実施すると、3%回復剤150個が入った箱を受け取る権利がもらえます。
--こちらの受け取りには、プロンテラにいるNPCへのアクセスが必要。~
多少めんどくさくはあるのですが、ドロップ品の現金化&矢弾類の補給などを考えると、許容できる範囲か。

***まとめ。 [#zeb9f91b]
友瀬的には、結構気に入ったイベントでした。

「討伐対象が少しずつ増えていく」ことに関しては、正直「もっとまとめて出してよ」とは思いましたが。~
負荷分散的には仕方ないところでしょうか。

----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion