Glenelg詳細 のバックアップ(No.3)

お名前:

Glenelg とは

友瀬が作っているAIの開発名称です。
同時に、友瀬のキャラ・Viceのホムンクルスの名前でもあります。
要はもともと、個人的に使うつもりだったAIということです。

Glenelgの開発方針

「友瀬が使いやすいように作る。」 これにつきます。

現状友瀬が使っているホムンクルスはバニルミルスなので、AIも基本的にバニルでの動作確認。
そして、友瀬が実際に使っていて痒いところを直す、という感じで作っています。

正直、どちらかというと実用性一辺倒の無骨なAIで、「どきどきAI」のような可愛さはまるでありません。

Glenelgの特徴

AIにはさまざまな特徴があります。
Glenelgの特徴は以下のようなところです。
(細かい変更は他にもいろいろしてますが、特徴というには弱いので記載しません)

体力による戦闘レベル切り替え

体力の状態によって、敵に対する反応が変わります。

体力残量挙動
100%
〜91%
アクティブ。
原則的には「戦っている味方」を支援攻撃します。
加えて、一切戦闘がない状態でも、数マス以内に敵(含ノンアクティブ敵)がいると、積極的攻撃を仕掛けます。
90%
〜31%
パッシブ。
原則的には「戦っている味方」を支援攻撃するだけで、自ら戦闘を仕掛けることはありません。
30%
〜1%
逃亡。
敵から距離をとりつつ、ボスの周囲を移動します。
敵への攻撃は一切しません。

上記の%比率はデフォルト値。気に入らなければ iniファイルの編集で、自由に調整できるようになっています。

また、アクティブで攻撃動作することがあるとは言っても、索敵範囲を数マスレベルの狭いモノにしていること、内部的に横殴り防止の仕組みが入っていることから、ほとんど問題にはなりません。

友達設定

他のキャラ/ホムンクルスを「友人」として登録できます。
これにより、自分やボスを襲っている敵を迎撃するのと同じように、友人への敵も迎撃対象に加えます。

敵ごとに対する、アクティブ/パッシブ設定

上記表内の「アクティブ」になる条件でも、敵ごとに「攻撃を仕掛ける/仕掛けない」の設定ができます。

攻撃スキル自動使用(オートスペル的攻撃)と、敵ごとの発動率調整

バニルの持つ攻撃スキル・カプリスを、戦闘時に確率的に使用。
また敵ごとにその使用率を変更できます。
例えば「草にはスキルを使わない」「強敵には多用」などができるわけです。

RO画面上からの設定変更操作可能

上記した「友達登録」や「敵ごとのアクティブ/パッシブ」「敵ごとのスキル使用率」といった設定は、ROの画面上操作で設定できます。
操作はRO画面上を「ALT+SHIFT+右クリック」するだけという簡単さ。 iniファイルをエディタで操作・・・というような作業は不要です。

エクスプローラを使ったホムンクルス状態表示

標準AIで持っている「ALT+T」による待機/通常切り替え。
これ、使ったはいいが「待機/通常どちらになっているのかわからない」で困ったことはありませんか?
Glenelgでは、この状態を画面表示して確認できる術をサポートしています。
同時に、上記にあげたさまざまな「RO画面からの設定」も、その設定状態がフィードバックされるので、「設定できたかどうかわからない」ようなことはありません。

おまけ。

Glenelg は、エディタとして構造化エディタを使用しています。
ソースが劇的に見やすくなるので、一度お試しあれ。