日記/2015-11-04 のバックアップソース(No.1)

お名前:
**ニュース斜め読み&一発コメント、12月頭版。 [#wa33fac8]

先日、友人情報で~
『ギロクロでスカラバ、カウンタースラッシュで一確狩してる人がいる』~
という情報をもらいまして。

ちょっと調べたら、アルティメットモードチェンジャー+ナブセットでできるらしい。~

実は友瀬、以前から『カウンタースラッシュは条件付だけど使える』主張してたので、ちょっとうれしい。~
というわけで、ちょっと試してきたので、メモ。

#region(→続きを読む。)
***とりあえず状況は? [#m75a6d71]

この話を聞いた時点で友瀬のGXは、ちょうど Base152に上がったばかりでした。~
区切りがいいので Base153になるまで、スカラバをやってました。~
時間は計ってないけど、4〜5時間くらいじゃないかなぁ。

倉庫内のアリモノをかき集めて試行した結果。~
152の半ばくらいから「ほぼ一撃で倒せる」かつ「消耗品は緊急時のみ」状態になりました。~
だいたい以下のような感じ。

-大前提:ナブセット(+4精練)+アルティメットモードチェンジャー
--鎧に地デリc(SP自然回復なし、敵倒すとSP10回復)
-上段:+4クイーン・アンズ・リベンジ(物理+7%、Str+5)
-下段:グラストヘイムの傍観者(物理+2%、スキルディレイ-5%)
-主武器:双炎ツインエッジ、スケワカ1枚
-副武器:QM


***以下、いろいろ補足。 [#wd5126ec]

散文的に。

-総括的に言うと。
--まあ、狩れるね。
--確率頼みの部分があるので、ある程度冷静にいかないとコロッと逝くね。

-装備について
--本当に「ぎりぎり一確できない」:多くの場合一撃で倒せるんだけど、残るときもある。~
感覚的には 1〜2割くらいの確率で残る。~
残るレベルは、素殴り一撃で倒せるくらい。
--上記から、例えばツインエッジにもう1枚なんか刺さってれば届くと思う。~
きちんとした特化武器なら、頭装備も余裕ができるはず。~
さらに言えば+7ナブセットならもっと(以下略
--左手をQMではなく虫特化を使えば、もちろん一確できると思う。~
ただ友瀬は持ってない(笑)し、またその分回復剤がいるようになる。
--最初は地デリなしで行った。やっぱりSPが回らなかった。~
地デリありなら、SPはまず切れない。
--地デリなし・左月光剣でも試した。~
これだとSPは回るけど、QMを使えない分今度は体力が。
--結局『地デリでSP、QMでHP維持』の構成なので、重量は50%越えになっても問題ない。
--ナブセット+アルティメット装備は、アクセサリが埋まるのが地味につらい。~
テレポ狩的な意味で。
---とりあえず上段テレポ装備:風の道標での持替対応した。~
テレポ系アクセだと一時的にナブセットが崩れるので、持替ミスすると死ぬ。~
頭ならミスっても『2確』なので。
---アルティメットにクリーミー刺すのも、どうかと思うしねぇ。
---前述の通り重量オーバーしていても大丈夫なので、山ほどハエ羽積んでいくというのが妥当な解決策かも。

-立ち回りについて

--大前提として。~
ブロッキング+カウンターの特性上、たとえ一撃で倒せるとしても囲まれるのは下策。~
いわゆる一確狩の『かき集めてドカン』ではなく。~
2〜5体程度を1つの区切りにするのが基本。
---カウンターを撃つには『被攻撃時に20%(Lv5時)』のブロッキング発動を待つ必要があるのがポイント。~
どうしても自身の FLEE&防御で我慢する時間が発生するわけで。~
たとえブロッキングがあっても、『かき集める』ほどの数はアサシン系にとっての鬼門です。
---同時に『20%』のためには、数体から殴られたほうが都合がよいのも事実。~
そのため最低2体はいて欲しい。
--カウンターの発動タイミング調整が、立ち回りの1つのコツ。~
---カウンターはブロッキング後に「プレイヤーが入力」して発動する仕組み。~
そのためカウンター攻撃は、ブロッキング直後〜2秒の間でプレイヤーがコントロールできる。~
状況に応じてうまくタイミングを取るのが効率的狩のポイント。
---相手の数が少ないときは、「相手が隣接に近づく」まで待つのがよい。~
一撃で周囲のものを片付けられる。
---テレポアウトなどで周囲に多数いる場合、とにかく最速でカウンター。~
接した数体をまず片付けて数を減らさないと、アサシン系は死にます。

--手を出す敵について。~
---基本的には自分からはタゲを取りにいかず、アクティブで迫ってくる相手を迎え撃つ形。
---周囲の数が少なめならば、集めるために歩く。~
この際、敵を直接狙うのではなく、近くにある卵を適当に殴ることを意識。~
孵化完了するまでの間に『アクティブ的が隣接』してくるので、あわせて一掃できる。
---テレポアウト地点の敵が多いときは、冷静に。~
無理だと思えば、即跳んで逃げる。~
体力残量からいけると思えば、無敵時間の間に装備準備して待ち構える。~
一発カウンターしたら、食料とカウンターをアドリブ的に叩く。
---ボスからは逃げる。~
支援があればともかく、取巻きで多いボスはちょっと無理。

--体力管理:QM武器。~
QMの効果は『12%の確率で、与ダメージの60%分の体力回復』です。~
4万越えというカウンターの威力ゆえに、QM吸収が発生すれば体力はまず全快します。~
---確率頼みとはいえ10体も倒せば全快するわけで、想定外に囲まれなければ食料もまず使いません。
---とはいえ確率頼みなので、ダメなときはダメです。~
吸収してくれないことはもちろん、そもそもブロッキングが発生せずカウンターすらできないことも(笑)
---そういう意味も含めて、立ち回りは体力残量によって多少アレンジします。~
残体力が多ければ多めに集め、半分切ったらちょっとずつ倒して。~
赤くなったらあきらめて少し食料消費。


***その他。 [#bf27b4ea]

-ちょうど Base152→153 の間、スカラバを試したわけですが。~
その際の死亡パターンは、大体以下のいずれかでした。
++単純に多すぎるところに突っ込んで、カウンターで倒しきれなかった分につぶされる。
++ブロッキングの持続時間切れの見落としによる頓死。~
適正数に囲まれたが、ブロッキングしない?!→切れてる!→再使用間に合わず、という感じ。
---この後者が、この狩での一番の罠かもしれません。~
ブロッキングの持続時間はわずか3分、結構頻繁に切れます。

-『多すぎるとダメ』とは書きましたが、なんとかなることもあります。
--前述の通りのQMの回復力に起因します。~
ものすごく囲まれた!→ごっそり削られたけどカウンターで多数倒す&体力リセット!~
・・・となることも、わりと良くあります。
--とはいえ、カウンタースラッシュのディレイ中に再度削られてやっぱり、ということがあるので。~
限界はあります。


----
ご意見などがあれば。
#comment2(below)

#endregion