日記/2019-05-16 のバックアップソース(No.1)

お名前:
#author("2019-05-16T06:40:52+09:00","default:editor","editor")

**雑記:RO、2019精錬祭メモ [#sb57c503]

表記、終わったので記録的な。~
各地を転々としてきた精錬祭、出発点のアマツに戻ってきた、という感じですね。

友瀬的な成果というかなんというかの、メモを。

#region(→続きを読む。)

***とりあえず、本題的な「精錬」について。 [#w7a446dd]

友瀬のRO稼働率が下がっているのもあり、『何をたたくか決まってなかった』というのが、ある意味わかりやすい状況、じゃないでしょうか。~
いくつかの+7精錬装備は作りました:例えばRG用のキングスガードとか。~
ただ、そんな感じ、という感じです。

ああ。もう1つ、というかある意味でこれが本命というのが、『+10ブラッディクロス』でした。~
で、当然のように、失敗しました(笑)


***イベント限定装備、総論 [#e2555682]
端的な感想は『多すぎ』『条件厳しすぎ』で、ばかなのしぬの、って感じ。
-好評価すること:『古びた靴』と『暴走魔力』
--無料で『古びた靴』1つを配付&5日の時間をかけると『暴走魔力』エンチャントができる。~
靴自体の性能は決して強くないんですが、まあ、許容範囲かな。
---とはいえ、友瀬は暴走魔力付きの時空ブーツもあるので、今後使うかは未定。
-ダメだし:『+9精錬必須系』の話。
--『+9精錬すると、上位アイテムに交換してもらえる』装備が2つありました。~
上述の『古びた靴』と、トレジャーハントでもらえる(可能性のある)『古びた羽衣』。
--この仕組み自体は、以前からいくつかあります。例えば『サラのローブ』とか。~
不満なのは『イベント限定装備』という点と、それを2つも重ねてきたという点。~
廃人しか作れないものを並べるって、おかしいと思うわけです。
---まあ、友瀬的にはその『上位装備』自体が興味をひかなかったので、いいんですが。
-星座の欠片シリーズ。これはいい点と悪い点あり。
--これまでのイベントで配られていた『欠片』が、今回も配られました。
--良かった点:トレジャーハントの報酬として『存在する13種類すべて』が出ていた:いわゆる『復刻』的だったこと。~
『イベント限定』だったために、過去集められなかった人に再提供する、という試みは評価すべきです。
---参考までに、従来は『イベントごとに2種類』でした。
--悪かった点:全種類対応の反動で『種類が多すぎて』集められない、残念な結果になっていた印象。
--欠片は200個集めないと意味がないのですが。~
トレジャーハントの実績として、『13種類それぞれ50個くらいずつ』という感じになりました。~
トレードで手に入れればいい、といえばそれまでですが、『必要量の1/4』はさすがに少なすぎるように思います。
---『有償で交換できれば』とか思ったんですが、それはそれで相場問題があるので、仕方ないところ。

***ワールド間倉庫の影響。 [#z22c08d1]

精錬祭では、その実際の期間の前週に『事前にやると精錬ポイントもらえる』サービスが併設されるのが一般的。~
で、今回の精錬祭では、ワールド間倉庫の影響でここに影響がでています:~
『1アカウントでもらえるポイント数は、全ワールド共通でx点』という形になってました。~
具体的に書くと:『1アカウントで総計50000ポイント』を利用できるようになっていて。~
で、1キャラはそこから、最大で5000ポイントを受け取ることができる。~
結果、以前と同じ『1キャラ5000p獲得』、1アカウント合計は(以前よりも1000少ない)『合計50000pt』となっていました。

これは仕方がない変更:以前のように『キャラごとに実施』できるようになっていると、
『複数のワールド/サーバで稼いで、1サーバに集約』することで、『1アカウントxサーバ数』分の精錬を行えてしまうので。

ただ、この対応に『ポイントをためておいてくれるNPC』が仲介状態になっていたのが、結構面倒でした。~
単に「全キャラが順番にNPCに話しかけるだけでいい」といえばそのとおりなんですが。~
ご存知の通り、究極精錬したいPCってMDでポイントを限界までため込むものなんですね。~
そのNPCが『究極精錬マップの外』にいたため、ポイント消費した後に『外にでてNPCに話して、戻る』みたいな動作が必要だったのが難儀でした。

そんな感じ。
----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion