日記/2016-07-14 のバックアップソース(No.1)

お名前:
**雑記:深淵の回廊2016メモ。 [#l1f4baf3]


表記、事後メモ的。

2016/6〜7月に実施されていた『深淵の回廊』まわりです。
#region(→続きを読む。)

イベント自体はかなりシンプル。~
専用の討伐をこなすとポイントが得られ、それを使ってイベント限定アイテムや各種消耗品を『購入』できる、というもの。

いわゆる『季節イベント』フラグはないし、討伐以外のクエスト的なものもない。~
ある意味でものすごく割り切ったイベントでした。~

一応『ボス討伐』まわりで特殊な話もあったようですが、それをこなせるような遊び方もしていないので・・・ねぇ。

で、その『討伐』部分。~
実は2015/12月の13thアニバーサリーとほぼ同様です。~
[[前回>日記/2016-01-09]]はあまり細かい記載もしていないので、今回はちょっと踏み込んでみます。

***というわけで、討伐まわり。 [#k49a1f7b]

-基本的な内容は、300体x3種類並行、というタイプ。
--正確には、マップによって討伐数は異なり、『PT向け』マップでは1000体x3種だったりする。
-敵1体1体は、そこそこの強さ。
--HPが大きく、Base150台の殲滅役キャラでも一撃で倒すことは無理。
--攻撃性能自体はそれほど高くないが、特にソロ狩では討伐数・効率的に『多少集めて』狩ろうとするため、うっかり死んだりはする。
-マップによって『近距離物理反射==遠距離・魔法で倒せ』『魔法反射==物理で倒せ』という条件あり。
-上記討伐とは別に、『4種のボス討伐』のクエストがある。
--友瀬は実施していないため、詳細不明。

ソロ〜友人同士の少人数PTで活動している友瀬的には、300体討伐系しか選択の余地がなく。~
そればっかりやってました。

***ソロ活動 [#lccd108e]
ソロでは『魔法反射』マップの『庭園』をメインにしていました。

-敵HPは9万くらい。
-前述の通り1体1体はそれほど強くはないのですが、SP効率的に数体を倒したく。~
結果・・・
--基本、テレポ&ショートトレインでの『歩かない』狩り。
--3〜5体くらいを目安にまとめて範囲攻撃・回転技で殲滅。
---狩りをしていたのはジェネ(トルネード)とリベリオン(マイン&ラウンド)です。
--SP は邪竜鎧や C-Soul あたりで。
-敵1体1体は決して強くはないのですが、スキルが結構いやらしい。~
相応の装備and/or能力値がないと危ない傾向あり。
--危険1:ユピテルサンダー。~
風耐性がないと、結構削られる。また、数セルのノックバックが『回転技』に対する強烈な嫌がらせ。~
---友瀬はエクセリオンでの風100%耐性だったので、ダメージは気になりませんでしたが。
---射程が長いリベリオンはともかく、ジェネではめんどくさかった。
--危険2:沈黙~
スキルでの範囲殲滅前提なので、これを食らうとテンポが落ちる。
---ジェネはIntが高いのでほとんど無視できるのですが、リベリオンがこー。
--危険3:スタン。~
『多数に囲まれた状態でスタン』は、今も昔も死亡コースです。
---特に狩りメインでVITが低めの友瀬キャラには、やはり危ない。
-ジェネでは、ホムが『魔法反射』に引っかかって死にまくったのが印象的。
--もともと『魔法ホム』とわかっていたエイラなら、初めから警戒したんでしょうが。~
それ以外のホムで、やっちゃったんですよね。
---セラの『お前物理攻撃だけじゃないのかよ==ポ歩イズンミスト』事件
---ディータの『そうかお前元バニルだったな==カプリス』事件
-その他。
--すぐにテレポしてしまう敵がいて、それをうまく集めるのが面倒くさい。
--PTでも一応やったけれど。PTだとテレポ狩ができず、敵が少なめで遭遇するのが大変だった。
---他プレイヤーが多い時間帯ならば、むしろ定点狩りのほうが効率がよかったり。


