日記/2014-03-21 のバックアップ(No.3)

お名前:

ホムAI:雑記的、種族変更時のお引越しメモ。

Glenelg では、1ユーザーが複数のケミ・ホムを所有することを想定し、 ホムの学習情報をホム種類別に記録するようにしています。

例えば物理防御がすごいゴーレム類に対して、 『バニルなら魔法のカプリスを使おう』『フィーリルではあきらめてスキルなし』とか。
『進化してないリーフでは基本パッシブ』『育ったバニルではがんがんいこうぜ』とか。
そういう設定ができるようにしている、ということです。

それに起因して。
初期ホム→進化、および進化ホム→ホムS進化といった 『内部的にホム種別が変わる』状況になると、以前の学習状態が変わってしまうという難点があります。

で、これは手動処理で解消できるのですが。
あまり詳しく解説したことがなかったので、今回の『覚醒パッチ』で影響を受ける人も多いと思うので。
ここで改めて書きます。

以前に比べるといろいろ『静か』になったことだし、いわゆる設定ツールの類を提供してもいいんですけどね〜。
面倒なんですよ(笑)

[+]→続きを読む。