***PT活動 [#x236019f]
パーティでは、主に『回廊』を回っていました。~
前述の通り、PTではテレポ狩りができない都合上、全体に敵の数が少なめの庭園はつらかった、という感じ。

回廊は物理反射があるので、基本的に魔法職でやってました。

-敵HPは10数万クラス2種と8万クラス1種。
--10数万のほうは、チューニングしたウォーロックでも一撃では無理。~
逆に8万クラスは一確。
--非移動型の敵が討伐対象になっていたため、それを探すのが大変。
-狩りPT構成その1:ウォーロック2枚+AB。
--基本戦略:2人のクリムゾンロックを『重ねる』ことで、擬似的に一確殺状態にして進める。
--テンポはそれなりにいいが、ウォーロック達の呼吸が重要。~
『一確できる敵複数時の分担』や『数を集めるとき、いつ撃つか』の呼吸があわないと、1枚時と変わらない感じに。
-狩りPT構成その2:アドラAB+ソーサラー。
--基本戦略:アドラで高速殲滅。SP切れをソーサラーがサポート。
--対単体のアドラが主火力なので、敵を集めることを考えなくていいのが特徴。~
--敵が多い場合は、ソーサラーのサイキックで削ることも併用。~
-いずれにせよ。~
PTで挑むとなると、正直あまり危険はなく。~
庭園に比べると敵のスキルもおとなしめで、楽でした。


***報酬類と実績。 [#ffd25367]

前回はあまり回せなかったのですが。~
今回は、ちょっと気合をいれて回しました。~
都合45000くらい稼いだかな。

今回の交換対象となる装備品は、大きく4種類。

+皇竜の天翼
--去年もあった装備。~
14000ポイントの、比較的楽に届く装備。
--中段の防御系装備だが、得られるボーナス・特性が装備者の職業によって大きく異なる。
--プリ系の回復力増加、商人系の防御が強いかな、というのが友瀬の心証。
+エクスプロージョンガム。
--去年もあった装備。~
28000ポイントの、「大変」な装備。
--下段での睡眠耐性100%装備。
--睡眠耐性ステータスはAGI、AGI型の多い友瀬には、正直評価が低い。~
VIT型ABを使っている友人が、入手していました。
+妖魔の目
--今回の新規装備。
28000ポイントの、「大変」な装備。
--中段、対プレイヤー耐性。加えて<ハイレベル>特性もちで、それら装備との相性がいい。
--友瀬は対人はしないが、ライダー肩・靴がハイレベル装備なので、選択肢として入手した。
---とはいえ、エクセリオン+ライオットを標準装備にしつつあり、ライダーセットの使用率は下がっている。~
どれだけ使うかは微妙なので、場合によっては売却するかも。
+セイブザキングス
--今回の新装備。
3000ポイントで入手は容易な装備。
--入手自体は容易だが過剰精練が前提なので、それで「壊れる」ことも考えるとそこまで安価ともいえない。
--数値的には、「騎乗訓練なし時のみボーナスが得られる」徒歩ロイヤルガード専用武器。~
過剰精練という条件もこみで、かなり特殊な特化タイプキャラ用。
--正直、実用品ではない・ロマン武器、というのが素直な感想。
---強いことは強い。素でATK170、Matk130でスロット3。騎乗訓練なしなら全サイズに100%とか、すごいとしか言えん。
---スピアクイッケンとの組合せで最大Flee+20、Cri+30、攻撃速度+30%というのも、頭おかしいレベル。
---過剰精練でのスキル・回復へのボーナスも、過剰精練というハードルはあるものの、十分強い。
---とはいえ、「基本ATK/Matk」「過剰精練ボーナス」以外の点は、従来の『槍グリフォン型』でも達成できる話。~
「いろいろな槍を選べる」それに比べると、「この剣固定」というのは弱点。
---また、騎乗の『所持重量+1000』『移動速度増加』という恩恵を考えると。~
それをあきらめてまでこれに固執するかというと、やや無理があるといわざるを得ない。
--というわけで、ロマン武器は2つほど入手しました(笑)~
現状徒歩ロイヤルガードなんていないのですが、どうしよう(^^;;
---素の攻撃力の高さを利用して、騎乗状態で普通に使って宝剣騎士的っていう選択肢はありますが、それだと攻撃スピードがねぇ。

限定アイテム入手、というのもそうなんですが。~
ここのマップ、敵の経験値もかなり高いんですね。~

結果、Vice がBase165達成しました(何
Job も58後半と「カンスト間近」になったので、近いうちに製薬実力の再確認をしようかと思います。~



----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion